RGS680のTOPへ
なつかしのアイドルラブラブレビュー
あのころアイドルといえばアイドル歌手だった。
彼女たちの歌は、上手くはなくても味があった。
華やかさやきらめき、トキメキがあった。
主に80年代のアイドルからオススメシングル曲を
思い入れ込めて紹介しちゃいます。(あし)

■■リスト■■
■情熱のささやき(小高恵美)
■禁断のテレパシー(工藤静香)
■かしこ(うしろゆびさされ組)
■星屑のイノセンス(伊藤かずえ)
■少女・熱風・天然色(石田ひかり)
■天気予報はI Luv U(森尾由美)
■Follow me(沢口靖子)
■雨のチャペル通り(石野陽子)
■サクラが咲いた(西村知美)
■いちごがポロリ(本田理沙)
■ロコモーション・ドリーム(田村英里子)
■眠れぬ森の美女(高岡早紀)
■スウィート・チェリーパイ(北原佐和子)
■風のプリマドンナ(宇沙美ゆかり)
■プロフィール(倉沢淳美)
■涙をたばねて(小川範子)
■青い制服(国実百合)
■異性(速水昌未)
■妖精ポピンズ(ポピンズ)
■Get a Chance!(BaBe)
■男のコになりたい(酒井法子)
■とまどい(吉田真里子)
■曇り、のち晴れ(志村香)
■SAYONARA(八木さおり)
■恋のピー・カー・ブー(島崎和歌子)
■秋のindication(南野陽子)
■初恋進化論(藤井一子)
■時代よ変われ(つみきみほ)
■飛んで火にいる恋の虫(松本友里)
■アドベンチャー・ドリーム(アイドル夢工場)
■麦わらでダンス(生稲晃子)
■応援してるからね(藤谷美紀)
■ドリーム ラッシュ(宮沢りえ)
■硝子のキッス(姫乃樹リカ)
■風のInvitation(福永恵規)
■好きと言いなさい(本田美奈子)
■あいつ(白田あゆみ)
■失恋ライブラリー(紘川 淳)
■愛を今信じていたい(堀ちえみ)
■やったね!春だね!!(ソフトクリーム)
■卒業 GRADUATION(菊池桃子)
■卒業(斉藤由貴)
■レースのカーディガン(坂上香織)
■エスケイプ!(五十嵐いづみ)
■NEW SEASON(森高千里)
■好きさ!(仲村知夏)
■水の星へ愛をこめて(森口博子)
■ヤッパシ…H!(浅香唯)
■冬のオペラグラス(新田恵利)
■クリスマスには間に合わせたい(小沢なつき)
■BRAND-NEW TOMORROW(千葉美加)
■小娘ハートブレイク(伊藤美紀)
■キミはどんとくらい(立花理佐)
■愛って林檎ですか(岡本舞子)
■春休み(水谷麻里)
■トキメキがいたくて(伊藤智恵理)
■太陽を抱きしめろ(セイントフォー)
■好き・嫌い(麻田華子)
■ほんとのキスをお返しに(藤原理恵)

●アイドルミラクルバイブルシリーズ発売記念
■アイドルミラクルバイブルシリーズ発売記念イベントレポート
■アイドルミラクル対談

●アイドル関連特別企画
■原点回帰のアイドルたち
■聖子の娘に人生を教わる
■680(ロバヲ)登場


●第十八回「卒業」(斉藤由貴)

「卒業」ジャケット 卒業
斉藤由貴
1985.02.21発売 CANYON
作詞:松本隆 作曲:筒美京平 編曲:武部聡志

 ラブラブレビュー

松本隆作詞、「都会に旅立つ彼、田舎に残される彼女」というシチュエーションの名曲は、前回紹介した「レースのカーディガン」、「木綿のハンカチーフ」の他にもある。
松田聖子の「制服」(「赤いスイートピー」B面)、そして今回紹介する斉藤由貴「卒業」だ。

しかしこの曲の主人公の女の子、やけに悟りきっている。純情な感じでいながら、結構醒めた視点が感じられる。

離れても電話するよと 小指差し出して言うけど
守れそうにない約束は しない方がいい ごめんね

ああ 卒業しても友だちね それは嘘では無いけれど
でも 過ぎる季節に流されて 逢えないことも知っている

せつない、けれどもこの女の子は強い。

だけど東京で変ってく あなたの未来は縛れない

女性が「すべてを分かって」しまったら、男の方が弱く、なさけない存在なのは当然だろう。そして、今がそんな時代なことはみんな心当たりはあると思う。
でもこの曲、インテリぶった女の子の諦念の曲、という感じに仕上がっているわけではない。ほんわかとしたアレンジとボーカルにより、詞の醒めた感じはかなり和らいでいる。

斉藤さん


知的でありながら、ほんわかとしていて、ちょっと浮世離れしている、そんな斉藤由貴の魅力とこの曲の魅力とはイコールなのかもしれない。

※CD世代の人は知らないかもしれないが、「シングルレコード」は片面1曲収録されていて、聴くごとにひっくり返さなくてはいけなかったのだ。メインの曲がA面、おまけがB面といったイメージだったが、B面は実験的な作品も多く、隠れた名曲がB面から多く生まれた。

 気になるフレーズ

♪駅までの遠い道のりを はじめて黙って歩いたね
 反対のホームに 立つ二人 時の電車がいま引き裂いた

映画のワンシーンのような印象的なフレーズ。
もちろん「時」が二人を引き裂く(ことになる)ということを暗に示したメタファーでもあるわけだね。

 豆知識

松下萌子がこの曲をカバーしたマキシシングルが2002年2/14発売され、多少話題になった。乙葉もアルバム「OtohaCD Volume.1」でカバーしている。

 関連URL

・所属事務所ページ内のプロフィール
 http://www.toho-ent.com/talent/saito/saito.html
・松下萌子 discography
 http://www.oscarpro.co.jp/talent/matsushita/index02.html
・ワーナーミュージックの乙葉のページ(音が鳴るので注意)
 http://www.warnermusic.co.jp/otoha/

(2003/3/8公開 (あし)


このレビューに関する感想、ご意見などをお寄せ下さい。

※送っていただいたメッセージはホームページ上に掲載させていただく場合がありますので、おなまえは掲載されてもいい名前(ペンネームなど)でお願いします。e-mailは公開しません。

みなさんのレスポンスがRGS680サイトを作る原動力になります。
是非ともよろしくお願いしマンモス。

おなまえ:
e-mail:
メッセージ:
 

▲このページの先頭へ
[→RGS680 TOP]

(c) RGS680 Mail mailto:info@rgs680.com RGS680のTOPへ