RGS680のTOPへ
なつかしのアイドルラブラブレビュー
あのころアイドルといえばアイドル歌手だった。
彼女たちの歌は、上手くはなくても味があった。
華やかさやきらめき、トキメキがあった。
主に80年代のアイドルからオススメシングル曲を
思い入れ込めて紹介しちゃいます。(あし)

■■リスト■■
■情熱のささやき(小高恵美)
■禁断のテレパシー(工藤静香)
■かしこ(うしろゆびさされ組)
■星屑のイノセンス(伊藤かずえ)
■少女・熱風・天然色(石田ひかり)
■天気予報はI Luv U(森尾由美)
■Follow me(沢口靖子)
■雨のチャペル通り(石野陽子)
■サクラが咲いた(西村知美)
■いちごがポロリ(本田理沙)
■ロコモーション・ドリーム(田村英里子)
■眠れぬ森の美女(高岡早紀)
■スウィート・チェリーパイ(北原佐和子)
■風のプリマドンナ(宇沙美ゆかり)
■プロフィール(倉沢淳美)
■涙をたばねて(小川範子)
■青い制服(国実百合)
■異性(速水昌未)
■妖精ポピンズ(ポピンズ)
■Get a Chance!(BaBe)
■男のコになりたい(酒井法子)
■とまどい(吉田真里子)
■曇り、のち晴れ(志村香)
■SAYONARA(八木さおり)
■恋のピー・カー・ブー(島崎和歌子)
■秋のindication(南野陽子)
■初恋進化論(藤井一子)
■時代よ変われ(つみきみほ)
■飛んで火にいる恋の虫(松本友里)
■アドベンチャー・ドリーム(アイドル夢工場)
■麦わらでダンス(生稲晃子)
■応援してるからね(藤谷美紀)
■ドリーム ラッシュ(宮沢りえ)
■硝子のキッス(姫乃樹リカ)
■風のInvitation(福永恵規)
■好きと言いなさい(本田美奈子)
■あいつ(白田あゆみ)
■失恋ライブラリー(紘川 淳)
■愛を今信じていたい(堀ちえみ)
■やったね!春だね!!(ソフトクリーム)
■卒業 GRADUATION(菊池桃子)
■卒業(斉藤由貴)
■レースのカーディガン(坂上香織)
■エスケイプ!(五十嵐いづみ)
■NEW SEASON(森高千里)
■好きさ!(仲村知夏)
■水の星へ愛をこめて(森口博子)
■ヤッパシ…H!(浅香唯)
■冬のオペラグラス(新田恵利)
■クリスマスには間に合わせたい(小沢なつき)
■BRAND-NEW TOMORROW(千葉美加)
■小娘ハートブレイク(伊藤美紀)
■キミはどんとくらい(立花理佐)
■愛って林檎ですか(岡本舞子)
■春休み(水谷麻里)
■トキメキがいたくて(伊藤智恵理)
■太陽を抱きしめろ(セイントフォー)
■好き・嫌い(麻田華子)
■ほんとのキスをお返しに(藤原理恵)

●アイドルミラクルバイブルシリーズ発売記念
■アイドルミラクルバイブルシリーズ発売記念イベントレポート
■アイドルミラクル対談

●アイドル関連特別企画
■原点回帰のアイドルたち
■聖子の娘に人生を教わる
■680(ロバヲ)登場


●第二十四回「好きと言いなさい」(本田美奈子)

「好きと言いなさい」ジャケット 好きと言いなさい
本田美奈子
1985.7.20 東芝EMI
作詞:売野雅勇 作曲:筒美京平 編曲:船山基紀
本田美奈子 - TWIN BEST: 本田美奈子 - 好きと言いなさい

 ラブラブレビュー

Rolling stone gathers no moss.
「ころがる石には苔(コケ)がはえない」ということで「活動的な人は常に新鮮さを保つ」という意味の英語のことわざだ。
もっとも「ころがる石には苔のような貴重なものは生えない」という解釈もあり、「石の上にも三年」と同義に扱われることもある。

