RGS680のTOPへ
なつかしのアイドルラブラブレビュー
あのころアイドルといえばアイドル歌手だった。
彼女たちの歌は、上手くはなくても味があった。
華やかさやきらめき、トキメキがあった。
主に80年代のアイドルからオススメシングル曲を
思い入れ込めて紹介しちゃいます。(あし)

■■リスト■■
■情熱のささやき(小高恵美)
■禁断のテレパシー(工藤静香)
■かしこ(うしろゆびさされ組)
■星屑のイノセンス(伊藤かずえ)
■少女・熱風・天然色(石田ひかり)
■天気予報はI Luv U(森尾由美)
■Follow me(沢口靖子)
■雨のチャペル通り(石野陽子)
■サクラが咲いた(西村知美)
■いちごがポロリ(本田理沙)
■ロコモーション・ドリーム(田村英里子)
■眠れぬ森の美女(高岡早紀)
■スウィート・チェリーパイ(北原佐和子)
■風のプリマドンナ(宇沙美ゆかり)
■プロフィール(倉沢淳美)
■涙をたばねて(小川範子)
■青い制服(国実百合)
■異性(速水昌未)
■妖精ポピンズ(ポピンズ)
■Get a Chance!(BaBe)
■男のコになりたい(酒井法子)
■とまどい(吉田真里子)
■曇り、のち晴れ(志村香)
■SAYONARA(八木さおり)
■恋のピー・カー・ブー(島崎和歌子)
■秋のindication(南野陽子)
■初恋進化論(藤井一子)
■時代よ変われ(つみきみほ)
■飛んで火にいる恋の虫(松本友里)
■アドベンチャー・ドリーム(アイドル夢工場)
■麦わらでダンス(生稲晃子)
■応援してるからね(藤谷美紀)
■ドリーム ラッシュ(宮沢りえ)
■硝子のキッス(姫乃樹リカ)
■風のInvitation(福永恵規)
■好きと言いなさい(本田美奈子)
■あいつ(白田あゆみ)
■失恋ライブラリー(紘川 淳)
■愛を今信じていたい(堀ちえみ)
■やったね!春だね!!(ソフトクリーム)
■卒業 GRADUATION(菊池桃子)
■卒業(斉藤由貴)
■レースのカーディガン(坂上香織)
■エスケイプ!(五十嵐いづみ)
■NEW SEASON(森高千里)
■好きさ!(仲村知夏)
■水の星へ愛をこめて(森口博子)
■ヤッパシ…H!(浅香唯)
■冬のオペラグラス(新田恵利)
■クリスマスには間に合わせたい(小沢なつき)
■BRAND-NEW TOMORROW(千葉美加)
■小娘ハートブレイク(伊藤美紀)
■キミはどんとくらい(立花理佐)
■愛って林檎ですか(岡本舞子)
■春休み(水谷麻里)
■トキメキがいたくて(伊藤智恵理)
■太陽を抱きしめろ(セイントフォー)
■好き・嫌い(麻田華子)
■ほんとのキスをお返しに(藤原理恵)

●アイドルミラクルバイブルシリーズ発売記念
■アイドルミラクルバイブルシリーズ発売記念イベントレポート
■アイドルミラクル対談

●アイドル関連特別企画
■原点回帰のアイドルたち
■聖子の娘に人生を教わる
■680(ロバヲ)登場

●五十五回「少女・熱風・天然色」(石田ひかり)

少女・熱風・天然色ジャケット 「少女・熱風・天然色」
1988.07.13 TEICHIKU
作詞:売野雅勇 作曲:芹澤廣明 編曲:鷺巣詩郎

 ラブラブレビュー

最近石田ゆり子の活躍が目立つ。ヒロイン役を演じた映画「解夏」はロングランヒットだし、フジテレビ「プライド」ではキムタクの憧れのお姉さん的存在といういい役だし。
そんなわけで今回は、石田ゆり子の妹、石田ひかりを取り上げようと思った。

