RGS680のTOPへ
なつかしのアイドルラブラブレビュー
あのころアイドルといえばアイドル歌手だった。
彼女たちの歌は、上手くはなくても味があった。
華やかさやきらめき、トキメキがあった。
主に80年代のアイドルからオススメシングル曲を
思い入れ込めて紹介しちゃいます。(あし)

■■リスト■■
■情熱のささやき(小高恵美)
■禁断のテレパシー(工藤静香)
■かしこ(うしろゆびさされ組)
■星屑のイノセンス(伊藤かずえ)
■少女・熱風・天然色(石田ひかり)
■天気予報はI Luv U(森尾由美)
■Follow me(沢口靖子)
■雨のチャペル通り(石野陽子)
■サクラが咲いた(西村知美)
■いちごがポロリ(本田理沙)
■ロコモーション・ドリーム(田村英里子)
■眠れぬ森の美女(高岡早紀)
■スウィート・チェリーパイ(北原佐和子)
■風のプリマドンナ(宇沙美ゆかり)
■プロフィール(倉沢淳美)
■涙をたばねて(小川範子)
■青い制服(国実百合)
■異性(速水昌未)
■妖精ポピンズ(ポピンズ)
■Get a Chance!(BaBe)
■男のコになりたい(酒井法子)
■とまどい(吉田真里子)
■曇り、のち晴れ(志村香)
■SAYONARA(八木さおり)
■恋のピー・カー・ブー(島崎和歌子)
■秋のindication(南野陽子)
■初恋進化論(藤井一子)
■時代よ変われ(つみきみほ)
■飛んで火にいる恋の虫(松本友里)
■アドベンチャー・ドリーム(アイドル夢工場)
■麦わらでダンス(生稲晃子)
■応援してるからね(藤谷美紀)
■ドリーム ラッシュ(宮沢りえ)
■硝子のキッス(姫乃樹リカ)
■風のInvitation(福永恵規)
■好きと言いなさい(本田美奈子)
■あいつ(白田あゆみ)
■失恋ライブラリー(紘川 淳)
■愛を今信じていたい(堀ちえみ)
■やったね!春だね!!(ソフトクリーム)
■卒業 GRADUATION(菊池桃子)
■卒業(斉藤由貴)
■レースのカーディガン(坂上香織)
■エスケイプ!(五十嵐いづみ)
■NEW SEASON(森高千里)
■好きさ!(仲村知夏)
■水の星へ愛をこめて(森口博子)
■ヤッパシ…H!(浅香唯)
■冬のオペラグラス(新田恵利)
■クリスマスには間に合わせたい(小沢なつき)
■BRAND-NEW TOMORROW(千葉美加)
■小娘ハートブレイク(伊藤美紀)
■キミはどんとくらい(立花理佐)
■愛って林檎ですか(岡本舞子)
■春休み(水谷麻里)
■トキメキがいたくて(伊藤智恵理)
■太陽を抱きしめろ(セイントフォー)
■好き・嫌い(麻田華子)
■ほんとのキスをお返しに(藤原理恵)

●アイドルミラクルバイブルシリーズ発売記念
■アイドルミラクルバイブルシリーズ発売記念イベントレポート
■アイドルミラクル対談

●アイドル関連特別企画
■原点回帰のアイドルたち
■聖子の娘に人生を教わる
■680(ロバヲ)登場


●第十一回「冬のオペラグラス」(新田恵利)

「冬のオペラグラス」ジャケット 冬のオペラグラス
新田恵利
1986.1.1発売 PONY/CANYON
作詞:秋元康 作曲:佐藤準 編曲:佐藤準

 ラブラブレビュー

一年の計は元旦にあり、というがその元旦にリリースされる新曲もある。もっとも実際は前年の12月末には店頭に並んでいるのだが、まあ縁起よさそうだしきりもいいので形の上でそうしたいのだろう。
今をさかのぼること17年、1986年の元旦にリリースされたのが、「冬のオペラグラス」である。
おニャン子クラブの人気が本格的になってきたころ、一番人気とも言われていた新田恵利の、“満を持して”のデビュー曲だ。
ひとつの曲が後世まで語り継がれるくらいになるには、本人のパワー、楽曲のパワー、時代の波、などの要素がうまくかみ合う必要があるだろうが、「冬のオペラグラス」はそれを叶えることができた、誰もが認める新田恵利の代表曲である。
ただの友達と思っていた彼への恋心をだんだん自覚していく様を、夜積もった雪が翌朝少しずつ溶けていく様子になぞったこの曲は、青春、さわやか、といった言葉の似合うかわいい曲だ。
アレンジも素晴らしく、特にイントロは絶品。すべてがうまくかみ合って、まさにミラクルといえる作品なのよね。

簡単そうで難しい新田ちゃんの似顔絵

そして、この曲を語る上では避けては通れない「いぇいいぇいいぇ〜い うぉうぉうぉうぉ〜♪」。フェイクと言うより、もう歌詞の一部といったように一番の直後に歌われるこのフレーズは、しかしこの曲が語り継がれる要素の一つになっていると断言できる。この「いぇいいぇいいぇ〜い」のアイディアを出した人は天才かもしれない。

ところで「新田恵利=歌がヘタ」という認識が世間にはあるようだが、私はそうでもないんじゃないかと今更ながら思い始めている。舌っ足らずな甘い声と独特の歌唱法に惑わされているだけで、本当はヘタではないのかも、と。何にしろあの歌声は、好きな人はもうたまらないという納豆のような魅力がある。あの歌声を最大限に活かせるのが「いぇいいぇいいぇ〜い」だったのかも。

 気になるフレーズ

 ♪いつも 逢う度 ケンカばかりして
 ただの友達と 想ってた


ただの友達と思っていた異性(おさななじみとかね)に、実は恋心を…というのはドラマや漫画の王道のパターンですが、共感を得やすいのも確かでしょう。
特に普通っぽさがうりの新田ちゃんにはふさわしい作品世界といえます。

 豆知識

この曲のためのノベルティとして作られた「新田トランプ」は一時期万の単位で取引されるほどのレアアイテムとされていたことは有名。もっとも今はさほど価値はないそうだが。ちなみに私はもちろん(?)持ってます。

 関連URL

・事務所・FC公認私設新田恵利応援ホームページ
 http://www2.neweb.ne.jp/wd/nittachan/
・美しきオペラグラス
 http://homepage2.nifty.com/mahetou/operagurasu.htm

(2003/1/10公開 (あし)


このレビューに関する感想、ご意見などをお寄せ下さい。

※送っていただいたメッセージはホームページ上に掲載させていただく場合がありますので、おなまえは掲載されてもいい名前(ペンネームなど)でお願いします。e-mailは公開しません。

みなさんのレスポンスがRGS680サイトを作る原動力になります。
是非ともよろしくお願いしマンモス。

おなまえ:
e-mail:
メッセージ:
 

▲このページの先頭へ
[→RGS680 TOP]

(c) RGS680 Mail mailto:info@rgs680.com RGS680のTOPへ