RGS680のTOPへ
なつかしのアイドルラブラブレビュー
あのころアイドルといえばアイドル歌手だった。
彼女たちの歌は、上手くはなくても味があった。
華やかさやきらめき、トキメキがあった。
主に80年代のアイドルからオススメシングル曲を
思い入れ込めて紹介しちゃいます。(あし)

■■リスト■■
■情熱のささやき(小高恵美)
■禁断のテレパシー(工藤静香)
■かしこ(うしろゆびさされ組)
■星屑のイノセンス(伊藤かずえ)
■少女・熱風・天然色(石田ひかり)
■天気予報はI Luv U(森尾由美)
■Follow me(沢口靖子)
■雨のチャペル通り(石野陽子)
■サクラが咲いた(西村知美)
■いちごがポロリ(本田理沙)
■ロコモーション・ドリーム(田村英里子)
■眠れぬ森の美女(高岡早紀)
■スウィート・チェリーパイ(北原佐和子)
■風のプリマドンナ(宇沙美ゆかり)
■プロフィール(倉沢淳美)
■涙をたばねて(小川範子)
■青い制服(国実百合)
■異性(速水昌未)
■妖精ポピンズ(ポピンズ)
■Get a Chance!(BaBe)
■男のコになりたい(酒井法子)
■とまどい(吉田真里子)
■曇り、のち晴れ(志村香)
■SAYONARA(八木さおり)
■恋のピー・カー・ブー(島崎和歌子)
■秋のindication(南野陽子)
■初恋進化論(藤井一子)
■時代よ変われ(つみきみほ)
■飛んで火にいる恋の虫(松本友里)
■アドベンチャー・ドリーム(アイドル夢工場)
■麦わらでダンス(生稲晃子)
■応援してるからね(藤谷美紀)
■ドリーム ラッシュ(宮沢りえ)
■硝子のキッス(姫乃樹リカ)
■風のInvitation(福永恵規)
■好きと言いなさい(本田美奈子)
■あいつ(白田あゆみ)
■失恋ライブラリー(紘川 淳)
■愛を今信じていたい(堀ちえみ)
■やったね!春だね!!(ソフトクリーム)
■卒業 GRADUATION(菊池桃子)
■卒業(斉藤由貴)
■レースのカーディガン(坂上香織)
■エスケイプ!(五十嵐いづみ)
■NEW SEASON(森高千里)
■好きさ!(仲村知夏)
■水の星へ愛をこめて(森口博子)
■ヤッパシ…H!(浅香唯)
■冬のオペラグラス(新田恵利)
■クリスマスには間に合わせたい(小沢なつき)
■BRAND-NEW TOMORROW(千葉美加)
■小娘ハートブレイク(伊藤美紀)
■キミはどんとくらい(立花理佐)
■愛って林檎ですか(岡本舞子)
■春休み(水谷麻里)
■トキメキがいたくて(伊藤智恵理)
■太陽を抱きしめろ(セイントフォー)
■好き・嫌い(麻田華子)
■ほんとのキスをお返しに(藤原理恵)

●アイドルミラクルバイブルシリーズ発売記念
■アイドルミラクルバイブルシリーズ発売記念イベントレポート
■アイドルミラクル対談

●アイドル関連特別企画
■原点回帰のアイドルたち
■聖子の娘に人生を教わる
■680(ロバヲ)登場


●三十六回「SAYONARA」(八木さおり)

「SAYONARA」ジャケット SAYONARA
八木さおり
1988.09.05 KING
作詞:松本隆 作曲:細野晴臣 編曲:武部聡志

 ラブラブレビュー

既視感、いや、曲だから既聴感とでも言った方がいいのかもしれないが、とにかくそういう感じを覚える曲だ。
もちろん昔の曲だからというわけではなく、この曲が発売された当時にも感じたと思われる既視感だ。

