RGS680のTOPへ
連ドラっ子世にはばかる
今クールの連ドラは何を観てますか?
ロイヤルガーデンサラダが気になる連続ドラマを追いかけながら紹介するのがこのコーナー。
連ドラ同様先はどうなるか分かりませんが、とにかくスタート。
 


→連ドラっ子TOP

■■リスト■■

■連ドラっ子世にはばかる-番外編-
金曜エンタテイメントの「浅見光彦シリーズ」

2004年3月19日 21:00〜放送
しまなみ幻想―愛媛・今治殺人事件―
http://www.fujitv.co.jp/tokuhen/04spr_sp/b_hp/kinet_asami18.html

2004年4月9日 21:00〜放送
ユタが愛した探偵
http://www.fujitv.co.jp/tokuhen/04spr_sp/b_hp/enta.html

2時間ドラマ好きな人なら、一度は見たことがあるんじゃないかと想像する、浅見光彦シリーズ。フジテレビでは、2004年3月19日と4月9日、2ヶ月連続でこのシリーズを放送しました。
そこで、せっかくなので、フジテレビだけでなく、他局でも人気の浅見光彦シリーズについて、少々書いてみようと思います。

まず、浅見光彦って誰? という方に軽く背景を紹介。
浅見光彦(33歳)-----ルポラーター、独身
浅見陽一郎(47歳)-----光彦の兄、警察庁刑事局長
浅見雪江-----光彦の母
という3人がメインの配役で、毎回、光彦は取材で出かけた場所で事件が起き巻き込まれるのが、この番組スタイル。そして、綺麗な女性と出会う。しかし、恋は成就しない。
そして、事件に巻き込まれ、探偵の力を発揮するわけですが、必ず、犯人と間違えられ、地元の警察につれていかれ、絞られることになります。結局、兄が警察庁刑事局長ということがばれて、事件解決に協力することになるのもお決まり。

さて、このシリーズが、フジテレビ系列だけでなく、日本テレビ系列やTBS系列でも放送されていることが、このシリーズの底力だと思います。あと、見ていて面白いのは、旅情感。本を読んでも思うのですが、ドラマだと余計に、その場所に出かけた気分になります。

では、各局の浅見ファミリーを紹介

●日本テレビ系列
浅見光彦:水谷豊
浅見陽一郎:高橋悦史
浅見雪江:乙羽信子
1987年〜1990年まで8作放送

●TBS系列
浅見光彦:辰巳琢郎
浅見陽一郎:村井国夫
浅見雪江:加藤治子
1994年〜2000年まで13作放送
    ↓
浅見光彦:沢村一樹
浅見陽一郎:村井国夫
浅見雪江:加藤治子
2000年〜2004年まで5作放送(現在も放送中)

●フジテレビ系列
浅見光彦:榎木孝明
浅見陽一郎:西岡徳馬
浅見雪江:野際陽子
1995年〜2002年まで14作と映画1作放送
    ↓
浅見光彦:中村俊介
浅見陽一郎:西岡徳馬→榎木孝明(17作目より)
浅見雪江:野際陽子
2003年〜2004年まで5作放送(現在も放送中)

このほかにも浅見光彦を演じたことがあるのは、国広富之、篠田三郎、高嶋政伸。

とデータをまとめてみました。
同じ役をこんなにもいろんな俳優が演じるというのは珍しいと思います。そして、見る側も辰巳光彦が好きだとか、中村光彦は若すぎないか? などといろいろ意見はあるよう。私は特に誰の贔屓でもありません。ただ、榎木光彦が、いつの間にか、兄陽一郎になっていたのは驚き。これは原作者である内田康夫氏の発案だとか。そして、内田氏は時々番組に出演したりしています。そのあたりは、ヒッチコック風ですね。次はいったいいつ放送されるのか? 分からないから楽しみでもある。浅見光彦シリーズ、本で原作を読んでいるくせに、すでに次の放送を心待ちにしています。

(2004/04/12公開 (みど)


このコラムに関する感想、ご意見などをお寄せ下さい。

※送っていただいたメッセージはホームページ上に掲載させていただく場合がありますので、おなまえは掲載されてもいい名前(ペンネームなど)でお願いします。e-mailは公開しません。

みなさんのレスポンスがRGS680サイトを作る原動力になります。
是非ともよろしくお願いしマンモス。

おなまえ:
e-mail:
メッセージ:
 


▲このページの先頭へ
[→RGS680 TOP]

(c) RGS680 Mail mailto:info@rgs680.com RGS680のTOPへ