本田美奈子の芸能活動は、前者の意味でのRolling stone的だと言えるだろう。
いくどもの転機を迎え、そしてその度に彼女は自分の殻を破り成長していった。
和製マドンナへの路線変更、世界へ向けて英語詞でのアルバム作成、ロックバンド活動、そしてミュージカル女優としての活躍と、彼女の成長の過程はその度に世の人々を驚かせた。もちろん好意的な捉えられ方ばかりではなかっただろう。あるいは彼女自身の希望ではない事もあったかもしれないし、回り道もあったに違いない。
しかし、同時期に歌の世界で活躍していたアイドル達が、ドラマやバラエティなどに活動の中心を移さなければならなかった中、今でも歌の世界にしっかり軸足を置いている彼女に、私は最大限の敬意を払いたい。

定番替え歌

そんな本田美奈子の2ndシングルが「好きと言いなさい」。
デビュー曲候補だったのだがあまりの出来のよさにとっておいた曲と言われている。あるいは歌唱力をアピールするため、あえて毛色の変わったマイナー調の「殺意のバカンス」(タイトルからしてアイドルソングっぽくないね)をデビュー曲としてもってくるという戦略もあったのだろう。
しかしやはりアイドルポップスは明るくはじけてる方がいいよね、という私がおすすめしたいのは「好きと言いなさい」。
好きなのに自分からは好きと言えない、本気にさせて相手から好きと言わせよう、という強がりでちょっぴり背伸びした女の子を歌った曲
「いじめてあげる」と小悪魔的フレーズを明るく歌う彼女はキュートだった。「あなたから先に 好きだと言いなさい」なんて彼女に言われたら、照れちゃってTV画面を正視できないよ、なんてBOYSも続出していたはずだ。
彼女のシングルヒストリーの中でもこの曲だけブリブリのかわいいアイドルソングでちょっと異質であるのだが、アイドルポップスとしての評価は高い名曲。誰かカバーしても面白いと思うのだが…。

現在本田美奈子の歌声は、毎週日曜朝8:30(一部地域のぞく)に聴く事ができる。女の子向けアニメ「明日のナージャ」のオープニングテーマを歌っているのだ。これがまた名曲で、歌の上手さはさらに磨きがかかっている(アニメ主題歌向けの歌い方をしているみたいだけど)。そしてさらに、現在クラシック曲を歌ったアルバムの作成中なのだそうだ。
あいかわらず彼女は転がり続けているのだね。
まだ彼女にとっては世界のHONDAになるための道の途中なのだろう。

 気になるフレーズ

♪いじめてあげる Fu-Fu-Fu
 本気になったら負けそうだから

「いじめてあげる」という言葉はインパクトあるね。
「いじめてあげる」の後は「A-HA-HA」とか「Fu-Fu-Fu」と続くのもキュートさに拍車をかけている。
本田美奈子にならいじめられた〜いという男の子も多かったことだろう。

 豆知識

同時期に工藤夕貴がデビューしたため、本名の工藤美奈子から芸名にしたということから、デビュー時にはアイドルスター予備軍の一人に過ぎなかったことがうかがい知れる。
MAZDA(松田聖子)に対抗して世界のHONDA、という自動車会社にちなんでの命名というのもちょっといい話。

 関連URL

・本田美奈子のクラシックアルバムのプロデューサー岡野博行氏のサイト
 http://www.ne.jp/asahi/homepage/okano/
・「明日のナージャ」オフィシャルサイト
 http://www.asahi.co.jp/nadja/
・所属事務所サイトのプロフィール
 http://www.h4.dion.ne.jp/~alk/minako/profile.html

(2003/5/5公開(あし)


クラシックアルバム「アヴェ・マリア」発売記念インストアライブ(2003/6/14・新宿HMV)のレポートまんがを描きました。ぜひそちらも見て下さい。
2003年のマリリンのソプラノボイスを聴きに行く

(2003/7/2追記(あし)

このレビューに関する感想、ご意見などをお寄せ下さい。

※送っていただいたメッセージはホームページ上に掲載させていただく場合がありますので、おなまえは掲載されてもいい名前(ペンネームなど)でお願いします。e-mailは公開しません。

みなさんのレスポンスがRGS680サイトを作る原動力になります。
是非ともよろしくお願いしマンモス。

おなまえ:
e-mail:
メッセージ:
 

▲このページの先頭へ
[→RGS680 TOP]

(c) RGS680 Mail mailto:info@rgs680.com RGS680のTOPへ