RGS680のTOPへ
なつかしのアイドルラブラブレビュー
あのころアイドルといえばアイドル歌手だった。
彼女たちの歌は、上手くはなくても味があった。
華やかさやきらめき、トキメキがあった。
主に80年代のアイドルからオススメシングル曲を
思い入れ込めて紹介しちゃいます。(あし)

■■リスト■■
■情熱のささやき(小高恵美)
■禁断のテレパシー(工藤静香)
■かしこ(うしろゆびさされ組)
■星屑のイノセンス(伊藤かずえ)
■少女・熱風・天然色(石田ひかり)
■天気予報はI Luv U(森尾由美)
■Follow me(沢口靖子)
■雨のチャペル通り(石野陽子)
■サクラが咲いた(西村知美)
■いちごがポロリ(本田理沙)
■ロコモーション・ドリーム(田村英里子)
■眠れぬ森の美女(高岡早紀)
■スウィート・チェリーパイ(北原佐和子)
■風のプリマドンナ(宇沙美ゆかり)
■プロフィール(倉沢淳美)
■涙をたばねて(小川範子)
■青い制服(国実百合)
■異性(速水昌未)
■妖精ポピンズ(ポピンズ)
■Get a Chance!(BaBe)
■男のコになりたい(酒井法子)
■とまどい(吉田真里子)
■曇り、のち晴れ(志村香)
■SAYONARA(八木さおり)
■恋のピー・カー・ブー(島崎和歌子)
■秋のindication(南野陽子)
■初恋進化論(藤井一子)
■時代よ変われ(つみきみほ)
■飛んで火にいる恋の虫(松本友里)
■アドベンチャー・ドリーム(アイドル夢工場)
■麦わらでダンス(生稲晃子)
■応援してるからね(藤谷美紀)
■ドリーム ラッシュ(宮沢りえ)
■硝子のキッス(姫乃樹リカ)
■風のInvitation(福永恵規)
■好きと言いなさい(本田美奈子)
■あいつ(白田あゆみ)
■失恋ライブラリー(紘川 淳)
■愛を今信じていたい(堀ちえみ)
■やったね!春だね!!(ソフトクリーム)
■卒業 GRADUATION(菊池桃子)
■卒業(斉藤由貴)
■レースのカーディガン(坂上香織)
■エスケイプ!(五十嵐いづみ)
■NEW SEASON(森高千里)
■好きさ!(仲村知夏)
■水の星へ愛をこめて(森口博子)
■ヤッパシ…H!(浅香唯)
■冬のオペラグラス(新田恵利)
■クリスマスには間に合わせたい(小沢なつき)
■BRAND-NEW TOMORROW(千葉美加)
■小娘ハートブレイク(伊藤美紀)
■キミはどんとくらい(立花理佐)
■愛って林檎ですか(岡本舞子)
■春休み(水谷麻里)
■トキメキがいたくて(伊藤智恵理)
■太陽を抱きしめろ(セイントフォー)
■好き・嫌い(麻田華子)
■ほんとのキスをお返しに(藤原理恵)

●アイドルミラクルバイブルシリーズ発売記念
■アイドルミラクルバイブルシリーズ発売記念イベントレポート
■アイドルミラクル対談

●アイドル関連特別企画
■原点回帰のアイドルたち
■聖子の娘に人生を教わる
■680(ロバヲ)登場

●第三十九回「男のコになりたい」(酒井法子)

「男のコになりたい」ジャケット 男のコになりたい
酒井法子
1987.2.5 VICTOR
作詞:三浦徳子 作曲:Frankie T. 編曲:萩田光雄

 ラブラブレビュー

やっピー。酒井法子です。のりピーです。

ところで、「ドラえもん」を「ドラエモン」と書いたり、「おニャン子クラブ」を「オニャン子クラブ」とか「夕やけニャンニャン」を「夕焼けニャンニャン」とか間違った表記をして平気な人が世の中にはいるが、私はそういうのがすごーく気になる。
そんなわけで、酒井法子は「ノリピー」じゃなく「のりピー」なので、みなさん間違いのないように。そして、この曲のタイトルは「男の子になりたい」ではなく、「男のコになりたい」だ。

