RGS680のTOPへ
なつかしのアイドルラブラブレビュー
あのころアイドルといえばアイドル歌手だった。
彼女たちの歌は、上手くはなくても味があった。
華やかさやきらめき、トキメキがあった。
主に80年代のアイドルからオススメシングル曲を
思い入れ込めて紹介しちゃいます。(あし)

■■リスト■■
■情熱のささやき(小高恵美)
■禁断のテレパシー(工藤静香)
■かしこ(うしろゆびさされ組)
■星屑のイノセンス(伊藤かずえ)
■少女・熱風・天然色(石田ひかり)
■天気予報はI Luv U(森尾由美)
■Follow me(沢口靖子)
■雨のチャペル通り(石野陽子)
■サクラが咲いた(西村知美)
■いちごがポロリ(本田理沙)
■ロコモーション・ドリーム(田村英里子)
■眠れぬ森の美女(高岡早紀)
■スウィート・チェリーパイ(北原佐和子)
■風のプリマドンナ(宇沙美ゆかり)
■プロフィール(倉沢淳美)
■涙をたばねて(小川範子)
■青い制服(国実百合)
■異性(速水昌未)
■妖精ポピンズ(ポピンズ)
■Get a Chance!(BaBe)
■男のコになりたい(酒井法子)
■とまどい(吉田真里子)
■曇り、のち晴れ(志村香)
■SAYONARA(八木さおり)
■恋のピー・カー・ブー(島崎和歌子)
■秋のindication(南野陽子)
■初恋進化論(藤井一子)
■時代よ変われ(つみきみほ)
■飛んで火にいる恋の虫(松本友里)
■アドベンチャー・ドリーム(アイドル夢工場)
■麦わらでダンス(生稲晃子)
■応援してるからね(藤谷美紀)
■ドリーム ラッシュ(宮沢りえ)
■硝子のキッス(姫乃樹リカ)
■風のInvitation(福永恵規)
■好きと言いなさい(本田美奈子)
■あいつ(白田あゆみ)
■失恋ライブラリー(紘川 淳)
■愛を今信じていたい(堀ちえみ)
■やったね!春だね!!(ソフトクリーム)
■卒業 GRADUATION(菊池桃子)
■卒業(斉藤由貴)
■レースのカーディガン(坂上香織)
■エスケイプ!(五十嵐いづみ)
■NEW SEASON(森高千里)
■好きさ!(仲村知夏)
■水の星へ愛をこめて(森口博子)
■ヤッパシ…H!(浅香唯)
■冬のオペラグラス(新田恵利)
■クリスマスには間に合わせたい(小沢なつき)
■BRAND-NEW TOMORROW(千葉美加)
■小娘ハートブレイク(伊藤美紀)
■キミはどんとくらい(立花理佐)
■愛って林檎ですか(岡本舞子)
■春休み(水谷麻里)
■トキメキがいたくて(伊藤智恵理)
■太陽を抱きしめろ(セイントフォー)
■好き・嫌い(麻田華子)
■ほんとのキスをお返しに(藤原理恵)

●アイドルミラクルバイブルシリーズ発売記念
■アイドルミラクルバイブルシリーズ発売記念イベントレポート
■アイドルミラクル対談

●アイドル関連特別企画
■原点回帰のアイドルたち
■聖子の娘に人生を教わる
■680(ロバヲ)登場


●第三十三回「初恋進化論」(藤井一子)

「初恋進化論」ジャケット 初恋進化論
藤井一子
1986.10.27発売 徳間ジャパン
作詞:阿木燿子 作曲:筒見京平 編曲:新川博

※今回は、ひさびさに(あし)の配偶者でもある、えパ(仮称)によるレビューです。

 ラブラブレビュー

♪むかし キスならおでこ
いまは キスでもあそこ
あ・そ・こ あ・そ・こ 分るでしょう

こんな時代だからこそ聴いてもらいたい名曲がある。藤井一子と言えば、デビュー曲の「チェック・ポイント」が代表曲で、その他に思い浮かぶと言えば、強力タイアップだった「バンクショット」が挙げられてしまう。

