RGS680のTOPへ
なつかしのアイドルラブラブレビュー
あのころアイドルといえばアイドル歌手だった。
彼女たちの歌は、上手くはなくても味があった。
華やかさやきらめき、トキメキがあった。
主に80年代のアイドルからオススメシングル曲を
思い入れ込めて紹介しちゃいます。(あし)

■■リスト■■
■情熱のささやき(小高恵美)
■禁断のテレパシー(工藤静香)
■かしこ(うしろゆびさされ組)
■星屑のイノセンス(伊藤かずえ)
■少女・熱風・天然色(石田ひかり)
■天気予報はI Luv U(森尾由美)
■Follow me(沢口靖子)
■雨のチャペル通り(石野陽子)
■サクラが咲いた(西村知美)
■いちごがポロリ(本田理沙)
■ロコモーション・ドリーム(田村英里子)
■眠れぬ森の美女(高岡早紀)
■スウィート・チェリーパイ(北原佐和子)
■風のプリマドンナ(宇沙美ゆかり)
■プロフィール(倉沢淳美)
■涙をたばねて(小川範子)
■青い制服(国実百合)
■異性(速水昌未)
■妖精ポピンズ(ポピンズ)
■Get a Chance!(BaBe)
■男のコになりたい(酒井法子)
■とまどい(吉田真里子)
■曇り、のち晴れ(志村香)
■SAYONARA(八木さおり)
■恋のピー・カー・ブー(島崎和歌子)
■秋のindication(南野陽子)
■初恋進化論(藤井一子)
■時代よ変われ(つみきみほ)
■飛んで火にいる恋の虫(松本友里)
■アドベンチャー・ドリーム(アイドル夢工場)
■麦わらでダンス(生稲晃子)
■応援してるからね(藤谷美紀)
■ドリーム ラッシュ(宮沢りえ)
■硝子のキッス(姫乃樹リカ)
■風のInvitation(福永恵規)
■好きと言いなさい(本田美奈子)
■あいつ(白田あゆみ)
■失恋ライブラリー(紘川 淳)
■愛を今信じていたい(堀ちえみ)
■やったね!春だね!!(ソフトクリーム)
■卒業 GRADUATION(菊池桃子)
■卒業(斉藤由貴)
■レースのカーディガン(坂上香織)
■エスケイプ!(五十嵐いづみ)
■NEW SEASON(森高千里)
■好きさ!(仲村知夏)
■水の星へ愛をこめて(森口博子)
■ヤッパシ…H!(浅香唯)
■冬のオペラグラス(新田恵利)
■クリスマスには間に合わせたい(小沢なつき)
■BRAND-NEW TOMORROW(千葉美加)
■小娘ハートブレイク(伊藤美紀)
■キミはどんとくらい(立花理佐)
■愛って林檎ですか(岡本舞子)
■春休み(水谷麻里)
■トキメキがいたくて(伊藤智恵理)
■太陽を抱きしめろ(セイントフォー)
■好き・嫌い(麻田華子)
■ほんとのキスをお返しに(藤原理恵)

●アイドルミラクルバイブルシリーズ発売記念
■アイドルミラクルバイブルシリーズ発売記念イベントレポート
■アイドルミラクル対談

●アイドル関連特別企画
■原点回帰のアイドルたち
■聖子の娘に人生を教わる
■680(ロバヲ)登場

●第五十八回「禁断のテレパシー」(工藤静香)

「禁断のテレパシー」ジャケット 禁断のテレパシー
工藤静香
1987.08.31 CANYON
作詞:秋元康 作曲:後藤次利 編曲:後藤次利

 ラブラブレビュー

開幕前からペタジーニとの併用が話題の巨人・清原選手。しかし4/14には亜希夫人の誕生日に「バースデーアーチ」を放った。さすが絵になる男! そんな清原選手のドキュメンタリー番組などで、妻の亜希さんをお見かけしたことのある人も多いでしょう。彼女元アイドルなんですが、あいかわらずおキレイだよねぇ…(ためいき)。

