RGS680のTOPへ
なつかしのアイドルラブラブレビュー
あのころアイドルといえばアイドル歌手だった。
彼女たちの歌は、上手くはなくても味があった。
華やかさやきらめき、トキメキがあった。
主に80年代のアイドルからオススメシングル曲を
思い入れ込めて紹介しちゃいます。(あし)

■■リスト■■
■情熱のささやき(小高恵美)
■禁断のテレパシー(工藤静香)
■かしこ(うしろゆびさされ組)
■星屑のイノセンス(伊藤かずえ)
■少女・熱風・天然色(石田ひかり)
■天気予報はI Luv U(森尾由美)
■Follow me(沢口靖子)
■雨のチャペル通り(石野陽子)
■サクラが咲いた(西村知美)
■いちごがポロリ(本田理沙)
■ロコモーション・ドリーム(田村英里子)
■眠れぬ森の美女(高岡早紀)
■スウィート・チェリーパイ(北原佐和子)
■風のプリマドンナ(宇沙美ゆかり)
■プロフィール(倉沢淳美)
■涙をたばねて(小川範子)
■青い制服(国実百合)
■異性(速水昌未)
■妖精ポピンズ(ポピンズ)
■Get a Chance!(BaBe)
■男のコになりたい(酒井法子)
■とまどい(吉田真里子)
■曇り、のち晴れ(志村香)
■SAYONARA(八木さおり)
■恋のピー・カー・ブー(島崎和歌子)
■秋のindication(南野陽子)
■初恋進化論(藤井一子)
■時代よ変われ(つみきみほ)
■飛んで火にいる恋の虫(松本友里)
■アドベンチャー・ドリーム(アイドル夢工場)
■麦わらでダンス(生稲晃子)
■応援してるからね(藤谷美紀)
■ドリーム ラッシュ(宮沢りえ)
■硝子のキッス(姫乃樹リカ)
■風のInvitation(福永恵規)
■好きと言いなさい(本田美奈子)
■あいつ(白田あゆみ)
■失恋ライブラリー(紘川 淳)
■愛を今信じていたい(堀ちえみ)
■やったね!春だね!!(ソフトクリーム)
■卒業 GRADUATION(菊池桃子)
■卒業(斉藤由貴)
■レースのカーディガン(坂上香織)
■エスケイプ!(五十嵐いづみ)
■NEW SEASON(森高千里)
■好きさ!(仲村知夏)
■水の星へ愛をこめて(森口博子)
■ヤッパシ…H!(浅香唯)
■冬のオペラグラス(新田恵利)
■クリスマスには間に合わせたい(小沢なつき)
■BRAND-NEW TOMORROW(千葉美加)
■小娘ハートブレイク(伊藤美紀)
■キミはどんとくらい(立花理佐)
■愛って林檎ですか(岡本舞子)
■春休み(水谷麻里)
■トキメキがいたくて(伊藤智恵理)
■太陽を抱きしめろ(セイントフォー)
■好き・嫌い(麻田華子)
■ほんとのキスをお返しに(藤原理恵)

●アイドルミラクルバイブルシリーズ発売記念
■アイドルミラクルバイブルシリーズ発売記念イベントレポート
■アイドルミラクル対談

●アイドル関連特別企画
■原点回帰のアイドルたち
■聖子の娘に人生を教わる
■680(ロバヲ)登場


●第四回:「トキメキがいたくて」(伊藤智恵理)

トキメキがいたくてジャケット トキメキがいたくて
伊藤智恵理
1987.08.08発売 CBS/SONY
作詞:戸沢暢美 作曲:岸正之 編曲:中村哲

 ラブラブレビュー

伊藤智恵理といえば、当時のアイドル好きの間では、その楽曲&歌の素晴らしさには定評があった。当時のアイドルシーンの中で、歌唱力で勝負したい彼女の存在がうまくはまる場所は残念ながらなかったが、アイドルポップス界には確かな足跡を残している。
彼女の曲を80年代アイドルソングのナンバー1に推す人も多いようだ。

彼女のシングル曲はどれも甲乙付けがたく、今聴いても昔の歌という感じがしない、色褪せない名曲ぞろいだ。そんな中、J-POPソングとしても通用しそうな「トキメキがいたくて」を今回とりあげることにした。

「トキメキがいたくて」は好きな男の人には仲のいい女性がいて、でもいつか振り向いてくれると思って二人に近づくが、二人の間の“入り込めやしない愛”に気付いてしまう、という内容のせつなソング。
二番の歌詞では好きな男の人に恋心を悟られてしまうのだが、彼は気を遣って話題を変える。そんな優しさが逆に切なさに拍車をかけてしまい、“嫌いか好きかも分からなくなる”ほどに…。
ストーリーだけなら陳腐だけど、心理描写がすばらしく、そこに伊藤智恵理のくせのない確かなボーカルが乗り、何度も何度も聴きたくなるすてきな曲になっている。とにかく機会があれば老若男女問わず聴くべし。

 気になるフレーズ

 ♪Heart Break トキメキが
 Heart Break いたくて
 嫌いか好きかも わからなくなる


すごい好きなんだけど、いろいろあってこんな心境になってしまうのって、なんか分かりますよね。
「雨に消えたあいつ」(この曲と同じく戸沢暢美作詞)には、想いを寄せる彼と女の子が寄り添う姿を見て「♪信じられない 何も心は 感じない」というフレーズがありますが、こっちも分かる分かるって感じ。

恋する女の子の気持ちの揺れ動きの表現が戸沢暢美はとてもうまいなあ、って私は女の子じゃないのでホントのことは分かりませんが…。

 豆知識

『CHIERI』という8cmCDサイズのアルバムにデビューからのシングル4曲が収録されています。これはお買い得なので中古で見つけたら即ゲット! ちなみにPOPで明るいのが「パラダイス・ウォーカー」(デビュー曲)、「夢かもしれない」(4枚目)、ミディアムテンポのせつな系が「トキメキがいたくて」(2枚目)、「雨に消えたあいつ」(3枚目)。

お買い得8cmCD

1987年〜1990年までアイドルとして活動した彼女ですが、1996年10月、Chieriと改名して再デビュー。現在インターネットでの楽曲配信を中心とした、地道ながら地に足の着いた活動を続けているようです。実力のある人だし、活動続けてくれているだけで嬉しく思います。

 関連URL

(2002/11/2公開 (あし)


このレビューに関する感想、ご意見などをお寄せ下さい。

※送っていただいたメッセージはホームページ上に掲載させていただく場合がありますので、おなまえは掲載されてもいい名前(ペンネームなど)でお願いします。e-mailは公開しません。

みなさんのレスポンスがRGS680サイトを作る原動力になります。
是非ともよろしくお願いしマンモス。

おなまえ:
e-mail:
メッセージ:
 

▲このページの先頭へ
[→RGS680 TOP]

(c) RGS680 Mail mailto:info@rgs680.com RGS680のTOPへ