RGS680のTOPへ
サギサワさん、お誕生日おめでとう!トークライブに行って来たよ
サギサワトークライブ看板
[データ]
「サギサワが語る!“オフィスめめ”トークライブ vol.7」
〜 サギサワさん、お誕生日おめでとう!で、何歳になったんですか?スペシャル 〜
■日時
2003年6月28日(土)開場:18:00 開演:19:00
■出演
鷺沢萠、管理人わたべ、覆面秘書OK、藤原伊織
■入場料
\1,000 (飲食別)
ドリンク、フードはオーダー可能です。
■場所
トークライブハウス ロフトプラスワン
■内容
・おひめめデータ公表
・おひめめ上半期重大ニュース
・鷺沢誕生日おめでとう企画
・アンケート回答紹介
・ギャラ争奪「記憶スケッチ」
・タテ笛演奏会(曲目・エーデルワイス)
・プレゼント
・サイン会&ハンコ会
・エッセイ集「この惑星のうえを歩こう」の即売会

■「サギサワが語る!“オフィスめめ”トークライブ vol.7」
〜 サギサワさん、お誕生日おめでとう!で、何歳になったんですか?スペシャル 〜
に行って来たよ。

なんと、今回はみどのレポートとあしの「レポートまんが」が同時に楽しめるというお得な企画(?)
さっきまで見たことも聞いたこともなかった鷺沢萠という作家が、急に身近になるでしょう(当社比70%増)。では、レッツゴーざます。

○文/伊藤緑 (みど)
作詞家&ライター&会社員。鷺沢さんとの出会いは14年前。「少年たちの終わらない夜」です。もちろん、初版を持っております。
○漫画/あしかが (あし)
Webデザイナー、デジタルなんでもや。鷺沢さんとの出会いは現役女子大生作家として話題だったころTVで。その美貌にいちころ。

●鷺沢萠(さぎさわ・めぐむ)って?

1987年、18歳の時に書いた純文学『川べりの道』で第64回文學界新人賞を受賞、作家デビュー。美人女子大生作家として脚光を浴びる。その後、『駆ける少年』で第20回泉鏡花文学賞。『帰れぬ人々』『葉桜の日』『君はこの国を好きか』で芥川賞最終候補。など多くの作品が純文学として評される中、エッセイでは読者に多くの笑いを提供するサービス精神旺盛な人。
公式サイトはこちら→「Office Meimei


[→レポートだったりレクチャーだったり・目次ページ]

▲このページの先頭へ
[→RGS680 TOP]


(c) RGS680 Mail mailto:info@rgs680.com RGS680のTOPへ