そんな亜希夫人とグループを組んでいたのが、今回取り上げるしーちゃんこと工藤静香。今でもしーちゃんと読んでる人がいるかどうかは知らないが。彼女はおニャン子クラブに入る前にセブンティーン・クラブという三人組グループでデビューしていたことは有名だが、そのメンバーの一人が亜希夫人こと木村亜希だったのだ。
一方工藤静香はキムタク夫人。もう一人のメンバー、柴田くに子は森丘祥子と改名してシンガーとして活躍と、なんかすごいグループだったんだな、セブンティーン・クラブ。

そんなセブンティーン・クラブを経て、おニャン子クラブ→うしろ髪ひかれ隊(おニャン子クラブ内ユニット)とさらにグループ活動で地盤を築き、満を持してデビューした工藤静香。デビュー曲は「禁断のテレパシー」だった。
わたしは当時、彼女の歌が大好きだったんだけど、その後の工藤静香がビッグな存在になるにつけ「消費された」感を持つにいたり、近年彼女の曲をあらためて聴くようなことはなかった。

工藤静香イラスト

しかし、さいきん片瀬那奈が「禁断のテレパシー」をカバーしたのを聴いて、本家・工藤静香版も聴きたいと思い、CDを引っ張り出して聴いてみた。
で、聴いた感想はというと、色褪せていなかった。よかった。
最近TBSチャンネルの「東京イエローページ」の再放送とか見ていると、当時歌がうまいと思っていたアイドルでも、今聴いてみるとそんなに上手じゃないなと思ったりすることがある。歌唱力で言えば、今の人たちの方が断然上だからね。
しかし工藤静香はデビュー曲の時点で、今でも十分通用する歌唱力を持っていたようだ。

そして、なんといっても声がいい。歌のうまい人は普段の話し声と歌声が違うというが、彼女の場合もそうだろう。しかし、歌声の中に微妙にふにゃふにゃした地声が絶妙のバランスでミックスされているように聞こえる。その地声の部分が、彼女をいい意味でアイドルにとどめていたようにも感じた。「アイドル以上アーティスト未満」のような、その声が彼女の魅力だったんだろうな。

●あしの独断評価
カラオケで歌ってみるのはどう?度… ★★★☆☆
うしろ髪ひかれ隊の音楽性を継承してる度… ★★☆☆☆
イメージカラーは紫、度… ★★★☆☆

(最高で★5つ)

 気になるフレーズ

♪ドアの開け方でも
機嫌くらいわかるわ

この曲でのテレパシーってのは、別れを切り出そうとしている彼の心情を感じ取っているというもの。で、こんなフレーズでも二人の関係は長かったということを表現しているわけね。このあとに続く「見つめ合う言葉」ってフレーズもいいなぁ。

 豆知識

しつこくセブンティーン・クラブの話だが、1984年の第3回ミス・セブンティーンコンテストの特別賞を寄せ集めて…いや、厳選して(?)作られたグループがセブンティーン・クラブ。この回の入賞者メンバーは、松本典子(グランプリ)、網浜直子(準グランプリ)、藤原理恵(準グランプリ、のちにCCガールズ)、渡辺美里(歌唱賞)、村田恵里(歌唱賞、のちに橋本舞子、ERIE、ERINAと改名)、国生さゆり(特別賞)、麻倉晶(特別賞、のちの斉藤さおり)、矢作美紀(特別賞、のちに女優として月9にも出演)とすごいメンバー。

 関連URL

(2004/04/17公開 文&イラスト:(あし)


このレビューに関する感想、ご意見などをお寄せ下さい。

※送っていただいたメッセージはホームページ上に掲載させていただく場合がありますので、おなまえは掲載されてもいい名前(ペンネームなど)でお願いします。e-mailは公開しません。

みなさんのレスポンスがRGS680サイトを作る原動力になります。
是非ともよろしくお願いしマンモス。

おなまえ:
e-mail:
メッセージ:
 

▲このページの先頭へ
[→RGS680 TOP]

(c) RGS680 Mail mailto:info@rgs680.com RGS680のTOPへ