RGS680のTOPへ

特別企画千葉美加復活記念 原点回帰のアイドルたち


[→RGS680 TOP]

■なつかしのアイドルラブ&レビューのバックナンバーは以下より
■情熱のささやき(小高恵美)
■禁断のテレパシー(工藤静香)
■かしこ(うしろゆびさされ組)
■星屑のイノセンス(伊藤かずえ)
■少女・熱風・天然色(石田ひかり)
■天気予報はI Luv U(森尾由美)
■Follow me(沢口靖子)
■雨のチャペル通り(石野陽子)
■サクラが咲いた(西村知美)
■いちごがポロリ(本田理沙)
■ロコモーション・ドリーム(田村英里子)
■眠れぬ森の美女(高岡早紀)
■スウィート・チェリーパイ(北原佐和子)
■風のプリマドンナ(宇沙美ゆかり)
■プロフィール(倉沢淳美)
■涙をたばねて(小川範子)
■青い制服(国実百合)
■異性(速水昌未)
■妖精ポピンズ(ポピンズ)
■Get a Chance!(BaBe)
■男のコになりたい(酒井法子)
■とまどい(吉田真里子)
■曇り、のち晴れ(志村香)
■SAYONARA(八木さおり)
■恋のピー・カー・ブー(島崎和歌子)
■秋のindication(南野陽子)
■初恋進化論(藤井一子)
■時代よ変われ(つみきみほ)
■飛んで火にいる恋の虫(松本友里)
■アドベンチャー・ドリーム(アイドル夢工場)
■麦わらでダンス(生稲晃子)
■応援してるからね(藤谷美紀)
■ドリーム ラッシュ(宮沢りえ)
■硝子のキッス(姫乃樹リカ)
■風のInvitation(福永恵規)
■好きと言いなさい(本田美奈子)
■あいつ(白田あゆみ)
■失恋ライブラリー(紘川 淳)
■愛を今信じていたい(堀ちえみ)
■やったね!春だね!!(ソフトクリーム)
■卒業 GRADUATION(菊池桃子)
■卒業(斉藤由貴)
■レースのカーディガン(坂上香織)
■エスケイプ!(五十嵐いづみ)
■NEW SEASON(森高千里)
■好きさ!(仲村知夏)
■水の星へ愛をこめて(森口博子)
■ヤッパシ…H!(浅香唯)
■冬のオペラグラス(新田恵利)
■クリスマスには間に合わせたい(小沢なつき)
■BRAND-NEW TOMORROW(千葉美加)
■小娘ハートブレイク(伊藤美紀)
■キミはどんとくらい(立花理佐)
■愛って林檎ですか(岡本舞子)
■春休み(水谷麻里)
■トキメキがいたくて(伊藤智恵理)
■太陽を抱きしめろ(セイントフォー)
■好き・嫌い(麻田華子)
■ほんとのキスをお返しに(藤原理恵)

●アイドルミラクルバイブルシリーズ発売記念
■アイドルミラクルバイブルシリーズ発売記念イベントレポート
■アイドルミラクル対談

●アイドル関連特別企画
■原点回帰のアイドルたち
■聖子の娘に人生を教わる
■680(ロバヲ)登場


寝耳に水な千葉美加復活のニュース

「千葉美加が芸能界復帰するらしい。」

あまりに寝耳に水なそのセリフは天の声だったのか、それとも妻の言葉だったのか。

「テレビ東京の特撮番組に出るらしい、詳しくはホームページまで。」

もしかしたら千葉麗子の聞き間違い? 彼女なら最近「ロンロバ」にも出てたし、特撮ヒロイン出身者だし。とにかくホームページを見てみる。特撮だけどアニメのコーナーにあったその番組は「超星神グランセイザー」。そのビジュアルを見て、全てが理解できた気がした。「サイバーコップそっくりじゃん。」

千葉美加とグランセイザー

千葉美加は1986年のホリプロ・タレント・スカウト・キャラバンのヴォーカリスト賞として芸能界入り。1988年「電脳警察サイバーコップ」に上杉智子役で出演。同番組のエンディングテーマ「シューティング・スター」でプレデビュー。1989年5月21日「BRAND-NEW TOMORROW」[→レビュー]でCBSソニー(現ソニーレコード)より待望のデビュー。ミュージシャンでありアイドルという独自のポジションからミュードルと形容される(ミューにはミュータントの意味もあり)。ボーカリストとしての評価は高かったのだが、時代の流れに乗れずヒットに恵まれる事はなかった。
その後所属事務所ホリプロの戦略もあり、台湾でのデビューなどアジアで活躍。もっとも、どの程度の人気だったのかなどはよく分からない。1999年に引退したと言われていた。

