RGS680のTOPへ
なつかしのアイドルラブラブレビュー
あのころアイドルといえばアイドル歌手だった。
彼女たちの歌は、上手くはなくても味があった。
華やかさやきらめき、トキメキがあった。
主に80年代のアイドルからオススメシングル曲を
思い入れ込めて紹介しちゃいます。(あし)

■■リスト■■
■情熱のささやき(小高恵美)
■禁断のテレパシー(工藤静香)
■かしこ(うしろゆびさされ組)
■星屑のイノセンス(伊藤かずえ)
■少女・熱風・天然色(石田ひかり)
■天気予報はI Luv U(森尾由美)
■Follow me(沢口靖子)
■雨のチャペル通り(石野陽子)
■サクラが咲いた(西村知美)
■いちごがポロリ(本田理沙)
■ロコモーション・ドリーム(田村英里子)
■眠れぬ森の美女(高岡早紀)
■スウィート・チェリーパイ(北原佐和子)
■風のプリマドンナ(宇沙美ゆかり)
■プロフィール(倉沢淳美)
■涙をたばねて(小川範子)
■青い制服(国実百合)
■異性(速水昌未)
■妖精ポピンズ(ポピンズ)
■Get a Chance!(BaBe)
■男のコになりたい(酒井法子)
■とまどい(吉田真里子)
■曇り、のち晴れ(志村香)
■SAYONARA(八木さおり)
■恋のピー・カー・ブー(島崎和歌子)
■秋のindication(南野陽子)
■初恋進化論(藤井一子)
■時代よ変われ(つみきみほ)
■飛んで火にいる恋の虫(松本友里)
■アドベンチャー・ドリーム(アイドル夢工場)
■麦わらでダンス(生稲晃子)
■応援してるからね(藤谷美紀)
■ドリーム ラッシュ(宮沢りえ)
■硝子のキッス(姫乃樹リカ)
■風のInvitation(福永恵規)
■好きと言いなさい(本田美奈子)
■あいつ(白田あゆみ)
■失恋ライブラリー(紘川 淳)
■愛を今信じていたい(堀ちえみ)
■やったね!春だね!!(ソフトクリーム)
■卒業 GRADUATION(菊池桃子)
■卒業(斉藤由貴)
■レースのカーディガン(坂上香織)
■エスケイプ!(五十嵐いづみ)
■NEW SEASON(森高千里)
■好きさ!(仲村知夏)
■水の星へ愛をこめて(森口博子)
■ヤッパシ…H!(浅香唯)
■冬のオペラグラス(新田恵利)
■クリスマスには間に合わせたい(小沢なつき)
■BRAND-NEW TOMORROW(千葉美加)
■小娘ハートブレイク(伊藤美紀)
■キミはどんとくらい(立花理佐)
■愛って林檎ですか(岡本舞子)
■春休み(水谷麻里)
■トキメキがいたくて(伊藤智恵理)
■太陽を抱きしめろ(セイントフォー)
■好き・嫌い(麻田華子)
■ほんとのキスをお返しに(藤原理恵)

●アイドルミラクルバイブルシリーズ発売記念
■アイドルミラクルバイブルシリーズ発売記念イベントレポート
■アイドルミラクル対談

●アイドル関連特別企画
■原点回帰のアイドルたち
■聖子の娘に人生を教わる
■680(ロバヲ)登場


●第二十一回「愛を今信じていたい」(堀ちえみ)

「愛を今信じていたい」ジャケット 愛を今信じていたい
堀ちえみ
1987.03.21発売 CANYON
作詞:秋元康 作曲:小室哲哉 編曲:武部聡志

 ラブラブレビュー

堀ちえみ。言わずとしれたトップアイドルだ。
とはいえ、今の若い人は知らないかもしれないが。でも大阪では結構TV出てるんだよね?

堀ちえみのデビューした1982年は、小泉今日子、三田寛子、石川秀美、中森明菜、早見優、松本伊代らそうそうたるメンバーがデビューした年である。花の82年組などと言われ、今でも伝説となっている。最近野球界で話題の松坂世代のようなものと思って頂いてもいいだろう(?)。

とにかく彼女のデビュー当時は歌謡曲全盛の時代だった。このコーナーでよく取り上げている85年以降には既に歌謡曲が衰退しているので、82年組のみなさんはタイミングがよかったとも言えるだろう。

昔堀ちえみのサインの練習をしたもんだ

運も実力のうち、であるし、時代の波に乗れるのも才能といえるはずだ。
そんな彼女はアイドルとしてシングル21枚をリリースした。オリジナル楽曲は149曲を数える。82年〜87年のたった5年間にだ。
今回紹介する「愛を今信じていたい」は彼女の21枚目のシングルで87年にリリースされた。そう、彼女のラストシングルだ。

ところで私はデビュー時からの堀ちえみのファンだった。胸キュン路線でとにかくかわいかったんだよ。しかし、「スチュワーデス物語」(今なら「フライトアテンダント物語」か?)でのブレイク後、段々とキライになっていってしまった。
後に知る事になるのだが、私がキライになっていった時期ってのは、彼女が煮詰まって、追いつめられていた時期らしい。で、結局引退の道を選ぶわけだが。

しかしファンってのも薄情なものだね。アイドル本人は苦しんでいるのに、それを敏感に感じ取って彼女から離れていくわけなんだから…。

しかしラストシングルのこの曲は、発売と同時にレコードを買った。免罪符のつもりだったのかもしれない。レコードに針を落とすと、小室サウンドが流れてきた。
小室サウンドと彼女の歌声は相性が良かった。秋元康の詞も素晴らしかった。
名曲だな、と思った。鳥肌が立った。そして少し泣いた。

 気になるフレーズ

♪黄昏の前の青空
 息が止まるほど眩しい

「夜明けの前が一番暗い」というが、黄昏の前が最も眩しいのかもしれない。
別れの前のかけがえのない瞬間だからこそ、すべての風景がいとおしく思えるためかもしれない。

 豆知識

この曲、「Omoide o Okizarinishite」というタイトルで小室哲哉がリメイクして自ら歌っている(92年リリースの『Hit Factory』に収録)。曲とは全然関係ないが、彼女の妹の堀みやこも芸能活動をしている(「していた」かも?)。お姉さん同様かわいくって注目していたのだが、東京では全く見ないが。

 関連URL

・松竹芸能の堀ちえみ情報
 http://www.shochikugeino.co.jp/topics/chiemi.html
・中京テレビ「ろみひー」の堀ちえみ履歴書
 http://www.ctv.co.jp/romihi/2002/profile/0430/profile.html
・「ぼくらのベスト」ページの堀ちえみページ(CD-BOXは入手困難らしい)
 http://www.bokura-best.jp/list/80s/80_hori.html

(2003/4/4公開 (あし)


このレビューに関する感想、ご意見などをお寄せ下さい。

※送っていただいたメッセージはホームページ上に掲載させていただく場合がありますので、おなまえは掲載されてもいい名前(ペンネームなど)でお願いします。e-mailは公開しません。

みなさんのレスポンスがRGS680サイトを作る原動力になります。
是非ともよろしくお願いしマンモス。

おなまえ:
e-mail:
メッセージ:
 

▲このページの先頭へ
[→RGS680 TOP]

(c) RGS680 Mail mailto:info@rgs680.com RGS680のTOPへ