RGS680のTOPへ
なつかしのアイドルラブラブレビュー
あのころアイドルといえばアイドル歌手だった。
彼女たちの歌は、上手くはなくても味があった。
華やかさやきらめき、トキメキがあった。
主に80年代のアイドルからオススメシングル曲を
思い入れ込めて紹介しちゃいます。(あし)

■■リスト■■
■情熱のささやき(小高恵美)
■禁断のテレパシー(工藤静香)
■かしこ(うしろゆびさされ組)
■星屑のイノセンス(伊藤かずえ)
■少女・熱風・天然色(石田ひかり)
■天気予報はI Luv U(森尾由美)
■Follow me(沢口靖子)
■雨のチャペル通り(石野陽子)
■サクラが咲いた(西村知美)
■いちごがポロリ(本田理沙)
■ロコモーション・ドリーム(田村英里子)
■眠れぬ森の美女(高岡早紀)
■スウィート・チェリーパイ(北原佐和子)
■風のプリマドンナ(宇沙美ゆかり)
■プロフィール(倉沢淳美)
■涙をたばねて(小川範子)
■青い制服(国実百合)
■異性(速水昌未)
■妖精ポピンズ(ポピンズ)
■Get a Chance!(BaBe)
■男のコになりたい(酒井法子)
■とまどい(吉田真里子)
■曇り、のち晴れ(志村香)
■SAYONARA(八木さおり)
■恋のピー・カー・ブー(島崎和歌子)
■秋のindication(南野陽子)
■初恋進化論(藤井一子)
■時代よ変われ(つみきみほ)
■飛んで火にいる恋の虫(松本友里)
■アドベンチャー・ドリーム(アイドル夢工場)
■麦わらでダンス(生稲晃子)
■応援してるからね(藤谷美紀)
■ドリーム ラッシュ(宮沢りえ)
■硝子のキッス(姫乃樹リカ)
■風のInvitation(福永恵規)
■好きと言いなさい(本田美奈子)
■あいつ(白田あゆみ)
■失恋ライブラリー(紘川 淳)
■愛を今信じていたい(堀ちえみ)
■やったね!春だね!!(ソフトクリーム)
■卒業 GRADUATION(菊池桃子)
■卒業(斉藤由貴)
■レースのカーディガン(坂上香織)
■エスケイプ!(五十嵐いづみ)
■NEW SEASON(森高千里)
■好きさ!(仲村知夏)
■水の星へ愛をこめて(森口博子)
■ヤッパシ…H!(浅香唯)
■冬のオペラグラス(新田恵利)
■クリスマスには間に合わせたい(小沢なつき)
■BRAND-NEW TOMORROW(千葉美加)
■小娘ハートブレイク(伊藤美紀)
■キミはどんとくらい(立花理佐)
■愛って林檎ですか(岡本舞子)
■春休み(水谷麻里)
■トキメキがいたくて(伊藤智恵理)
■太陽を抱きしめろ(セイントフォー)
■好き・嫌い(麻田華子)
■ほんとのキスをお返しに(藤原理恵)

●アイドルミラクルバイブルシリーズ発売記念
■アイドルミラクルバイブルシリーズ発売記念イベントレポート
■アイドルミラクル対談

●アイドル関連特別企画
■原点回帰のアイドルたち
■聖子の娘に人生を教わる
■680(ロバヲ)登場

●第四十二回「異性」(速水昌未)

「異性」ジャケット
異性
速水昌未
1987.4.22 CBS/SONY
作詞:松本隆 作曲:奥慶一 編曲:新川博

 ラブラブレビュー

このコーナー、タイトルだけ見るとアイドル本人についてのレビューを書いてるように思えるよね。アイドルについての情報が書いてるのかと思って見てみたら、曲についての講釈でがっかり、という人もいるらしい。

上に小さく「主に80年代のアイドルからおススメシングル曲を」紹介すると書いているんだけど、タイトルだけ見るとアイドルレビューに思えますね。「なつかしのアイドルソング ラブ&レビュー」に変えた方がいいのかなぁ。と、40回を越えてやっとで気づきました。
ついでに言うと、レビューというよりコラムっぽい書き方してるしね、最近。羊頭狗肉にならないように、注意しつつ今後も書いていきたいなと思います。

さて、アイドルにはデビューしてもパッとせず、シングル3曲目あたりでイメチェンして、もっとパッとせずになんだかどんどん路線が分かんなくなってきて…みたいな人やグループが結構多かったりします。
シングル1枚でスパッと辞めてしまった人の方が、ファンの心にいい思い出として残るのかもしれません。

今回紹介する速水昌未(はやみまさみ)はまさにそんなタイプ。歌った曲はデビュー曲「異性」とカップリングの「鏡の中のひとりごと」のみ。
そして、私の彼女の印象は、キリンオレンジのCM、ドラマ「花のあすか組!」での風林火山の“風”役、JASのキャンペーンガールだったこと、そのくらいです。

速水昌未イラスト

短い期間の芸能活動ながら、たしかな足跡を残していった彼女。顔立ちは地味でしたが、でも私の心には彼女のイメージは鮮明に残っています。
凛とした、という言葉が似合う、存在感のある人でした。
「♪Dearより深く〜 Loveより浅く〜」というこの曲「異性」のサビをバックに、ホースの水をしぶきにする彼女出演のキリンオレンジのCMは、印象に残っている人も多いんじゃないかな。

彼女のボーカルはそんなにうまくはないんだけど、この曲なかなかの名曲です。知的で才女、という彼女のイメージを元に作られたと思われる松本隆による詞は、「彼のことを好きなんだけど、彼の自由にはならないわ、私は私」、といったちょっと変わったテーマを扱っています。
とはいえ曲はポップで小難しい感じではありません。
とにかく爽やかで「キリンオレンジっ!」というより「ホワイトアンドホワイトっ!」といった感じです。いや、ただのイメージだけど。

そして何度も聴いていて気づいたのですが、この曲、出だしの感じが「春休み」(水谷麻里)と似ています。ドラムの音で始まって、ホーンが入って、っていうのと全体の感じが似ているだけで、真似というほど似てるわけではないんだけどね。両方持ってるかなりレアな人は、ぜひ聴き比べて下さい。

 気になるフレーズ

♪二人は2分の2
心だけ一つにしてそのまま

この前のフレーズ「Dearより深く/Loveより浅く」「私はまだ私/あなたのものじゃない」に続くからこそ分かってくるフレーズ。
「心だけ一つにして」の部分より「二人は2分の2」の方が強調されてると私は感じている。きっとこの歌の主人公は、彼とLoveになっても、2分の2の関係を続けるんじゃないかな、と思うんだな。

 豆知識

ドラマ「花のあすか組!」での風林火山の“風”役ということは前述したが、ちなみに“林”役は千葉美加、“火”役は和久井映見。
JASのキャンペーンガールということで行われたイベントに行った私、水着姿で現れた彼女を最前列で見てドキマキしたことも青春の一ページです(全然豆知識じゃなくてすいません)。

 関連URL

(2003/12/6公開 文&イラスト:(あし)


このレビューに関する感想、ご意見などをお寄せ下さい。

※送っていただいたメッセージはホームページ上に掲載させていただく場合がありますので、おなまえは掲載されてもいい名前(ペンネームなど)でお願いします。e-mailは公開しません。

みなさんのレスポンスがRGS680サイトを作る原動力になります。
是非ともよろしくお願いしマンモス。

おなまえ:
e-mail:
メッセージ:
 

▲このページの先頭へ
[→RGS680 TOP]

(c) RGS680 Mail mailto:info@rgs680.com RGS680のTOPへ