RGS680のTOPへ
TVっ子BANZAI
ロイヤルガーデンサラダはテレビっ子
TVに関してのいろんなコーナーを考えたりしてるんだけど、
肩の力の抜けたコラムっぽいのもあってもいいんじゃないの、
と思って作ってみた。
 
■■リスト■■
主夫という言葉を定着させると同時に 奥さん、旦那さんという呼び方を変えてみない?
■ジャパニメーションを語る前に 「モンキーターン」をまず見よ
■マンハッタンのスモーカー赤羽ちゃんは 愛煙家のカリスマとなるのか?
■タトゥー騒動に子役の仕込み発覚 それでも平気な司会者タモリの長所とは
■今お笑い界を牽引するのはフジでも日テレでもなくNHK!?
■やっぱり生で見たかったEPIC25記念ライブがNHKで放送
■80年代アイドルファンはとにかく必見な番組を発見
■人気脚本家もお気に入り? 元TPD女優の魅力とは
■今更ながらでありますが クレヨンしんちゃんを援護せよ
■ちゅらさんといえば 遙ちゃんのこの名台詞
■子供の心で四十代 マイケルの真実はいかに
■あなたならどうする? 余命あとわずかな主人公たち
■さよならは言わないよ 再放送でまた会おうねどれみちゃん
■設定ってのは大事なのです カードデッキでライダー変身
■年末年始に2女優を見る。
■2002年印象に残った番組 ベスト2(2かよ←三村風)
■末は家元か大女優か? 最近注目・第二のナカジマトモコ
■ドラえもんリニューアル 不評の噂を探る
■野球放送延長と連続ドラマ
■ソンミとヨンミ 紛らわしいって
■さ〜て来週のリフォームは とは言いません
■アニメは進化する フルCG&フラッシュ
■頑張れひばり息子 加藤和也は31歳社長
■逆仮面ライダー商法? イケメンお料理番組
■月曜日は正解発表!? 毎週楽しみだったさくら先生の英単語

■ジャパニメーションを語る前に
「モンキーターン」をまず見よ

モンキーターン
テレビ東京系 土曜深夜0:55〜1:25
http://www.tv-tokyo.co.jp/anime/monkeyturn/
http://www.vap.co.jp/monkey/

あなたは「モンキーターン」をご存知だろうか? そう、かる〜いおせんべいをやさしい甘さで味付けしたお菓子ね、ってそれは亀田製菓のハッピーターンだ。
ここで述べたい「モンキーターン」とは、テレビ東京系で土曜深夜に放送しているアニメ番組のことである。少年サンデーに連載されている同名の漫画が原作のこのアニメ、いわゆるスポーツモノなのだが、舞台となる競技はなんと競艇という異色の作品なのだ。

競艇には全く興味のなかった私であるが、この番組のCMを見たときには驚いた。水しぶきを上げて走るモーターボートのリアルさ、それでいてCGクサくなく「アニメの絵」に仕上がっている。
そう、見る人が見れば分かると思うが、コンピュータで3DCGとして作ったモーターボート(+乗ってる人)を、他のシーンと違和感ないように、輪郭線があって簡単な影がついているような「アニメの絵」のように生成しているのだ。いわゆるトゥーン(セル)シェーディング(TVっ子BANZAI第4回を参照)というやつ。
この映像にショックを受けた私は、第一回の放送を見てみた。迫力あるレースシーンは、「そこだけCGです」というような浮いた存在にはならずに、しかし手書きでは表現できないリアルさと存在感を持って展開している。こんなクオリティのレースシーンを毎週のアニメで制作できるの? と心配してみたが、たまに見ると(毎週見てやれよ)やっぱりレースシーンをやっている。CGだから楽な面もあるにしても、毎週このクオリティのレースシーンを作り上げるスタッフの苦労は並々ならぬものがあるだろう。

モンキーターンイラスト

ところで、最近ジャパニメーションが話題だ。押井守「イノセンス」、大友克洋「スチームボーイ」、宮崎駿「ハウルの動く城」といった話題作が立て続けに公開される。これらのアニメはCGをふんだんに使っており、その映像はハリウッドからも注目されていると言われる。しかし、世界に認められた日本のアニメの基盤はやはり毎週放送されるTVアニメだろう。「スチームボーイ」みたいに制作期間9年、総制作費24億円もかけた作品もいいが、毎週毎週時間に追われながら、必死の思いで生み出されているTVアニメにも、もっと陽の目をあてるべきだろう。

「モンキーターン」、ハッピーターンのように軽いものだと思って見たら、ヤケドするよ(なぜか銭形愛風)。

(2004/04/10公開 (あし)


このコラムに関する感想、ご意見などをお寄せ下さい。

※送っていただいたメッセージはホームページ上に掲載させていただく場合がありますので、おなまえは掲載されてもいい名前(ペンネームなど)でお願いします。e-mailは公開しません。

みなさんのレスポンスがRGS680サイトを作る原動力になります。
是非ともよろしくお願いしマンモス。

おなまえ:
e-mail:
メッセージ:
 


▲このページの先頭へ
[→RGS680 TOP]

(c) RGS680 Mail mailto:info@rgs680.com RGS680のTOPへ