RGS680のTOPへ
なつかしのアイドルラブラブレビュー
あのころアイドルといえばアイドル歌手だった。
彼女たちの歌は、上手くはなくても味があった。
華やかさやきらめき、トキメキがあった。
主に80年代のアイドルからオススメシングル曲を
思い入れ込めて紹介しちゃいます。(あし)

■■リスト■■
■情熱のささやき(小高恵美)
■禁断のテレパシー(工藤静香)
■かしこ(うしろゆびさされ組)
■星屑のイノセンス(伊藤かずえ)
■少女・熱風・天然色(石田ひかり)
■天気予報はI Luv U(森尾由美)
■Follow me(沢口靖子)
■雨のチャペル通り(石野陽子)
■サクラが咲いた(西村知美)
■いちごがポロリ(本田理沙)
■ロコモーション・ドリーム(田村英里子)
■眠れぬ森の美女(高岡早紀)
■スウィート・チェリーパイ(北原佐和子)
■風のプリマドンナ(宇沙美ゆかり)
■プロフィール(倉沢淳美)
■涙をたばねて(小川範子)
■青い制服(国実百合)
■異性(速水昌未)
■妖精ポピンズ(ポピンズ)
■Get a Chance!(BaBe)
■男のコになりたい(酒井法子)
■とまどい(吉田真里子)
■曇り、のち晴れ(志村香)
■SAYONARA(八木さおり)
■恋のピー・カー・ブー(島崎和歌子)
■秋のindication(南野陽子)
■初恋進化論(藤井一子)
■時代よ変われ(つみきみほ)
■飛んで火にいる恋の虫(松本友里)
■アドベンチャー・ドリーム(アイドル夢工場)
■麦わらでダンス(生稲晃子)
■応援してるからね(藤谷美紀)
■ドリーム ラッシュ(宮沢りえ)
■硝子のキッス(姫乃樹リカ)
■風のInvitation(福永恵規)
■好きと言いなさい(本田美奈子)
■あいつ(白田あゆみ)
■失恋ライブラリー(紘川 淳)
■愛を今信じていたい(堀ちえみ)
■やったね!春だね!!(ソフトクリーム)
■卒業 GRADUATION(菊池桃子)
■卒業(斉藤由貴)
■レースのカーディガン(坂上香織)
■エスケイプ!(五十嵐いづみ)
■NEW SEASON(森高千里)
■好きさ!(仲村知夏)
■水の星へ愛をこめて(森口博子)
■ヤッパシ…H!(浅香唯)
■冬のオペラグラス(新田恵利)
■クリスマスには間に合わせたい(小沢なつき)
■BRAND-NEW TOMORROW(千葉美加)
■小娘ハートブレイク(伊藤美紀)
■キミはどんとくらい(立花理佐)
■愛って林檎ですか(岡本舞子)
■春休み(水谷麻里)
■トキメキがいたくて(伊藤智恵理)
■太陽を抱きしめろ(セイントフォー)
■好き・嫌い(麻田華子)
■ほんとのキスをお返しに(藤原理恵)

●アイドルミラクルバイブルシリーズ発売記念
■アイドルミラクルバイブルシリーズ発売記念イベントレポート
■アイドルミラクル対談

●アイドル関連特別企画
■原点回帰のアイドルたち
■聖子の娘に人生を教わる
■680(ロバヲ)登場


●第三十二回「時代よ変われ」(つみきみほ)

「時代よ変われ」ジャケット 時代よ変われ
つみきみほ
1988.7.21発売 PONY/CANYON
作詞:松本隆 作曲:細野晴臣 編曲:清水信之

 ラブラブレビュー

つみきみほといえば、ほとんどの人が女優として認識しているだろう。バラエティなどにも出ないし、テレビでよく見かける顔ではないが、たまにドラマや映画で存在感を示している。いいポジションを確立している女優さん、といえるだろう。
そんな彼女は80年代に歌もリリースしていた。そして、その作品が名曲揃いなことは、あまり知られていないかもしれない。

