RGS680のTOPへ
なつかしのアイドルラブラブレビュー
あのころアイドルといえばアイドル歌手だった。
彼女たちの歌は、上手くはなくても味があった。
華やかさやきらめき、トキメキがあった。
主に80年代のアイドルからオススメシングル曲を
思い入れ込めて紹介しちゃいます。(あし)

■■リスト■■
■情熱のささやき(小高恵美)
■禁断のテレパシー(工藤静香)
■かしこ(うしろゆびさされ組)
■星屑のイノセンス(伊藤かずえ)
■少女・熱風・天然色(石田ひかり)
■天気予報はI Luv U(森尾由美)
■Follow me(沢口靖子)
■雨のチャペル通り(石野陽子)
■サクラが咲いた(西村知美)
■いちごがポロリ(本田理沙)
■ロコモーション・ドリーム(田村英里子)
■眠れぬ森の美女(高岡早紀)
■スウィート・チェリーパイ(北原佐和子)
■風のプリマドンナ(宇沙美ゆかり)
■プロフィール(倉沢淳美)
■涙をたばねて(小川範子)
■青い制服(国実百合)
■異性(速水昌未)
■妖精ポピンズ(ポピンズ)
■Get a Chance!(BaBe)
■男のコになりたい(酒井法子)
■とまどい(吉田真里子)
■曇り、のち晴れ(志村香)
■SAYONARA(八木さおり)
■恋のピー・カー・ブー(島崎和歌子)
■秋のindication(南野陽子)
■初恋進化論(藤井一子)
■時代よ変われ(つみきみほ)
■飛んで火にいる恋の虫(松本友里)
■アドベンチャー・ドリーム(アイドル夢工場)
■麦わらでダンス(生稲晃子)
■応援してるからね(藤谷美紀)
■ドリーム ラッシュ(宮沢りえ)
■硝子のキッス(姫乃樹リカ)
■風のInvitation(福永恵規)
■好きと言いなさい(本田美奈子)
■あいつ(白田あゆみ)
■失恋ライブラリー(紘川 淳)
■愛を今信じていたい(堀ちえみ)
■やったね!春だね!!(ソフトクリーム)
■卒業 GRADUATION(菊池桃子)
■卒業(斉藤由貴)
■レースのカーディガン(坂上香織)
■エスケイプ!(五十嵐いづみ)
■NEW SEASON(森高千里)
■好きさ!(仲村知夏)
■水の星へ愛をこめて(森口博子)
■ヤッパシ…H!(浅香唯)
■冬のオペラグラス(新田恵利)
■クリスマスには間に合わせたい(小沢なつき)
■BRAND-NEW TOMORROW(千葉美加)
■小娘ハートブレイク(伊藤美紀)
■キミはどんとくらい(立花理佐)
■愛って林檎ですか(岡本舞子)
■春休み(水谷麻里)
■トキメキがいたくて(伊藤智恵理)
■太陽を抱きしめろ(セイントフォー)
■好き・嫌い(麻田華子)
■ほんとのキスをお返しに(藤原理恵)

●アイドルミラクルバイブルシリーズ発売記念
■アイドルミラクルバイブルシリーズ発売記念イベントレポート
■アイドルミラクル対談

●アイドル関連特別企画
■原点回帰のアイドルたち
■聖子の娘に人生を教わる
■680(ロバヲ)登場


●第二十六回「硝子のキッス」(姫乃樹リカ)

「硝子のキッス」ジャケット 硝子のキッス
姫乃樹(ひめのぎ)リカ
1988.2.3 Kitty
作詞:松本 隆 作曲:和泉常寛 編曲:萩田光雄
姫乃樹リカ - GOLDEN☆BEST: 姫乃樹リカ - 硝子のキッス

