RGS680のTOPへ
レポートだったりレクチャーだったり
あし・みど が実際に見に行ったライブやイベントのレポートだったり、
すこしはためになるかもしれないレクチャーだったりを
漫画だったりテキストだったりで紹介するコーナーだったりして。

ミュージカル「シンデレラストーリー」観劇日記

ども。(あし)です。夏休みに甥っ子が遊びに来ました。たまたまミュージカル「シンデレラストーリー」を見に行く予定の日に甥が滞在していたので、しょうがないので一緒に連れて行きました。
連れて行ってあげた代わりに、無理矢理、観劇日記を書かせてみました。そんなわけで、今回は(あし)の甥っ子によるミュージカル「シンデレラストーリー」観劇日記です。

■なつやすみのにっき
 ミュージカル「シンデレラストーリー」を見た

8月22日(金) 快晴

東京にあそびにきて三日目。
今日は、あしおじさんとおばさんと一緒に、ミュージカルを見に行った。
「シンデレラストーリー」というミュージカルで、青山劇場という劇場であるらしい。

青山劇場入り口

劇場に行く前に、お昼は表参道で食事をした。
はじめてシュラスコ料理というのを食べた。串刺しにされた肉を係の人が持ってきて、席で切り分けてくれた。食べ終わる前にどんどん次の肉がやってきて、あせった。ベルトをゆるめ、ズボンのボタンを開けて、がんばって食べた。
カレーライスや色々なおかず、サラダなども食べ放題だった。珍しい野菜やおかずもあったけど、結局それは食べなかった。いろんなドレッシングもあったが、ぼくはキュウリに塩をかけて食べた。塩の容器がぐるぐるまわして出すタイプのもので、使い方をおじさんに教わった。
ソフトクリーム作りにもチャレンジした。作るといっても入れるだけなんだけど、うまく渦巻き型にするのが難しかった。すこし斜めになったけど、けっこううまくできた。

そのあと、原宿の竹下通りに行った。ここは有名なところらしい。記念にぜひ通れと言われたが、とくに面白くはなかった。人でいっぱいだったが、おじさんたちは今日は人が少ないと言っていた。
金券屋でとしまえんのチケットが安くで買えたとおじさんたちは喜んでいた。

くめくめひろし

竹下通りの近くで、面白いTシャツを売ってるお店を見つけた。「くめくめひろし」と書いたTシャツをおじさんが買ってくれた。

こどもの城、案内板

そして、青山劇場に向かったんだけど、ミュージカルにはまだ時間があったので、隣の「こどもの城」で時間をつぶした。ビーンボーリングというものをして遊んだ。ぼくはずっと2位だった。周りは小さい子供達ばかりだった。おじさんは熱くなっていた。

青山劇場外観

青山劇場はきれいな劇場だった。冷房のきき具合もちょうどよかった。
ミュージカルが始まる前に、出演者たちが客席をうろうろして王子様を探していてびっくりした。
ミュージカルは初めて観たけど、ギャグがたくさんあって、面白かった。
音楽は、生で演奏しているらしく、音が大きくて最初は慣れなかった。休憩の間に、前の席でこっそり演奏している事を知って、遠くから観察した。

有名な人がいっぱい出ているとおじさんたちは言っていたが、ぼくが知ってるのはデーモン小暮だけだった。デーモンは面白くて、歌もうまかった。双眼鏡でのぞいたデーモンの顔は迫力があった。双眼鏡のことをオペラグラスということを知った。なんで素直に双眼鏡といわないのだろう?
王子様役の人は行列のできる法律相談所の橋下弁護士に似ていると思った。この人は今ミュージカル界ではとても人気のある人なのだとおばさんに教えてもらった。
シンデレラ役は大塚ちひろという人だった。これからブレイクするかもしれないから覚えておきなさいと、おじさんたちに言われた。ブレイクするってどういうことだろうと思ったが、だまって聞いておいた。

シンデレラストーリーポスター

最後はハッピーエンドだったのでほっとした。出演者がみんな出てきて何度も拍手をあびていた。
ぼくも拍手した。一生懸命いっぱい拍手した。
観劇して感激した。なんちゃって(これはおじさんが書けといったので書いた)。

帰りはラーメンと餃子を食べた。お腹がすいていたけど、そんなにおいしくなかった。
たぶんあのラーメン屋には二度と行かないだろう。

■あしおじさんより

はい、ここまで読んでお気づきの方もいると思いますが、これ、あしが勝手に、甥っ子が書いた風に作った日記でした。本気にした方ごめんなさい。
でもほぼ事実に即しています。

この「シンデレラストーリー」、ほんとに楽しいミュージカルでした。みなさん芸達者な方ばかりで、笑わされっぱなしで、でもホロリとさせられる所もあり、これぞエンターテインメント! でした。
デーモン小暮をはじめ、元GO-BANGS(ゴーバンズ)の森若香織や、あややの物まねでおなじみの前田健、ワハハ本舗の座長・佐藤正宏など、異色のキャスティングでも楽しませてくれましたね。

そして、なんといっても鴻上尚史の脚本は見事でした。私鴻上尚史ファンなのですが、彼の書くエッセイのファンで、脚本を手がけた芝居はまだ観たことなかったんです。このミュージカルは、本来の彼の書く脚本とは毛色が違うものかもしれませんが、でもますます鴻上尚史ファンになった私です。

フコク生命ミュージカル「シンデレラストーリー」
http://www.cinderella-story.com/
●出演
大塚ちひろ 井上芳雄
池田成志 橋本さとし 川崎麻世
寿ひずる 宮地雅子 森若香織
佐藤正宏 東山義久 前田 健 藤森 徹
デーモン小暮閣下
●スタッフ
脚本:鴻上尚史 演出:山田和也 音楽:武部聡志 作詞:斉藤由貴

企画・製作:日本テレビ/パルコ/東宝芸能

・大阪公演(シアター・ドラマシティ)
2003年7月23日〜27日
・名古屋公演(中日劇場)
2003年8月2日〜10日
・東京公演(青山劇場 )
2003年8月15日〜31日

(2003/9/1公開)


このコーナーに関する感想、ご意見などをお寄せ下さい。

※送っていただいたメッセージはホームページ上に掲載させていただく場合がありますので、おなまえは掲載されてもいい名前(ペンネームなど)でお願いします。e-mailは公開しません。

みなさんのレスポンスがRGS680サイトを作る原動力になります。
是非ともよろしくお願いしマンモス。

おなまえ:
e-mail:
メッセージ:
 

[→レポートだったりレクチャーだったり・目次ページ]

▲このページの先頭へ
[→RGS680 TOP]


(c) RGS680 Mail mailto:info@rgs680.com RGS680のTOPへ