RGS680のTOPへ
なつかしのアイドルラブラブレビュー
あのころアイドルといえばアイドル歌手だった。
彼女たちの歌は、上手くはなくても味があった。
華やかさやきらめき、トキメキがあった。
主に80年代のアイドルからオススメシングル曲を
思い入れ込めて紹介しちゃいます。(あし)

■■リスト■■
■情熱のささやき(小高恵美)
■禁断のテレパシー(工藤静香)
■かしこ(うしろゆびさされ組)
■星屑のイノセンス(伊藤かずえ)
■少女・熱風・天然色(石田ひかり)
■天気予報はI Luv U(森尾由美)
■Follow me(沢口靖子)
■雨のチャペル通り(石野陽子)
■サクラが咲いた(西村知美)
■いちごがポロリ(本田理沙)
■ロコモーション・ドリーム(田村英里子)
■眠れぬ森の美女(高岡早紀)
■スウィート・チェリーパイ(北原佐和子)
■風のプリマドンナ(宇沙美ゆかり)
■プロフィール(倉沢淳美)
■涙をたばねて(小川範子)
■青い制服(国実百合)
■異性(速水昌未)
■妖精ポピンズ(ポピンズ)
■Get a Chance!(BaBe)
■男のコになりたい(酒井法子)
■とまどい(吉田真里子)
■曇り、のち晴れ(志村香)
■SAYONARA(八木さおり)
■恋のピー・カー・ブー(島崎和歌子)
■秋のindication(南野陽子)
■初恋進化論(藤井一子)
■時代よ変われ(つみきみほ)
■飛んで火にいる恋の虫(松本友里)
■アドベンチャー・ドリーム(アイドル夢工場)
■麦わらでダンス(生稲晃子)
■応援してるからね(藤谷美紀)
■ドリーム ラッシュ(宮沢りえ)
■硝子のキッス(姫乃樹リカ)
■風のInvitation(福永恵規)
■好きと言いなさい(本田美奈子)
■あいつ(白田あゆみ)
■失恋ライブラリー(紘川 淳)
■愛を今信じていたい(堀ちえみ)
■やったね!春だね!!(ソフトクリーム)
■卒業 GRADUATION(菊池桃子)
■卒業(斉藤由貴)
■レースのカーディガン(坂上香織)
■エスケイプ!(五十嵐いづみ)
■NEW SEASON(森高千里)
■好きさ!(仲村知夏)
■水の星へ愛をこめて(森口博子)
■ヤッパシ…H!(浅香唯)
■冬のオペラグラス(新田恵利)
■クリスマスには間に合わせたい(小沢なつき)
■BRAND-NEW TOMORROW(千葉美加)
■小娘ハートブレイク(伊藤美紀)
■キミはどんとくらい(立花理佐)
■愛って林檎ですか(岡本舞子)
■春休み(水谷麻里)
■トキメキがいたくて(伊藤智恵理)
■太陽を抱きしめろ(セイントフォー)
■好き・嫌い(麻田華子)
■ほんとのキスをお返しに(藤原理恵)

●アイドルミラクルバイブルシリーズ発売記念
■アイドルミラクルバイブルシリーズ発売記念イベントレポート
■アイドルミラクル対談

●アイドル関連特別企画
■原点回帰のアイドルたち
■聖子の娘に人生を教わる
■680(ロバヲ)登場


●第三回:「太陽を抱きしめろ」(セイントフォー)

太陽を抱きしめろジャケット 太陽を抱きしめろ
セイントフォー
1984.11.5発売 POLYSTAR
作詞:森雪之丞 作曲:加瀬邦彦 編曲:京田誠一

 ラブラブレビュー

セイントフォーといえばなんといっても「不思議 TOKYO シンデレラ」と「太陽を抱きしめろ」の1st、2ndシングル。激しい疾走感と漂う悲壮感が、なにかただごとではないなと思わせるものがあった。そんな2曲からどっちを紹介しようか迷ったが、「太陽を抱きしめろ」をピックアップすることにした。

この2曲、どちらも全編全速力で駆け抜けるような激しい曲であるが、ほとんど全編4人でユニゾン(=主旋律を複数の人が同時に歌う事)で歌っている「不思議 TOKYO シンデレラ」に対し、「太陽を抱きしめろ」はソロパートもあることで迫力や表現の幅が増している。

SEを多用した仰々しいアレンジも、彼女たちには合っている。
とくにイントロの大げさ感はすさまじく、これからプロレスか戦隊アクションものが始まるのかと思わせるほどのハードロックテイストだ。

実際歌う場合はセイントフォーの特徴ともいえるアクロバティックな踊りを堪能でき、バック宙も見せてくれる。バック転じゃなくてバック宙ですよ。後にも先にも間奏にバック宙を見せてくれる女性アイドルはいないはず。

セイントフォー浜田範子のバック宙図解

 気になるフレーズ

 ♪……好きです あなたひとりが

言葉だけ見るとなよっとしたフレーズであるが、力強く格好良く言い放ってくれる。
「好きです」の部分は4人ユニゾンで歌って、「あなたひとりが」は(私がお気に入りだった)浜田範子(現・濱田のり子)がソロで歌う。もちろん当時の私はそんな範子(呼び捨て?)にいちころ。

範子ちゃん

 豆知識

メンバーは鈴木幸恵、岩間沙織、浜田範子、板谷祐三子。
後にメンバーチェンジで板谷に代わり加入した、いわお潤(現・岩男潤子)は、現在声優として人気らしい。
セイントフォー解散後、浜田範子、鈴木幸恵でピンクジャガーとしてデビューするが(より)ぱっとせず。
セイントフォーは意外とネットで人気が高く、検索するといろいろ情報があるようだ。

 関連URL

・最近ポニーキャニオンからベストが発売に
 http://www.rgs680.com/amazon.php?B00006JJD1
・キャンディーズvsセイントフォー今復活させるならどっち?
 虎ノ門より
 http://www.tv-asahi.co.jp/tiger/contents/back_number/asanama/01/010907.html
・濱田のり子(旧・浜田範子)、所属事務所のページ
 http://www.daiichi-pro.co.jp/hamada.htm
・岩間沙織オフィシャルファンサイト
 http://www.dtrust.com/iwamasaori/

(2002/10/26公開 (あし)


このレビューに関する感想、ご意見などをお寄せ下さい。

※送っていただいたメッセージはホームページ上に掲載させていただく場合がありますので、おなまえは掲載されてもいい名前(ペンネームなど)でお願いします。e-mailは公開しません。

みなさんのレスポンスがRGS680サイトを作る原動力になります。
是非ともよろしくお願いしマンモス。

おなまえ:
e-mail:
メッセージ:
 

▲このページの先頭へ
[→RGS680 TOP]

(c) RGS680 Mail mailto:info@rgs680.com RGS680のTOPへ