RGS680のTOPへ
なつかしのアイドルラブラブレビュー
あのころアイドルといえばアイドル歌手だった。
彼女たちの歌は、上手くはなくても味があった。
華やかさやきらめき、トキメキがあった。
主に80年代のアイドルからオススメシングル曲を
思い入れ込めて紹介しちゃいます。(あし)

■■リスト■■
■情熱のささやき(小高恵美)
■禁断のテレパシー(工藤静香)
■かしこ(うしろゆびさされ組)
■星屑のイノセンス(伊藤かずえ)
■少女・熱風・天然色(石田ひかり)
■天気予報はI Luv U(森尾由美)
■Follow me(沢口靖子)
■雨のチャペル通り(石野陽子)
■サクラが咲いた(西村知美)
■いちごがポロリ(本田理沙)
■ロコモーション・ドリーム(田村英里子)
■眠れぬ森の美女(高岡早紀)
■スウィート・チェリーパイ(北原佐和子)
■風のプリマドンナ(宇沙美ゆかり)
■プロフィール(倉沢淳美)
■涙をたばねて(小川範子)
■青い制服(国実百合)
■異性(速水昌未)
■妖精ポピンズ(ポピンズ)
■Get a Chance!(BaBe)
■男のコになりたい(酒井法子)
■とまどい(吉田真里子)
■曇り、のち晴れ(志村香)
■SAYONARA(八木さおり)
■恋のピー・カー・ブー(島崎和歌子)
■秋のindication(南野陽子)
■初恋進化論(藤井一子)
■時代よ変われ(つみきみほ)
■飛んで火にいる恋の虫(松本友里)
■アドベンチャー・ドリーム(アイドル夢工場)
■麦わらでダンス(生稲晃子)
■応援してるからね(藤谷美紀)
■ドリーム ラッシュ(宮沢りえ)
■硝子のキッス(姫乃樹リカ)
■風のInvitation(福永恵規)
■好きと言いなさい(本田美奈子)
■あいつ(白田あゆみ)
■失恋ライブラリー(紘川 淳)
■愛を今信じていたい(堀ちえみ)
■やったね!春だね!!(ソフトクリーム)
■卒業 GRADUATION(菊池桃子)
■卒業(斉藤由貴)
■レースのカーディガン(坂上香織)
■エスケイプ!(五十嵐いづみ)
■NEW SEASON(森高千里)
■好きさ!(仲村知夏)
■水の星へ愛をこめて(森口博子)
■ヤッパシ…H!(浅香唯)
■冬のオペラグラス(新田恵利)
■クリスマスには間に合わせたい(小沢なつき)
■BRAND-NEW TOMORROW(千葉美加)
■小娘ハートブレイク(伊藤美紀)
■キミはどんとくらい(立花理佐)
■愛って林檎ですか(岡本舞子)
■春休み(水谷麻里)
■トキメキがいたくて(伊藤智恵理)
■太陽を抱きしめろ(セイントフォー)
■好き・嫌い(麻田華子)
■ほんとのキスをお返しに(藤原理恵)

●アイドルミラクルバイブルシリーズ発売記念
■アイドルミラクルバイブルシリーズ発売記念イベントレポート
■アイドルミラクル対談

●アイドル関連特別企画
■原点回帰のアイドルたち
■聖子の娘に人生を教わる
■680(ロバヲ)登場

●第五十二回「雨のチャペル通り」(石野陽子)

雨のチャペル通り
1985.08.25 徳間ジャパン
作詞:売野雅勇 作曲:芹澤廣明 編曲:若子内悦郎

 ラブラブレビュー

このコーナーの第一回で取り上げた藤原理恵、第二十二回の紘川淳に続き、今回の石野陽子でドラマ「セーラー服通り」三人組が揃いました。
そんなわけで、「通り」つながりで今回は「雨のチャペル通り」を紹介。彼女の曲、デビュー曲「テディボーイ・ブルース」を始め50'sロックっぽい曲が多い。だけど私はこの曲のようなしっとりマイナー調の曲の方が石野陽子に合っていると思う。
ちなみにご存知の通り今でも「いしのようこ」として活動中の彼女ですが、この文中では石野陽子で通しますんでご了承を。

