RGS680のTOPへ
なつかしのアイドルラブラブレビュー
あのころアイドルといえばアイドル歌手だった。
彼女たちの歌は、上手くはなくても味があった。
華やかさやきらめき、トキメキがあった。
主に80年代のアイドルからオススメシングル曲を
思い入れ込めて紹介しちゃいます。(あし)

■■リスト■■
■情熱のささやき(小高恵美)
■禁断のテレパシー(工藤静香)
■かしこ(うしろゆびさされ組)
■星屑のイノセンス(伊藤かずえ)
■少女・熱風・天然色(石田ひかり)
■天気予報はI Luv U(森尾由美)
■Follow me(沢口靖子)
■雨のチャペル通り(石野陽子)
■サクラが咲いた(西村知美)
■いちごがポロリ(本田理沙)
■ロコモーション・ドリーム(田村英里子)
■眠れぬ森の美女(高岡早紀)
■スウィート・チェリーパイ(北原佐和子)
■風のプリマドンナ(宇沙美ゆかり)
■プロフィール(倉沢淳美)
■涙をたばねて(小川範子)
■青い制服(国実百合)
■異性(速水昌未)
■妖精ポピンズ(ポピンズ)
■Get a Chance!(BaBe)
■男のコになりたい(酒井法子)
■とまどい(吉田真里子)
■曇り、のち晴れ(志村香)
■SAYONARA(八木さおり)
■恋のピー・カー・ブー(島崎和歌子)
■秋のindication(南野陽子)
■初恋進化論(藤井一子)
■時代よ変われ(つみきみほ)
■飛んで火にいる恋の虫(松本友里)
■アドベンチャー・ドリーム(アイドル夢工場)
■麦わらでダンス(生稲晃子)
■応援してるからね(藤谷美紀)
■ドリーム ラッシュ(宮沢りえ)
■硝子のキッス(姫乃樹リカ)
■風のInvitation(福永恵規)
■好きと言いなさい(本田美奈子)
■あいつ(白田あゆみ)
■失恋ライブラリー(紘川 淳)
■愛を今信じていたい(堀ちえみ)
■やったね!春だね!!(ソフトクリーム)
■卒業 GRADUATION(菊池桃子)
■卒業(斉藤由貴)
■レースのカーディガン(坂上香織)
■エスケイプ!(五十嵐いづみ)
■NEW SEASON(森高千里)
■好きさ!(仲村知夏)
■水の星へ愛をこめて(森口博子)
■ヤッパシ…H!(浅香唯)
■冬のオペラグラス(新田恵利)
■クリスマスには間に合わせたい(小沢なつき)
■BRAND-NEW TOMORROW(千葉美加)
■小娘ハートブレイク(伊藤美紀)
■キミはどんとくらい(立花理佐)
■愛って林檎ですか(岡本舞子)
■春休み(水谷麻里)
■トキメキがいたくて(伊藤智恵理)
■太陽を抱きしめろ(セイントフォー)
■好き・嫌い(麻田華子)
■ほんとのキスをお返しに(藤原理恵)

●アイドルミラクルバイブルシリーズ発売記念
■アイドルミラクルバイブルシリーズ発売記念イベントレポート
■アイドルミラクル対談

●アイドル関連特別企画
■原点回帰のアイドルたち
■聖子の娘に人生を教わる
■680(ロバヲ)登場


●第三十一回「飛んで火にいる恋の虫」(松本友里)

「飛んで火にいる恋の虫」ジャケット 飛んで火にいる恋の虫
松本友里
1985.RVC
作詞:秋元康 作曲:水谷公生 編曲:大谷和夫

 ラブラブレビュー

ちょっとだけ夏っぽくなったここ数日。夏にふさわしい曲を、とか考えたあげく、今回紹介するのは松本友里の「飛んで火にいる恋の虫」に決定。
一見夏と関係ないけど、「飛んで火にいる夏の虫」をもじっているので、夏の曲といえるはず。作詞は秋元康です。

