RGS680のTOPへ
なつかしのアイドルラブラブレビュー
あのころアイドルといえばアイドル歌手だった。
彼女たちの歌は、上手くはなくても味があった。
華やかさやきらめき、トキメキがあった。
主に80年代のアイドルからオススメシングル曲を
思い入れ込めて紹介しちゃいます。(あし)

■■リスト■■
■情熱のささやき(小高恵美)
■禁断のテレパシー(工藤静香)
■かしこ(うしろゆびさされ組)
■星屑のイノセンス(伊藤かずえ)
■少女・熱風・天然色(石田ひかり)
■天気予報はI Luv U(森尾由美)
■Follow me(沢口靖子)
■雨のチャペル通り(石野陽子)
■サクラが咲いた(西村知美)
■いちごがポロリ(本田理沙)
■ロコモーション・ドリーム(田村英里子)
■眠れぬ森の美女(高岡早紀)
■スウィート・チェリーパイ(北原佐和子)
■風のプリマドンナ(宇沙美ゆかり)
■プロフィール(倉沢淳美)
■涙をたばねて(小川範子)
■青い制服(国実百合)
■異性(速水昌未)
■妖精ポピンズ(ポピンズ)
■Get a Chance!(BaBe)
■男のコになりたい(酒井法子)
■とまどい(吉田真里子)
■曇り、のち晴れ(志村香)
■SAYONARA(八木さおり)
■恋のピー・カー・ブー(島崎和歌子)
■秋のindication(南野陽子)
■初恋進化論(藤井一子)
■時代よ変われ(つみきみほ)
■飛んで火にいる恋の虫(松本友里)
■アドベンチャー・ドリーム(アイドル夢工場)
■麦わらでダンス(生稲晃子)
■応援してるからね(藤谷美紀)
■ドリーム ラッシュ(宮沢りえ)
■硝子のキッス(姫乃樹リカ)
■風のInvitation(福永恵規)
■好きと言いなさい(本田美奈子)
■あいつ(白田あゆみ)
■失恋ライブラリー(紘川 淳)
■愛を今信じていたい(堀ちえみ)
■やったね!春だね!!(ソフトクリーム)
■卒業 GRADUATION(菊池桃子)
■卒業(斉藤由貴)
■レースのカーディガン(坂上香織)
■エスケイプ!(五十嵐いづみ)
■NEW SEASON(森高千里)
■好きさ!(仲村知夏)
■水の星へ愛をこめて(森口博子)
■ヤッパシ…H!(浅香唯)
■冬のオペラグラス(新田恵利)
■クリスマスには間に合わせたい(小沢なつき)
■BRAND-NEW TOMORROW(千葉美加)
■小娘ハートブレイク(伊藤美紀)
■キミはどんとくらい(立花理佐)
■愛って林檎ですか(岡本舞子)
■春休み(水谷麻里)
■トキメキがいたくて(伊藤智恵理)
■太陽を抱きしめろ(セイントフォー)
■好き・嫌い(麻田華子)
■ほんとのキスをお返しに(藤原理恵)

●アイドルミラクルバイブルシリーズ発売記念
■アイドルミラクルバイブルシリーズ発売記念イベントレポート
■アイドルミラクル対談

●アイドル関連特別企画
■原点回帰のアイドルたち
■聖子の娘に人生を教わる
■680(ロバヲ)登場


●第二十回「やったね!春だね!!」(ソフトクリーム)

「やったね!春だね!!」ジャケット やったね!春だね!!
ソフトクリーム
1984.02.21発売 FORLIFE
作詞:森雪之丞 作曲:後藤次利 編曲:後藤次利

 ラブラブレビュー

春です。春を歌った歌は多い。「春一番」、「春ラ!ラ!ラ!」、「春なのに」などなど(歌い手が分からない人は各自調べるように)。
そして、女性アイドルに春の曲はよく似合う。存在そのものが季節にたとえると春みたいなものだからね、アイドルって。
そんな春の歌の中でも、最高にハッピーでウキウキ気分を盛り上げてくれるのは、ソフトクリームの「やったね!春だね!!」だろう。

ソフトクリームといえばB級アイドルグループとしてその名を馳せた、ある意味伝説のグループだ。タイアップ曲も多く、ソフトクリームと知らずにその楽曲を耳にした人も当時多かったに違いない。
この曲だって、「やったね春だ〜ね♪」と聞けば、ああそんな曲あったね〜と思い出す人も多いんじゃないかな。

えんぽことエンクミは似ている

ところでB級アイドルソングにふさわしいポイントを考えてみた。

・ちょっぴりH
・はずかしいコーラス
・シンセサウンド、チープな効果音
・5分で書いたような歌詞

もちろん全て「いい意味で」だ。
そして、これら全ての要素がこの曲には含まれている。
暗い話題が多い昨今だが、たまにはこんな曲でウキウキ気分を分けてもらうのもいいかもよ。春だしね。

ところで私は世界史の「ヴァルダナ」を暗記するため、「やったねヴァルダ〜ナ♪」と替え歌にしていた。
ヴァルダナは今でも覚えていたが、それが何だったのかは忘れてしまっていることに今回気付いた(意味ないじゃん)。

ハルシャ・ヴァルダナ
7世紀頃、北インドを統一
ヴァルダナ朝(606〜647)を興す

 気になるフレーズ

♪気楽な娘・おまけの娘 みんなドッキン!接吻!
 春の花粉のせいね

「おまけの娘」ってのは、メンバーの遠藤由美子が「欽ドン!」のおまけの子として出演していたことから。
「春の花粉のせいね」は、花粉症を意識したわけではないだろう。「花粉症」なんて言葉がまだ一般的ではなかった時代の曲なので。
しかし、情報番組などで花粉症について取り上げるときには、ぜひこの曲をBGMに使ってもらいたいものだ。そこからリバイバルヒットしたりして。

 豆知識

昔のアイドルのベスト盤を続々リリースしているポニーキャニオンの「Myこれ!クション」シリーズのラインナップにソフトクリームも加わるようだ。これはマストバイでしょう。これに収録されるはずのデビュー曲「熱帯魚のタキシード」は、現在プロデューサーとして大活躍中の佐久間正英さんの作・編曲。

<『Myこれ!クション ソフトクリームBEST』発売されました(2003/5/25追記)>

「なるほど・ザ・ワールド」エンディングテーマ、坂本龍一プロデュースの「もしもタヌキが世界にいたら」はメンバーの遠藤由美子のソロ。

 関連URL

・ポニーキャニオン「ぼくらのベスト」ソフトクリームのページ
 http://www.bokura-best.jp/list/80s/80_soft.html
・インドの古典文明
 http://www.sqr.or.jp/usr/akito-y/kodai/36-india3.html

(2003/3/28公開 (あし)


このレビューに関する感想、ご意見などをお寄せ下さい。

※送っていただいたメッセージはホームページ上に掲載させていただく場合がありますので、おなまえは掲載されてもいい名前(ペンネームなど)でお願いします。e-mailは公開しません。

みなさんのレスポンスがRGS680サイトを作る原動力になります。
是非ともよろしくお願いしマンモス。

おなまえ:
e-mail:
メッセージ:
 

▲このページの先頭へ
[→RGS680 TOP]

(c) RGS680 Mail mailto:info@rgs680.com RGS680のTOPへ