八木さおりの「SAYONARA」。本人の主演した映画「パンダ物語」の主題歌でもある。作詞・松本隆、作曲・細野晴臣、編曲・武部聡志という豪華な作家陣だ。

八木さおりイラスト

そしてこの曲、久しぶりに聴いてみて、歌い手の匿名性の高さにもちょっと驚いた。
もちろん八木さおりが歌っているというのを知っていて聴いてるわけだが、「誰が歌っている」ということを全くと言っていいほど意識させないのだ。
全くの無個性というわけではないのだが、その声、歌唱にも既視感があふれているせいなのだろうか。
最近のビーイング、エイベックスあたりが築いたJ-POPの流れの中では、歌い手の匿名化が進んでいるといえるが、80年代のアイドルソングとしては、不思議な感じの匿名感だ。

では、どっかで聴いたことのあるような曲で、どっかで聴いたことのあるようなボーカルのつまんない曲かというと、そういうわけではない。

細野晴臣作曲、武部聡志編曲による音楽は、大陸を思わせるようなゆったりとしたリズムで、たゆたうような流れを形作る。スケール感をむやみに大きくせず、おとなしめにまとめているのも、地に足が着いた感があって好ましい。
この音楽に、八木さおりの確かなボーカルが乗ることにより、気持ちのいい曲に仕上がっている。簡単に言ってしまえば「環境音楽」のような心地よさだ。

少し話が戻るが、現在のJ-POPでの匿名感とはボーカルとバックトラック(バックの演奏)との乖離が進んだ上での必然だと思う。聴き手はカラオケで自らのボーカルで曲を楽しみ、作り手はリミックスでバックトラックだけ差し替える楽しみを覚えている。
ボーカルの個性やキャラクターだけで勝負するのとは別の音楽というものが、今のJ-POPにはあるわけだ。そして、それはこのコーナーで紹介しているような80年代アイドルの曲とは違う受け入れられ方をしているわけだろう。

そこで思ったのは、もし時代が違っていれば、八木さおりはJ-POPのボーカリストとして活躍できたのではないかということ。ELTとかD.A.Iみたいな感じでね。彼女のボーカルの匿名感からふとそんなことを思った。
そしてさらに、もし時代が違っていれば、八木さおりはグラビアアイドルとして活躍していたのかもしれない。彼女のナイスバディぶりは当時のアイドルファンの間では人気だった。1年間も中国で「パンダ物語」のロケするよりも、その間海外で水着グラビアでも撮って写真集を数冊出してくれた方がよかったのに、と思っていた若者も多かった事だろう。

 気になるフレーズ

♪抱きしめた姿で石になって
いつまでも一緒にいたいのに

ゆるやかに流れる曲に、歌詞によく使われるようなフレーズが並ぶ中、ふっと引っ掛かる「強い」フレーズ。

ちなみに曲としての引っ掛かる部分は2番のAメロの最後の部分。ふっとボーカルの間が空いて1番と違うぞ、と思わせBメロを飛ばしてCメロへと突入する。ゆるやかな流れながら、ちょっとした流れの変化で飽きさせない作りになっている。

 豆知識

映画「パンダ物語」は日中国交正常化15周年、日中平和友好条約10周年記念作品。八木さおりは現在八木小織として活動中。

 関連URL

・所属事務所サイトのプロフィールコーナー
 http://www.studiokk.co.jp/oh_enter/chibi/artist/21.html
・八木小織さんを応援するサイト!!!
 http://nitro-oxygen.hp.infoseek.co.jp/
・「パンダ物語」ポスター
 http://www.h2.dion.ne.jp/~redbat/movie/marchives/panda.html

(2003/10/11公開 (あし)


このレビューに関する感想、ご意見などをお寄せ下さい。

※送っていただいたメッセージはホームページ上に掲載させていただく場合がありますので、おなまえは掲載されてもいい名前(ペンネームなど)でお願いします。e-mailは公開しません。

みなさんのレスポンスがRGS680サイトを作る原動力になります。
是非ともよろしくお願いしマンモス。

おなまえ:
e-mail:
メッセージ:

お手数ですが機械によって自動送信される迷惑メール対策のため、上の欄に「岡江」の2文字を入れてください。
 

▲このページの先頭へ
[→RGS680 TOP]

(c) RGS680 Mail mailto:info@rgs680.com RGS680のTOPへ