 ラブラブレビュー

遅れてきたポスト・松田聖子

80年代前半の女性アイドルたちは、全員ポスト・松田聖子を目指していたと言えるだろう。
レイヤーの入ったボリュームのある髪、ふわふわのボリュームのあるドレス。そんな松田聖子的なものを量産していく中で、82年組(小泉今日子、堀ちえみ、早見優、松本伊代、中森明菜、三田寛子、石川秀美など)をはじめとして後の芸能界に欠かせない人材を生んだりはしたものの、アイドルとして、歌手として、松田聖子を越える存在は結局出てこなかった。

85年のおニャン子クラブ登場により、松田聖子的なものとは違ったアイドルシーンが展開される事になる。作られた商品としてのアイドルより、手の届きそうな普通の子の方が当時の若者たちには新鮮だったのだろう。
虚飾より自然体、タテマエより本音、そういった時代の要請の中で、アイドルの「裏」から「仕掛け」までオープンにしてしまったおニャン子は、ポスト・聖子を巡るアイドルレースを終焉させ、従来のアイドルの文法をも崩壊させてしまい、87年に解散していく。

そんな、アイドルシーンが一段落した88年に、ポスト・松田聖子となりうる素質を持った少女が現れるのは時代のいたずらなのだろうか。その少女とは姫乃樹リカ。もちろん「姫乃樹」は芸名で、「ひめのぎ」と濁るのが正しい。

「ひめのき」ではありません「ひめのぎ」です

彼女のデビュー曲「硝子のキッス」は歌手・松田聖子を語る上では絶対に外せない存在・作詞家・松本隆の手によるものだ。
硝子(ガラス)、特に「硝子(ガラス)越し」は松本隆のよく使うフレーズで、「微熱少年」(評論集)の中で本人は「一種の胎内願望を表現したもの」と言っているそうだ。
そんなお気に入りフレーズの「ガラス越し」で始まる曲を提供したということは、松本隆も姫乃樹リカにポスト・松田聖子としての魅力を感じていたのかもしれない。

曲はまさに松田聖子的アイドルポップスで、姫乃樹リカの伸びのある甘い歌声も光る。
聖子好きな人、SAYAKA好きな人にもぜひ聴いてもらいたい一曲。
実はこの曲、姫乃樹リカにしてはキーが高いのでちょっと無理して歌っている感もあるのだが、そこが聖子的でいいと私は思う。

 気になるフレーズ

♪好きだって口にだせば
 ガラスの壁はこわれる

友達以上恋人未満を歌った、アイドルソングとしてはありがちな設定。
二人の間に越えられそうで越えられないガラスの壁がある、というわけ。
そのもどかしさこそ80年代的、ともいえるのかも。

 豆知識

姫乃樹リカとしての活動後、西邑理香、西邑理香with Coming Soon!、The Coming Soon!名義でも楽曲をリリース。ロックバンドのベーシストDave Crigger氏と結婚し現在アメリカ・ワシントンD.C.で子ども達と幸せな家庭を築いていることは「まぼろしのアイドル あの人に逢いたい」(白夜書房刊 2000年)に詳しい。
その本のインタビューの中には、いつかまた歌をやるつもりでいる、という発言も。

 関連URL

・姫乃樹リカの育ての親、元メビウス社長・川瀬 泰雄さんのサイトの姫乃樹リカページ
 http://www.thebeatlemania.com/rika.html
・姫乃樹リカ収録オムニバスリスト
 http://web.ffn.ne.jp/~suttaka/comingsoon.various.html
・“松本隆”作品鑑賞事典
 http://home.interlink.or.jp/%7Et-ishii/

(2003/5/18公開(あし)


このレビューに関する感想、ご意見などをお寄せ下さい。

※送っていただいたメッセージはホームページ上に掲載させていただく場合がありますので、おなまえは掲載されてもいい名前(ペンネームなど)でお願いします。e-mailは公開しません。

みなさんのレスポンスがRGS680サイトを作る原動力になります。
是非ともよろしくお願いしマンモス。

おなまえ:
e-mail:
メッセージ:
 

▲このページの先頭へ
[→RGS680 TOP]

(c) RGS680 Mail mailto:info@rgs680.com RGS680のTOPへ