RGS680のTOPへ
TVっ子BANZAI
ロイヤルガーデンサラダはテレビっ子
TVに関してのいろんなコーナーを考えたりしてるんだけど、
肩の力の抜けたコラムっぽいのもあってもいいんじゃないの、
と思って作ってみた。
 
■■リスト■■
主夫という言葉を定着させると同時に 奥さん、旦那さんという呼び方を変えてみない?
■ジャパニメーションを語る前に 「モンキーターン」をまず見よ
■マンハッタンのスモーカー赤羽ちゃんは 愛煙家のカリスマとなるのか?
■タトゥー騒動に子役の仕込み発覚 それでも平気な司会者タモリの長所とは
■今お笑い界を牽引するのはフジでも日テレでもなくNHK!?
■やっぱり生で見たかったEPIC25記念ライブがNHKで放送
■80年代アイドルファンはとにかく必見な番組を発見
■人気脚本家もお気に入り? 元TPD女優の魅力とは
■今更ながらでありますが クレヨンしんちゃんを援護せよ
■ちゅらさんといえば 遙ちゃんのこの名台詞
■子供の心で四十代 マイケルの真実はいかに
■あなたならどうする? 余命あとわずかな主人公たち
■さよならは言わないよ 再放送でまた会おうねどれみちゃん
■設定ってのは大事なのです カードデッキでライダー変身
■年末年始に2女優を見る。
■2002年印象に残った番組 ベスト2(2かよ←三村風)
■末は家元か大女優か? 最近注目・第二のナカジマトモコ
■ドラえもんリニューアル 不評の噂を探る
■野球放送延長と連続ドラマ
■ソンミとヨンミ 紛らわしいって
■さ〜て来週のリフォームは とは言いません
■アニメは進化する フルCG&フラッシュ
■頑張れひばり息子 加藤和也は31歳社長
■逆仮面ライダー商法? イケメンお料理番組
■月曜日は正解発表!? 毎週楽しみだったさくら先生の英単語

■主夫という言葉を定着させると同時に
奥さん、旦那さんという呼び方を変えてみない?

アットホーム・ダッド
フジテレビ系 火曜よる10時〜
http://www.ktv.co.jp/dad/

あなたは自分の夫、あるいは妻を何と呼んでいるだろうか? みったん? るみたん? いや、お互いをでなくて、人に話すとき。「うちの主人が…」とか「うちのヨメが…」とかいうやつ。
私は長年この呼び方に悩んでいるのだが、ベストマッチな呼び方にまだ出会えずにいる。今のところ理想は「つれあい」だが、これはちょっと恥ずかしいので、「妻」という呼び方で通している。
なぜそんなことにこだわっているのかというと、主人、旦那(さん)、奥さん、家内、といった呼び方に違和感があるからだ。これらの呼び名って、男女差別というか男女の役割分担を決めつけているニオイを感じない? 奥さんってのも、家の奥にいる=家事をやってるってイメージにつながるし。

先週始まったドラマ「アットホーム・ダッド」では二組の逆転夫婦が登場する。妻が外で働き、夫は家事全般をする「専業主夫(=アットホーム・ダッド)」という夫婦を描くわけだ。
そうなってくると、外で働く妻が「主人」で、夫が「奥さん」だと思わない? ということで、そもそも役割分担を連想させるような呼び名は、再考する時期に来ているのではないだろうかと私は思う。

ところで、世の中主婦志望の女性もいれば、主夫志望の男性もいるだろう。そこで、働きたい男性と主婦志望の女性、働きたい女性と主婦志望の男性とをうまくマッチングできれば、結婚率も上がり、晩婚化、少子化に歯止めをかけることができるのでは、と思うのだがどうだろう? それにはまず、主婦・主夫を立派な職業として認めると共に、主夫を社会で認め、偏見をなくすことが第一歩だと思う。「アットホーム・ダッド」はその一助になるべく可能性のあるドラマだと思うので、注目したいと思っている。

雨上がり宮迫&オセロ中島知子イラスト

ドラマは今後、主夫を始めた夫・阿部寛は家事に意欲や情熱を感じ始め、外で働き始めた妻・篠原涼子は仕事に生きがいを見いだし、女としての輝きを取り戻していく、という展開になるようだ。うーん、妻は専業主婦では輝けないのだろうか? 結局最後は妻は家庭に戻るのか? 主婦の女性も働いている女性も納得いくような結末は描けるのかに、期待したい。

さて、このドラマで主夫という言葉はぐっと身近になるかもしれないが、奥さん・旦那さんに変わる言葉もついでに提示してもらえるとうれしいと思う私である。

(2004/04/20公開 (あし)


このコラムに関する感想、ご意見などをお寄せ下さい。

※送っていただいたメッセージはホームページ上に掲載させていただく場合がありますので、おなまえは掲載されてもいい名前(ペンネームなど)でお願いします。e-mailは公開しません。

みなさんのレスポンスがRGS680サイトを作る原動力になります。
是非ともよろしくお願いしマンモス。

おなまえ:
e-mail:
メッセージ:
 


▲このページの先頭へ
[→RGS680 TOP]

(c) RGS680 Mail mailto:info@rgs680.com RGS680のTOPへ