RGS680のTOPへ
なつかしのアイドルラブラブレビュー
あのころアイドルといえばアイドル歌手だった。
彼女たちの歌は、上手くはなくても味があった。
華やかさやきらめき、トキメキがあった。
主に80年代のアイドルからオススメシングル曲を
思い入れ込めて紹介しちゃいます。(あし)

■■リスト■■
■情熱のささやき(小高恵美)
■禁断のテレパシー(工藤静香)
■かしこ(うしろゆびさされ組)
■星屑のイノセンス(伊藤かずえ)
■少女・熱風・天然色(石田ひかり)
■天気予報はI Luv U(森尾由美)
■Follow me(沢口靖子)
■雨のチャペル通り(石野陽子)
■サクラが咲いた(西村知美)
■いちごがポロリ(本田理沙)
■ロコモーション・ドリーム(田村英里子)
■眠れぬ森の美女(高岡早紀)
■スウィート・チェリーパイ(北原佐和子)
■風のプリマドンナ(宇沙美ゆかり)
■プロフィール(倉沢淳美)
■涙をたばねて(小川範子)
■青い制服(国実百合)
■異性(速水昌未)
■妖精ポピンズ(ポピンズ)
■Get a Chance!(BaBe)
■男のコになりたい(酒井法子)
■とまどい(吉田真里子)
■曇り、のち晴れ(志村香)
■SAYONARA(八木さおり)
■恋のピー・カー・ブー(島崎和歌子)
■秋のindication(南野陽子)
■初恋進化論(藤井一子)
■時代よ変われ(つみきみほ)
■飛んで火にいる恋の虫(松本友里)
■アドベンチャー・ドリーム(アイドル夢工場)
■麦わらでダンス(生稲晃子)
■応援してるからね(藤谷美紀)
■ドリーム ラッシュ(宮沢りえ)
■硝子のキッス(姫乃樹リカ)
■風のInvitation(福永恵規)
■好きと言いなさい(本田美奈子)
■あいつ(白田あゆみ)
■失恋ライブラリー(紘川 淳)
■愛を今信じていたい(堀ちえみ)
■やったね!春だね!!(ソフトクリーム)
■卒業 GRADUATION(菊池桃子)
■卒業(斉藤由貴)
■レースのカーディガン(坂上香織)
■エスケイプ!(五十嵐いづみ)
■NEW SEASON(森高千里)
■好きさ!(仲村知夏)
■水の星へ愛をこめて(森口博子)
■ヤッパシ…H!(浅香唯)
■冬のオペラグラス(新田恵利)
■クリスマスには間に合わせたい(小沢なつき)
■BRAND-NEW TOMORROW(千葉美加)
■小娘ハートブレイク(伊藤美紀)
■キミはどんとくらい(立花理佐)
■愛って林檎ですか(岡本舞子)
■春休み(水谷麻里)
■トキメキがいたくて(伊藤智恵理)
■太陽を抱きしめろ(セイントフォー)
■好き・嫌い(麻田華子)
■ほんとのキスをお返しに(藤原理恵)

●アイドルミラクルバイブルシリーズ発売記念
■アイドルミラクルバイブルシリーズ発売記念イベントレポート
■アイドルミラクル対談

●アイドル関連特別企画
■原点回帰のアイドルたち
■聖子の娘に人生を教わる
■680(ロバヲ)登場

●第五十回「いちごがポロリ」(本田理沙)

「いちごがポロリ」ジャケット いちごがポロリ
1988.10.21 CBS/SONY
作詞:阿久悠 作曲:NOBODY 編曲:船山基紀

 ラブラブレビュー

ジャネット・ジャクソンのポロリ事件が話題だ。これは時流に乗っかった方がいいだろうということで、今回は緊急に「いちごがポロリ」を取り上げることにした。

夕刊フジの記事で「ネットでポロリ検索が米史上最高に」というのがあったが、別にアメリカ人は「ポロリ」で検索しているわけではないだろうし、今ここで使っている「ポロリ」に相当する英語はないだろう。
この「ポロリ」という言葉、やはり「オールスター水泳大会」で使われたのが最初なんだろうな。まあ便利な言葉ではあるね。

で、本田理沙のセカンドシングル「いちごがポロリ」のポロリも、そういう意味でのポロリなのだ。なんともHなタイトルで、これはちょっと彼女もかわいそうだな、と当時の純真な私は思ったものだ。案の定、雑誌のインタビューでは「理沙ちゃんも実際にいちごがポロリの経験あるの?」みたいなこと聞かれまくってたようだし。まあそこは戦略か実話かは知らないが、「実はあります」みたいなことを答えていたようだけど。

本田理沙イラスト

そもそも本田理沙の歌手活動は何かズレていて、デビュー曲の「Lesson2」は時代錯誤なGS風サウンドに山口百恵風のツッパリ系な歌詞をのせた曲を、ドスをきかせた声で歌ったもの。しかもツッパリリーゼントの貴族という名のバックバンド付き。まあ普通にアイドルアイドルした歌があまり流行らなくなった時代だから、差別化というのはあったんだろうけど、ファンの間でも賛否両論あった様子。

そして、セカンドシングルが「いちごがポロリ」とくれば、色モノシンガーか? と思われてもしょうがないだろう。サウンド的にはこの曲も、デビュー曲同様のGS風ロック。ツッパリ風に大人っぽく歌いこなしている本田理沙が、けなげに思えます。
実際はどうかは分からないが、彼女って見た目「やらされてる感」が強かったので、そんな彼女にちょっとズレてることをやらせて、それをこなす「けなげさ」を見て楽しんでほしいというのが、彼女のスタッフサイドのねらいだったのかもしれない。

なんだかんだいいながら、このインパクトのあるタイトルだからこそ、今でも(すくなくとも私には)忘れられない曲になっているわけだし、後世に語り継がれるべき名(迷)曲であると言ってもいいだろう。ジャネット・ジャクソンのポロリ事件をきっかけに、この曲にもう一度スポットライトが当たることを願う。

●あしの独断評価

タイトルインパクト度… ★★★★★
歌詞がH度… ★★★
けなげに歌ってる度… ★★★★

(最高で★5つ)

 気になるフレーズ

♪そりゃもう おおさわぎ
小さな パニックだわ

歌詞に「そりゃもう おおさわぎ」って入ってるのがなんかいいなぁ。
「いちごがポロリ」したわりには、「小さな パニックだわ」とか結構客観的なんだよね。その後「わたしだって赤面だわ」ってフレーズもあるんだけど、結構冷静なんだよね、この歌の主人公は。もしかしてこの曲の中のポロリもやらせ?

 豆知識

アルバム『ME HER スクランブル』には「いちごがポロリpart2」という、同じ歌詞に違う曲をつけた曲が収録されている。
当時のアイドルらしく、グラビア、ドラマ、歌、バラエティといろいろこなしていた(やらされてた?)彼女。その見事なプロポーションとホワイトチョコレートのような白い肌から、グラビアでの評価は高かったようです。

 関連URL

(2004/02/14公開 文&イラスト:(あし)


このレビューに関する感想、ご意見などをお寄せ下さい。

※送っていただいたメッセージはホームページ上に掲載させていただく場合がありますので、おなまえは掲載されてもいい名前(ペンネームなど)でお願いします。e-mailは公開しません。

みなさんのレスポンスがRGS680サイトを作る原動力になります。
是非ともよろしくお願いしマンモス。

おなまえ:
e-mail:
メッセージ:
 

▲このページの先頭へ
[→RGS680 TOP]

(c) RGS680 Mail mailto:info@rgs680.com RGS680のTOPへ