しかし、ちゃらちゃらしたアイドルソングとは一線を画した、つみきみほの歌世界は、今でもその輝きをなくしていない。というか今でも十分変だ(ほめ言葉)。このちょっと変わった、変な、つみきみほワールドは、誰にも真似できないものだろう。それはデビュー当時の彼女の存在自体にも言えることだが。

つみきみほイラスト

今回紹介するのは彼女の3rdシングル「時代よ変われ」。作詞:松本隆、作曲:細野晴臣、編曲:清水信之という豪華作家陣による曲だ。

この曲、バグパイプによるイントロ、間奏のリフが印象的な曲なのだが、なんといっても注目は松本隆によるその歌詞だ。

出だしがいきなり、

たぶん死ぬのは怖くない
ビルの屋上金網越えて

なのだ。頭の二行で自殺を匂わす曲を17歳の女の子に歌わせようというところがもう十分変わっている。

その後、

制服のまま歩いていると
君、いくら?ってささやきが童話のように針をさす

と今で言う援助交際を匂わせるフレーズがあったり、

上手く微笑む練習もする
女になんかなれないと尖った胸を抱きしめる

と今で言う性同一障害をイメージしているのか? と思わせるような箇所があったりと、なかなか社会派な歌詞が続く。

で、

古い定規じゃ誰も私の
生命ははかれない

から「時代よ変われ」と願うという歌なのだ。

古い価値観とか悪しき慣習とかを捨てて、ひとりひとりが変わる事が時代を変える事につながる、という風に解釈すると、今の時代にこそぴったりくる曲ではないか!
今この時代にもう一度、「時代よ変われ」と私も声に出して歌いたい。

つみきみほのボーカルは、不安定だし、発声もできてないし、舌っ足らずだが、味がある。彼女にしか出せない良さがある。下手とか上手いを通り越して、「彼女らしいボーカル」として認めるべきだろう。

 気になるフレーズ

♪鳥になるのは簡単だけど
楽な答えを選ぶのはなぜか卑怯な気がするの

これ、冒頭の「たぶん死ぬのは怖くない…」に続くフレーズ。
つまり「自殺するなよ」というメッセージなのだろう。
苦しいことからは、ある程度逃げてもいい、という考えを持っている私であるが、しかし死ぬのはいけない。死ぬのは卑怯だ。
自分が死ぬことは残されたひとたちを殺すことでもあるのだから。

 豆知識

テクノ歌謡マニアクス」という書籍の中の松本隆のインタビュー記事中、この「時代よ変われ」について、松本隆は「『ハートブレイク太陽族』に匹敵する名曲(笑)」と(笑)付きながら名曲と呼び「こういう曲こそ再評価されるべき。マニアックな人は聞いた方がいいですよ、つみきみほ。」と発言している。

 関連URL

・侮れないつみきみほ [テクノポップ] All About Japan
 http://allabout.co.jp/entertainment/technopop/closeup/CU20030305/
・映画「蛇イチゴ」 雨上がり決死隊・宮迫博之 &つみきみほ主演。
 http://www.kore-eda.com/hebiichigo/
・名作! 映画「櫻の園」(amazonのDVD商品ページへのリンク)
 http://www.rgs680.com/amazon.php?B00005HNT3

(2003/8/30公開(あし)


このレビューに関する感想、ご意見などをお寄せ下さい。

※送っていただいたメッセージはホームページ上に掲載させていただく場合がありますので、おなまえは掲載されてもいい名前(ペンネームなど)でお願いします。e-mailは公開しません。

みなさんのレスポンスがRGS680サイトを作る原動力になります。
是非ともよろしくお願いしマンモス。

おなまえ:
e-mail:
メッセージ:
 

▲このページの先頭へ
[→RGS680 TOP]

(c) RGS680 Mail mailto:info@rgs680.com RGS680のTOPへ