タレントとしての石野陽子には、陽の部分と陰の部分との二面性が感じられると思う。伏し目がちで、醒めた感じの大人びた陽子ちゃん。バラエティでケタケタ笑う、笑い上戸の陽子ちゃん。どちらも陽子ちゃんなのだが、私はその陰の部分にこそ彼女の魅力を感じる。陽子なのに陽より陰に魅力があるってのも皮肉なものかな。
陽の部分だけなら、姉の石野真子でいいじゃん、ってわけでもないけどね。しかしアイドル時代の石野真子は常に陽だったよなぁ。

石野陽子イラスト

そんな陰も似合う彼女だから、マイナー調の哀しげな「雨のチャペル通り」が似合っているのだろう。
この曲、毎日同じ時間に窓から見える名も知らぬ人への一方的な憧れという、少女漫画の世界にありそうな恋がテーマ。この歌詞のいいところは、憧れられる側の男性の描写がないところ。
よって「俺のことを想ってくれてる美少女が実はどこかにいるのかも」といった妄想に、聴き手の男子はひたれるわけだ。まあ現実はそんなに都合良くないわけだが。

この曲の「あなたに恋してる子が/どこかにいること告げるように」というフレーズは、「応援してるからね」(藤谷美紀)の

♪君と同じ夢を
見ている女の子が
いるよ…グランドの隅

や、「青い制服」(国実百合)の

♪スタンドの人混みにそっと隠れて
あなたのこと呼んでみたい

とかと通じるわけで、これらの曲を「あなたに恋してる子がどこかにいるよソング」と仮に名付けよう。で、これらの曲同様この「雨のチャペル通り」も売野雅勇が作詞なのだ。ということで、売野雅勇は「あなたに恋してる子がどこかにいるよソング」の大家に決定。

そうそう、西村知美の「君は流れ星」も売野雅勇作詞のあなたに恋してる子がどこかにいるよソング。この「君は流れ星」も好きな私は、なんだかんだ言ってあなたに恋してる子がどこかにいるよソングが好きなんだな。

●あしの独断評価

あなたに恋してる子がどこかにいるよソング度… ★★★★★
姉と歌声似てる度… ★★★★
CDは高価らしいので要チェック度… ★★★★

(最高で★5つ)

 気になるフレーズ

♪白い息はずませて毎日この時間
 名も知らぬ「恋人」が舗道通るの

“名も知らぬ「恋人」”って表現が、さすがって感じがするね。一方的に恋人同士という妄想したりしてる乙女心をイメージさせます。短い単語でうまく状況説明しているところにも感心。

 豆知識

石野真子・陽子姉妹の下に、三女・敦子がいて、彼女も芸能活動しているらしい。最初は石野敦子として活動していたのが、のちに宝乃純と改名したようだ。
宝乃純はよく知らないけど、石野陽子はNHK朝の連続テレビ小説「てるてる家族」でスケートコーチの役として出演していたし「彼女が死んじゃった」にも出演中、石野真子は最近始まった「特捜戦隊デカレンジャー」でメカニック担当者役で登場と、姉妹で活躍中。

 関連URL

 追記(2007/4/3)

CS放送「TBSチャンネル」で「セーラー服通り」が再放送されます。2007/4/10(火)〜4/15(日)23:00〜24:40(2話ずつ)

(2004/02/28公開 文&イラスト:(あし)


このレビューに関する感想、ご意見などをお寄せ下さい。

※送っていただいたメッセージはホームページ上に掲載させていただく場合がありますので、おなまえは掲載されてもいい名前(ペンネームなど)でお願いします。e-mailは公開しません。

みなさんのレスポンスがRGS680サイトを作る原動力になります。
是非ともよろしくお願いしマンモス。

おなまえ:
e-mail:
メッセージ:
 

▲このページの先頭へ
[→RGS680 TOP]

(c) RGS680 Mail mailto:info@rgs680.com RGS680のTOPへ