でも、この曲を聞けばきっと聴くほどこの曲の持つパワーに虜になることでしょう。初めて聴いたとき圧倒され、呆れてしまう人まで続出しましたが何度か聴いていくうちに気が付くと、口ずさんでしまう。しかも、誰かに聞かれてないか見られてないか確認して。サビの部分さえ聞かれなければ結構平気なんだけど、肝心の部分を聞かれてしまってこれ程恥ずかしい歌もそうそうない。

藤井一子イラスト

本人は、この曲を最初にもらったとき相当抵抗があったのではないだろうか。この曲を、きつい原色にとっぴなデザインの衣装で振りを付けながら淡々と歌い、そしてインタビューでは必ずと言っていい位この曲について聞かれ、「あそこ」とはどこですか? と言われ(笑)、人知れぬ苦労があったに違いない。でも、そうやって苦労した分、いまでも語り継がれる名曲になったのは間違いないと信じている。

いきなりのEVEのコーラスで圧倒される。でも、豪華な作家陣。音がすんなり入ってくるのも納得です。
当時の彼女のつっぱり風のイメージも手伝って、この曲をどう捉えるかは人によって、世代にとって随分違った筈。
当時中学生だった私は歌番組で彼女が歌っているのを見て、最初はかなりの衝撃を受けた。そのうちだんだん慣れて何ともなくなるのも早かったが。
しかし、母親にはそうではなかったようだ。とんでもない歌が出たものだ、何て歌を歌っているのかしらとショックが強かったらしい。
思春期の頃ってそういう話題にあまり触れたくないので、面と向かって言うことはできなかったが、考え過ぎなんだよ! って思っていた私。
気が付いたらレコード買ってこっそり聴いてる私、こっそり口ずさむ私。同じ経験している人は少なくないでしょう、きっとね。

 気になるフレーズ

♪むかし キスならおでこ
いまは キスでもあそこ
あ・そ・こ あ・そ・こ 分るでしょう
遅れてきたムービースター
青春シネマの大スター
初恋だって 進んでるのに
一人で純愛 演ってるの

この曲の最大のメインのサビの部分です。♪あ・そ・こ あ・そ・こ♪の部分は、EVEのささやくようなコーラスです。歌番組の場合、このフレーズの時カメラが彼女をどこをアップにするのかはその時々によって違いますが、胸や下半身を思いっきりという時もありましたね。しょうがないか。

 豆知識

ふじい・いちこ。TBS「毎度おさわがせします」のオーデションがきっかけででデビュー。デビューはそのドラマの中山美穂の友達役。その後、TBS「夏・体験物語2」で主演の由樹役で主題歌が彼女のデビュー曲「チェック・ポイント」。気が強くてつっぱったイメージが先行しました。福岡出身で、明太子屋さんの看板娘だってよく言ってましたね。ふじいの明太子だって言ってました。藤井乾物店は検索すれば出てくるんだけど、本人の実家かどうかは不明。ふじいの明太子扱ってないみたいだし。知っている人がいたら教えて下さい。「あの人は今」のような番組で彼女をたまに見かけることがあります。確かに現在では地元で結婚して子供もいて、幸せそう(それが一番)。実家の明太子屋を手伝っているみたいですね。

2001年にはおしえてアイドルシリーズからこの曲がタイトルにもなったCDが発売になりましたが、歌詞カードに誤植あり。

 関連URL

・明太子オフィシャルホームページ
 http://www.mentaiko.com/
・おしえてアイドルシリーズ「初恋進化論」(amazonへの商品リンク)
 http://www.rgs680.com/amazon.php?B00005HU4M

(2003/9/20公開 文・えパ イラスト・(あし)


このレビューに関する感想、ご意見などをお寄せ下さい。

※送っていただいたメッセージはホームページ上に掲載させていただく場合がありますので、おなまえは掲載されてもいい名前(ペンネームなど)でお願いします。e-mailは公開しません。

みなさんのレスポンスがRGS680サイトを作る原動力になります。
是非ともよろしくお願いしマンモス。

おなまえ:
e-mail:
メッセージ:
 

▲このページの先頭へ
[→RGS680 TOP]

(c) RGS680 Mail mailto:info@rgs680.com RGS680のTOPへ