なお、酒井法子が自分のことを呼ぶ一人称が「のりっぺ」、人が彼女を呼ぶ二人称が「のりピー」だそうだ。

ちなみにGoogleでの検索結果
ノリピー 4,010件
のりピー 5,060件
かろうじて正しい表記の勝利。

そんな、のりピーこと酒井法子のデビューシングルが「男のコになりたい」。元気ではつらつというイメージをウリにしていた彼女らしい、ポップではじけるような曲だ。
シンセサウンドでにぎやかなこの曲を、肩をいからせながら必死に歌う彼女の姿はけなげなものがあった。とはいえもちろん楽しそうに歌っているわけだが、歌わされてる/踊らされてる感をそこはかとなく漂わせているところにもまた、そそられるところがあったのだ。

酒井法子イラスト

ショートカットだし、ボーイッシュな感じをウリにして、男の子っぽい路線の曲なのかなと当時タイトルだけ聞いたときは思ったのだが、実際の歌詞は、非常に女の子っぽいものだった。
要は好きな男の子と「男同士のように語り合って、夢とか話して欲しい」から「男のコになりたい」という少女漫画的発想な曲。

まあ夢想するのは自由なのだが、男同士なんてくだらない話しかしてないって。「のりピーかわいいよねぇ」「ちゅーしたいよねぇ〜」とか。
なので、男の子になって、好きな人の事をもっと知りたい作戦は、絶対実行しない方がいいと思う。いや、できないけど。

なので深読みすると、この歌詞は、「男の子になって彼の事をもっと知りたいとまで思っている私ってかわいい」というような、「恋する自分が好き」に繋がるのかも、と思った。
そしてそれは、「なんだかんだいって、自分のことかわいいと思ってるんでしょ、自分のこと好きなんでしょ」というアイドルに向けられる世間(まあ主に若い女性ですわな)のやっかみに対して、先制攻撃してるのかも、とか思うのは深読みしすぎですね。

たぶん当時は、のりピー好きって女性より、嫌いって女性の方が多かったと思う。しかし、今やすっかり同性に好かれるしっとり系のタレントに脱皮したよね。うまくこの手の転身ができたのって、酒井法子と菊池桃子が筆頭だと私は思う。

なにはともあれ、はじけまくったこの曲は、のりピーの名刺代わりの一曲目としては見事といえる出来映えでしょう。で、歌がまたうまいんだ。一本調子にならないように強弱付けてるし。やはりただものではないです、酒井法子。

 気になるフレーズ

♪Sweet Couple Pi/Pi/ Woo be popple Pi/Pi/
 Sweet Couple Pi/Pi/ Woo be popple Pi/Pi/

言葉に意味なんてないけど、このフレーズがやっぱりこの曲のキモでしょう。何度かこのコーナーで書いてますが、パ行の言葉はポップですよね。「ピッピッ」と指を突き出すのりピーの振りは、めんこらピー(かわいい、同義語・プリピー)。

 豆知識

酒井法子は、この曲でCDデビューする前に、世界初のVHDデビューを1986年11月21日にはたしている。ちなみにVHDとは、いわゆる「絵の出るレコード」としてレーザーディスクと対抗していた映像再生のためのディスク(録画はできません)。

 関連URL

(2003/11/15公開 (あし)


このレビューに関する感想、ご意見などをお寄せ下さい。

※送っていただいたメッセージはホームページ上に掲載させていただく場合がありますので、おなまえは掲載されてもいい名前(ペンネームなど)でお願いします。e-mailは公開しません。

みなさんのレスポンスがRGS680サイトを作る原動力になります。
是非ともよろしくお願いしマンモス。

おなまえ:
e-mail:
メッセージ:
 

▲このページの先頭へ
[→RGS680 TOP]

(c) RGS680 Mail mailto:info@rgs680.com RGS680のTOPへ