石田ひかりといえばNHK朝ドラ「ひらり」(1992年)の主演、フジテレビ月9「あすなろ白書」(1993年)のヒロインと女優として輝かしい経歴を持つが、デビュー当時はごく普通のアイドルだった。水着グラビアとかもよくやっていたし。もっとも、元々水泳選手だったから水着には抵抗がなかったのかもしれないが。

石田ひかりイラスト

そして、さしてヒットはしなかったが歌手としてコンスタントにシングル曲をリリースしていた。感情を抑えたような抑揚のない歌声が特徴だが、凛とした中にも甘さのある彼女の声の魅力はどの曲からも感じられる。また、楽曲としての出来がいい作品も多い。「おすまし」して歌ってる風な、優等生的雰囲気をカワイイととるか、嫌みととるかで評価は分かれてくるかもしれないが。

そんな中、今回紹介するのは「少女・熱風・天然色」。近藤真彦の「情熱・熱風・せれなーで」みたいだな。正確には「情熱☆熱風(月マーク)せれなーで」なんだけど。
この曲、作詞・売野雅勇、作曲・芹澤廣明という、「涙のリクエスト」をはじめとするチェッカーズの初期の作品を手がけた作詞、作曲者コンビ。別にこの曲はチェッカーズっぽくはないのだが、石田ひかりの曲としては、かなりハードな部類。でも哀愁を帯びたメロディーは、ちょっとチェッカーズっぽくもあるかも。

メジャー調の曲では、彼女のボーカルの抑揚のなさが冷たく感じられもするんだけど、シンセサウンドがごちゃごちゃ鳴ってるこの曲だと、無機質な歌声の端々に温かみが感じられていい感じ。やはり彼女の歌声にはマイナー調のメロディーが似合う。

この曲、彼女が出演していた、TVドラマ「花のあすか組!」の挿入歌でもあった。優等生でありながらも、正義のために戦いに挑む香月はるみ役は、彼女に似合ってたな。そして、この「少女・熱風・天然色」も、そんな香月はるみのイメージを反映させたものでもあるのだろう。

●あしの独断評価
タイトルがステキ度… ★★★★
声に魅力がある度… ★★★★
夏の曲だから取り上げる季節を間違えたな度… ★★★

(最高で★5つ)

 気になるフレーズ

♪避暑地の図書館の陰で
 キスをさせたわ
 出逢ってからまだ日も浅い子に

これ、始まりの部分なんだけど見事なインパクトのある出だし。しかも情報量も多いし、歌詞の出だしとしてはかなりの高得点なんじゃないかな。
優等生的石田ひかりの口から「キスをさせたわ」なんて言葉が出てきたら、どうして? って気になるよね。

 豆知識

石田ひかりの本名は石田光(爆笑問題・太田光と一字違いだな)、姉ゆり子の本名は石田百合子。二人とも微妙に芸名なんだな。あ、石田ひかりは結婚してるから名字変わってるんだ。えーと…、調べてみたところ結婚相手はNHK大阪のディレクター訓覇(くるべ)圭さん。ということは訓覇光か。まったくの別人みたいだな。
石田ひかりのニックネームがPIKA(ピカ)というのはちょっと有名。つまり「PIKANCHI(ピカンチ)」っていったらPIKA(ピカ)ん家、石田ひかりの家のことなんだな。キムタクはいまだに彼女のことをPIKAと呼んでるようだ(「SMAP×SMAP」にて確認)。

 関連URL

(2004/03/20公開 文&イラスト:(あし)


このレビューに関する感想、ご意見などをお寄せ下さい。

※送っていただいたメッセージはホームページ上に掲載させていただく場合がありますので、おなまえは掲載されてもいい名前(ペンネームなど)でお願いします。e-mailは公開しません。

みなさんのレスポンスがRGS680サイトを作る原動力になります。
是非ともよろしくお願いしマンモス。

おなまえ:
e-mail:
メッセージ:
 

▲このページの先頭へ
[→RGS680 TOP]

(c) RGS680 Mail mailto:info@rgs680.com RGS680のTOPへ