そんな千葉美加であるが、10月4日(土)朝9:00スタートの「超星神グランセイザー」の出演者として載っているではないか。謎の科学者・佐伯カリン役。小さいが現在のものと思われる写真も載っている。
「電脳警察サイバーコップ」のシリーズ監修と監督をつとめた村石宏實が監督なので、そのつながりでの出演なのだろう。
造形、デザインのスタッフも「サイバーコップ」に関わった人たちらしいというのは、グランセイザーたちのデザインを見れば納得のいくところ。

たぶん歌手指向の強かった千葉美加本人は、そんなに望んでの出演というわけでもなかったであろう「電脳警察サイバーコップ」。しかし、そこでの頑張りが今回の復帰に繋がったと考えると、感慨深い。
本人には不本意かもしれないが、芸能人としての千葉美加の原点はやはり「電脳警察サイバーコップ」での上杉役だと言える。そんな意味では原点に立ち返ったとも考えられる今回の「グランセイザー」出演。楽しんで演じて今後のステップにしてもらいたいと思う。

なお、特撮つながりの復活劇(?)としては、「電脳警察サイバーコップ」でビーストマスター・ルナを演じた武田雅子が、「七星闘神ガイファード」(1996年4月〜1996年9月)で、悪の華・紫苑 恵役で好演した、という前例もあるようだ。

そんなわけで、今回はあと二人、原点回帰したアイドル(アーティスト)について語ってみたい。

クリィミーマミと折り合いをつけた? 太田貴子

まずは太田貴子。
アニメ「魔法の天使クリィミーマミ」の主人公・森沢優とクリィーミーマミ(優が魔法で変身)の二役で声優としてデビューした彼女。劇中のクリィミーマミがアイドルという設定もあって、クリィミーマミの持ち歌を太田貴子名義で歌うという異色の形でレコードデビューしている。

太田貴子とクリィミーマミ

はっきり言って太田貴子を知っているほとんどの世間の人の認識は、クリィミーマミの人ね、というくらいだろう。実際彼女が表舞台で活躍したのはクリィミーマミが放送された1983年から1984年くらいまでだろう。

しかし彼女は、世間が持つ太田貴子=クリィミーマミというイメージを払拭すべく、アーティストとして努力を続けていた。クリィミーマミの楽曲には名曲が多く、番組自体の人気も高かったため、世間が彼女をマミとして見るのはしかたがなかったのかもしれない。しかしそれが彼女を苦しめる事になったことも事実だろう。
ある意味、彼女のアーティスト活動はクリィミーマミファンを切り捨てていく事だったようにも感じる。ロック色の強い曲を歌い、小さなライブハウスでライブをする。そんな地道な活動は、アイドルとしてちやほやされた時期も経験している彼女としては、複雑な心境でのものだったかもしれない。そして志半ば1994年にはひっそりと引退宣言をしている。

しかし、そんな彼女は1998年7月のぴえろ20周年記念ファン感謝祭にゲスト出演して、芸能界復帰宣言をしたというのだ。ぴえろとは、クリィミーマミを作ったアニメ制作会社。その後、クリィミーマミのLDボックス用に新曲を歌ったり、パソコン用のクリィミーマミの占いソフトに声優として参加するなど、マミとしての活動に精力的に取り組んでいたようだ。きっと年齢を重ね、マミとしての自分が期待されているのなら、マミを演じることもいいかな、と思えるようになったのではないかと推測する。

現在三人目の子供の出産のため活動休止中の彼女。2003年8月に行われたぴえろの25周年記念イベント「ぴえろアニメワールド2003」にはビデオメッセージで出演している。
出産を終えたら活動再開すると言っているようで、クリィミーマミともうまく折り合いをつけたであろう彼女の今後の活動に期待したい。

[→太田貴子公式ホームページ「なちゅらる in The Box」]

(2003/9/13公開(あし)
▲このページの先頭へ
[→RGS680 TOP]

(c) RGS680 Mail mailto:info@rgs680.com RGS680のTOPへ