その昔、「さんまの駐在さん」という新喜劇のような番組に、「きれいなお姉さん」的役割で出演していた松本友里。劇中自分の曲を宣伝しまくるのが芸風で、「♪飛んで火にいる恋の虫〜」とサビの部分を熱唱していた。こぶしを回して歌う姿に、最初演歌かと思った私。まあ番組自体が新喜劇系だし。

資料がないのでジャケット写真より

しかし、実際の曲を聴いてみると、演歌ではなく、テクノ歌謡だった。もっとも当時テクノ歌謡なんて呼び方はなかったし、そんなくくりで私も考えていたわけではないが、とにかく私の好きな感じの曲だった。
サンプリングによる「Ha!」というコーラスも(当時では)新鮮な、シンセサウンドなこの曲、エキゾチックでちょっとアジアンテイストなポップなナンバー。
この曲が名曲なことは、「おしえてアイドル 80'sアイドル・コレクションBMGファンハウス編」という80年代アイドルポップスのオムニバスアルバムのアルバムタイトルになっているところからも伺えるだろう。

今回この原稿を書くために調べていて気が付いたのだが、この曲は、以前このコーナーで取り上げた「小娘ハートブレイク」と編曲者が同じなのだ。確かにチープなテクノ感とアジアンテイストなところが似ているね。「小娘ハートブレイク」は疾走感、焦燥感を感じさせるようなアレンジだったけど、「飛んで火にいる恋の虫」はカワイイ感じの曲です。
ちなみに編曲者の大谷和夫、西城秀樹「ギャランドゥ」や「アンパンマン」のテーマも編曲しているそうです。松田優作のドラマ「探偵物語」のテーマ曲でおなじみのバンド、SHOGUNのメンバーでもあったようです。

ところでこの曲のサビの「♪飛んで火にいる恋の虫〜」の部分、「恋のムヒ〜」って聞こえるのは私だけ? 虫さされにはムヒ、って連想しちゃうんだよね。

 気になるフレーズ

♪あの人の気を引いて
 E(いい)-女(おんな) ポーズるの

「E-女」、「ポーズる」という言葉遣いが80年代ですね〜。今使うとちょっと恥ずかしいかも。
そういえば、E電って懐かしいね。ふと思い出した。
知らない人も多いだろうが、国鉄分割に伴い「国電」に代わる名称としてJR東日本が決めたのが「E電」だったのだ。若い人にはこの説明読んでも意味分かんないだろうけど。

 豆知識

松本友里の母親は宝塚元トップスターの和歌鈴子、父親は俳優の天野新士。フジテレビ「家族対抗歌合戦」に家族で出演した際にスカウトされ、デビューに至る。という経歴は彼女を語る上では必ず出てくる話。
今でも彼女、サスペンスドラマなどで女優として活躍しているもよう。

 関連URL

・おしえてアイドル 80'sアイドル・コレクション
 BMGファンハウス編 飛んで火にいる恋の虫
 http://www.rgs680.com/amazon.php?B00005HU4L
・大谷和夫 ミュージック ワールド
 http://www.otani-kazuo.com/
・美人サスペンス女優・松本友里 編
 http://www2.justnet.ne.jp/~kyonp/YURI/YURI.HTM

(2003/8/23公開(あし)


このレビューに関する感想、ご意見などをお寄せ下さい。

※送っていただいたメッセージはホームページ上に掲載させていただく場合がありますので、おなまえは掲載されてもいい名前(ペンネームなど)でお願いします。e-mailは公開しません。

みなさんのレスポンスがRGS680サイトを作る原動力になります。
是非ともよろしくお願いしマンモス。

おなまえ:
e-mail:
メッセージ:
 

▲このページの先頭へ
[→RGS680 TOP]

(c) RGS680 Mail mailto:info@rgs680.com RGS680のTOPへ