RGS680のTOPへ
レポートだったりレクチャーだったり
あし・みど が実際に見に行ったライブやイベントのレポートだったり、
すこしはためになるかもしれないレクチャーだったりを
漫画だったりテキストだったりで紹介するコーナーだったりして。

→レポートだったりレクチャーだったり・もくじ

体験レポートだったりVol.1
女性の心の友・エステでリフレッシュ

女性の心の友、エステ。昔は、お金持ちの奥様だけが体験できる魅惑的な世界でしたが、いつか、庶民にも手に届くものになりました。そして、(みど)も自分磨きのために、時々訪れるように。気づいたら、けっこういろんな種類のエステやリフレ、マッサージやセラピー、アカスリに至るまで経験しちゃいました。そんなわけで、体験レポートとしてここに披露! まずは、身体の汚れとお別れ編。

※注:このレポートは、(みど)の体験による感想であり、みなさまが同じだけの快感を得られるかは保証されません。あしからず。(みど)

■足裏角質除去で、素足美人に

これまでに、5回ほど体験。
夏の間、素足で過ごした女性の方は、かかとの辺りが気になったりしていませんか? ストッキングをはこうとして、ふと触れた足が、ガザガザなんてことになっていません? 実は、私はちょいっと危険信号状態です。それに加えて、ハイアーチという足の状態を持っているため(ハイアーチとは、足の反りが人よりちょっと多いこと。つまり土踏まずがありすぎる足です。)足の指の付け根とかかとが人より硬くなりがちなのです。それで、以前から、気になっていたこの角質除去をフットケアのお店で体験。

フットケア(60分) 6,000円 (角質除去+ピーリング+マッサージ+パック)

●角質除去ってどんなもん?

まずは、フットバスで足をふやけさせます。そして、角質除去へ。実際には、見たことはないのですが、やってもらっている感覚でいうと、皮むき器で削られている気分です。といっても全然痛くはないです。むしろ、気持ちよいくらい。せっせ、せっせと削られて、そのあと、やすりで、滑らかにしてもらいます。この間、たぶん15分くらいかな。その後は、マッサージ、パックで足全体のケアになります。なんとも、あっという間の角質除去なのです。

角質除去イラスト

毎日の歩行で、足の角質は日々積み重なっています。角質は溜め込む前に取るという癖をつけると、足が角質を作らなくてもいいという癖を覚えるそうです。理想的な除去周期は、私の場合は、3週間に一度と言われたのですが、何といっても6,000円の出費が痛くて、なかなか、行けないのです。とほほ。でも、終わったあとのふわふわ足裏は、気持ちいいんだよな。

角質除去はこのお店でもやっているよう。私は、こちらでは未体験ですが。
フットラブ
角質除去とフットケアの「素足美人コース」60分 ¥6,800

かさかさの足に塗る「ドライフットクリーム」。(みど)も使ってます。

■アカスリの脅威!

これまでに、2回体験。
1回目は、2001年9月のこと。場所は、江戸遊
記憶を辿ってみると、その日、私は、幕張メッセで開催されていた「WPC EXPO」にブース当番として参加しておりました。そして、その日が3日目(つまり3日間立ちっぱなし)で相当に疲れてました。そんなこともあって、同僚の「大きなお風呂に入って、エステもあるよ」という甘い囁きに誘われ、両国駅近くにある「江戸遊」へ。いやぁ、クアハウスと歌っているだけあって、入るやいなや、部屋着を渡され温泉気分。そして、噂には聞いていたけど、未体験ゾーンであったアカスリに挑戦!

選んだのは、
Aコース (30分) 4,000円 (あかすり・ボディシャンプー・洗髪)

2回目は、2003年9月のこと。場所は、花乃丸
家族旅行で、出かけた南知多温泉。女性に優しい設計になっているこの旅館は、エステの施設もあるとのことで、出かける前からウキウキ気分。チェックインするやいなや、聞きました。エステメニューを見せてください。じゃじゃん。ネットにもちゃんとありました。

選んだのは、
Aコース (50分) 7,000円 (アカスリ+海泥ボディパック+キュウリパックとフェイスマッサージ)

●アカスリってどんなもん?

本場、韓国のアカスリは未体験なので、日本バージョンでご紹介します。
2回とも、垢を落としてくれる方は、ちょっと年配の韓国人女性。基本的に日本語はOKでしたが、イントネーションで韓国の方かなと。
アカスリルームは浴槽の近くにあって、お風呂に入って身体がふやけてから行います。だから、お風呂に入る姿のまま、施術台に。つまり、すっぽんぽんってことね。いやぁ、最初はびっくりしたよ。もちろん、タオルをかけてもらえるけど。羞恥心が人一倍強い人は、ちょっと無理かも。そして、足の先から、こする、こする、こするの連発です。先日の体験では、「痛かったら言ってくださいね。でもこれだけ溜まってれば、痛くないでしょう」と言われる始末。

アカスリイラスト

途中、お腹の上を触ってみてと言われ、触ったら、大量の垢らしきものが。足先から、太もも、腹、胸と進み、「はい、腹ばいになって」といわれた時、私の目に飛びこんだものは、50円の消しゴムを全部使ったくらいの消しゴムの粉サイズのぶつでした。こんな具合に、身体の隅々まで、しっかり、こすられて、シャワーを浴びます。コースによって、ボディパックや洗髪などもあるのですが。メインはアカスリで。そして、最後に聞いてみました。どれくらいの割合で、アカスリってするものですか? と。答えは、1週間に1回です。とのこと。そ、そんな。マジ驚きました。
週一は無理ですが、年一くらいでは、行ってみたいなと思うこの頃です。

(2003/10/13公開(みど)

[→体験レポートだったりVol.2]
[→レポートだったりレクチャーだったり・目次ページ]


このコーナーに関する感想、ご意見などをお寄せ下さい。

※送っていただいたメッセージはホームページ上に掲載させていただく場合がありますので、おなまえは掲載されてもいい名前(ペンネームなど)でお願いします。e-mailは公開しません。

みなさんのレスポンスがRGS680サイトを作る原動力になります。
是非ともよろしくお願いしマンモス。

おなまえ:
e-mail:
メッセージ:
 

▲このページの先頭へ
[→RGS680 TOP]

(c) RGS680 Mail mailto:info@rgs680.com RGS680のTOPへ