RGS680のTOPへ
TVっ子BANZAI
ロイヤルガーデンサラダはテレビっ子
TVに関してのいろんなコーナーを考えたりしてるんだけど、
肩の力の抜けたコラムっぽいのもあってもいいんじゃないの、
と思って作ってみた。
 
■■リスト■■
主夫という言葉を定着させると同時に 奥さん、旦那さんという呼び方を変えてみない?
■ジャパニメーションを語る前に 「モンキーターン」をまず見よ
■マンハッタンのスモーカー赤羽ちゃんは 愛煙家のカリスマとなるのか?
■タトゥー騒動に子役の仕込み発覚 それでも平気な司会者タモリの長所とは
■今お笑い界を牽引するのはフジでも日テレでもなくNHK!?
■やっぱり生で見たかったEPIC25記念ライブがNHKで放送
■80年代アイドルファンはとにかく必見な番組を発見
■人気脚本家もお気に入り? 元TPD女優の魅力とは
■今更ながらでありますが クレヨンしんちゃんを援護せよ
■ちゅらさんといえば 遙ちゃんのこの名台詞
■子供の心で四十代 マイケルの真実はいかに
■あなたならどうする? 余命あとわずかな主人公たち
■さよならは言わないよ 再放送でまた会おうねどれみちゃん
■設定ってのは大事なのです カードデッキでライダー変身
■年末年始に2女優を見る。
■2002年印象に残った番組 ベスト2(2かよ←三村風)
■末は家元か大女優か? 最近注目・第二のナカジマトモコ
■ドラえもんリニューアル 不評の噂を探る
■野球放送延長と連続ドラマ
■ソンミとヨンミ 紛らわしいって
■さ〜て来週のリフォームは とは言いません
■アニメは進化する フルCG&フラッシュ
■頑張れひばり息子 加藤和也は31歳社長
■逆仮面ライダー商法? イケメンお料理番組
■月曜日は正解発表!? 毎週楽しみだったさくら先生の英単語

■人気脚本家もお気に入り?
 元TPD女優の魅力とは


「ぼくの魔法使い」
日本テレビ 毎週土曜 夜9:00〜
http://www.ntv.co.jp/mahou/
「HR」
フジテレビ 毎週水曜 夜11:00〜(放送終了)
http://www.fujitv.co.jp/jp/HR/


彼女が「恋しさとせつなさと心強さと」を大ヒットさせたとき、失礼ながら数年後には「あの人は今…」みたいな番組でこの曲を熱唱するんだろうなぁ…と思ったものだ。何かそんな「一発屋」臭とでもいうものを感じとったのは、私だけではなかったと思う。

しかし、彼女-篠原涼子-は運か実力か芸能界に生き残っている。
CDは中古屋で100円で売られるようになっても、女優としての躍進ぶりは現在進行形だ。
三谷幸喜脚本の「HR」に続き、宮藤官九郎脚本「ぼくの魔法使い」と、今をときめく脚本家の作品に立て続けで出演していることからも、その女優としての注目度はうかがい知れるだろう。
この二人の脚本家に認められ、気に入られているとしたら、しばらくは女優として安泰と言えるに違いない。

ブーたんになってるるみたん

何かで読んだインタビュー記事では、演技する事が照れくさくて、あまり芝居に興味がなかったと言っていた彼女。女優になりたかったわけではなく、成り行き上そうなったような彼女だが、しかしそういう人の方がいい女優になったりすることもよくあることだろう。
女優になりたくてなりたくて努力を続けてきた人がなれずに、彼女のような人がなれるということがあるのは人生不公平な気もする。しかし人から才能を見いだされて与えられた仕事こそ天職につながっているという考え方も正しいだろう。
それなら篠原涼子にとって女優は天職なのかもしれない。

彼女の所属した東京パフォーマンスドール(TPD)のアルバムを最近聴いて思ったが、彼女の声が一番印象的で目立っていた。彼女の魅力は、ちょっと鼻にかかったその声に負うところも大きいのでは、と思った。
「HR」で彼女演じる淡島さんが「男の人は女の鼻声に弱い」とレクチャーしていたことをふと思い出した。
そういえば「ぼくの魔法使い」での彼女演じる「るみたん」も、鼻にかかった声で「みったん」に甘えまくっている。

そうか、三谷幸喜も宮藤官九郎も、その「鼻声」に魅力を感じたのだな。
天賦の才能「鼻声」を武器に天職・女優への階段を駆け上る彼女の姿を、これからもブラウン管で何度も見る事になるんだろうね。

(2003/5/6公開 (あし)

このコラムに関する感想、ご意見などをお寄せ下さい。

※送っていただいたメッセージはホームページ上に掲載させていただく場合がありますので、おなまえは掲載されてもいい名前(ペンネームなど)でお願いします。e-mailは公開しません。

みなさんのレスポンスがRGS680サイトを作る原動力になります。
是非ともよろしくお願いしマンモス。

おなまえ:
e-mail:
メッセージ:
 


▲このページの先頭へ
[→RGS680 TOP]

(c) RGS680 Mail mailto:info@rgs680.com RGS680のTOPへ