RGS680のTOPへ
なつかしのアイドルラブラブレビュー
あのころアイドルといえばアイドル歌手だった。
彼女たちの歌は、上手くはなくても味があった。
華やかさやきらめき、トキメキがあった。
主に80年代のアイドルからオススメシングル曲を
思い入れ込めて紹介しちゃいます。(あし)

■■リスト■■
■情熱のささやき(小高恵美)
■禁断のテレパシー(工藤静香)
■かしこ(うしろゆびさされ組)
■星屑のイノセンス(伊藤かずえ)
■少女・熱風・天然色(石田ひかり)
■天気予報はI Luv U(森尾由美)
■Follow me(沢口靖子)
■雨のチャペル通り(石野陽子)
■サクラが咲いた(西村知美)
■いちごがポロリ(本田理沙)
■ロコモーション・ドリーム(田村英里子)
■眠れぬ森の美女(高岡早紀)
■スウィート・チェリーパイ(北原佐和子)
■風のプリマドンナ(宇沙美ゆかり)
■プロフィール(倉沢淳美)
■涙をたばねて(小川範子)
■青い制服(国実百合)
■異性(速水昌未)
■妖精ポピンズ(ポピンズ)
■Get a Chance!(BaBe)
■男のコになりたい(酒井法子)
■とまどい(吉田真里子)
■曇り、のち晴れ(志村香)
■SAYONARA(八木さおり)
■恋のピー・カー・ブー(島崎和歌子)
■秋のindication(南野陽子)
■初恋進化論(藤井一子)
■時代よ変われ(つみきみほ)
■飛んで火にいる恋の虫(松本友里)
■アドベンチャー・ドリーム(アイドル夢工場)
■麦わらでダンス(生稲晃子)
■応援してるからね(藤谷美紀)
■ドリーム ラッシュ(宮沢りえ)
■硝子のキッス(姫乃樹リカ)
■風のInvitation(福永恵規)
■好きと言いなさい(本田美奈子)
■あいつ(白田あゆみ)
■失恋ライブラリー(紘川 淳)
■愛を今信じていたい(堀ちえみ)
■やったね!春だね!!(ソフトクリーム)
■卒業 GRADUATION(菊池桃子)
■卒業(斉藤由貴)
■レースのカーディガン(坂上香織)
■エスケイプ!(五十嵐いづみ)
■NEW SEASON(森高千里)
■好きさ!(仲村知夏)
■水の星へ愛をこめて(森口博子)
■ヤッパシ…H!(浅香唯)
■冬のオペラグラス(新田恵利)
■クリスマスには間に合わせたい(小沢なつき)
■BRAND-NEW TOMORROW(千葉美加)
■小娘ハートブレイク(伊藤美紀)
■キミはどんとくらい(立花理佐)
■愛って林檎ですか(岡本舞子)
■春休み(水谷麻里)
■トキメキがいたくて(伊藤智恵理)
■太陽を抱きしめろ(セイントフォー)
■好き・嫌い(麻田華子)
■ほんとのキスをお返しに(藤原理恵)

●アイドルミラクルバイブルシリーズ発売記念
■アイドルミラクルバイブルシリーズ発売記念イベントレポート
■アイドルミラクル対談

●アイドル関連特別企画
■原点回帰のアイドルたち
■聖子の娘に人生を教わる
■680(ロバヲ)登場

●第四十三回「青い制服」(国実百合)

「青い制服」ジャケット
青い制服
国実百合
1988.03.16 COLUMBIA
作詞:麻生麗二 作曲:林哲司 編曲:林哲司

 ラブラブレビュー

アイドルソングには「片想い」というテーマが多い。まあアイドルという存在は“みんなのもの”であるので、「彼とラブラブで毎日楽しい」なんてテーマの曲を聴きたいファンは少ないだろう。
そう考えると、松浦亜弥の「トロピカ〜ル恋して〜る」って曲はすごいな。彼に旅行に誘われてどうしよう、ってな歌詞だもんね。80年代アイドルは絶対に歌わなかった作品世界だな。あ、そうだ、1980年リリースの石野真子の「春ラ・ラ・ラ」はすごかった。春という字は三人の日と書くので、私と今カレと元カレの三人で会いましょうという曲。いろいろと強引だね。

話がそれたが「片想い」である。恋に恋する青春時代の女の子たちは、とにかく片想いが好きだ。憧れとか尊敬とか、恋でない何かを、恋と勘違いしているだけな片想いも多いに違いない。
そして、そんな女の子たちの憧れの的は、やはりスポーツマン。少女漫画の世界でも、スポーツマンの男の子は女の子たちのヒーローだ。

『部活に打ち込む彼を、陰から応援する少女。』

こんなシチュエイションは80年代アイドルソングとしてはもってこいだろう。
今回紹介する国実百合(くにざねゆり)のデビュー曲「青い制服」もまさにそんなシチュエイションの片想いソング。
青春の切なさを思い起こさせる、胸がキュンとくるようなそんな曲だ。
菊池桃子への楽曲提供で知られる林哲司の曲が、爽やかでいて切ない感じをよく出していて、いいんだよねぇ。

国実百合イラスト

ところで、『部活に打ち込む彼を、陰から応援する少女。』って曲を以前も取り上げたことを覚えている人もいるかもしれない。第二十八回の「応援してるからね」(藤谷美紀)だ。
1988.7.6リリースなので、この曲の4ヶ月後に出てるのね。
「応援してるからね」の主人公は、野球部の片想いの彼に、

君が見ている夢が
ねえ叶ったらいいね…

とエールを贈る。
一方この曲「青い制服」の主人公は、サッカー部(多分)の片想いの彼に

肩で息して探してたもの
ねえ見つかるとねえいいのにね

と思っている。似てる、よね。

実は種明かしをしちゃうと、「応援してるからね」の作詞者・売野雅勇の別ペンネームが麻生麗二なのだ。つまり、「応援してるからね」も「青い制服」も同じ人が作詞ってわけ。そして作曲も同じ林哲司。それでいて同じようなシチュエイションの曲なわけだから、そりゃ似た曲になるのも納得。

そして、この二曲、どちらも名曲だと私は思います。
その作品世界が、という意味も含めて、80年代後半のアイドルソングの代表曲といえるでしょう。

 気になるフレーズ

♪何故誰かを好きになるの……?
青春ってさよならの街で

切ないフレーズです。青春というのがいつかは過ぎ去っていく、そこにとどまることができないものだから「さよならの街」と形容しているのでしょうか。
「何故誰かを好きになるの」というフレーズには、「初恋のとまどい」といったものもイメージされます。

 豆知識

国実百合は高知県出身で血液型はO型。高知出身のO型アイドルと言えばそう、広末涼子と同じなのだ。広末涼子も国実百合の存在は知ってるのかな?
1991年には芸名を國實唯理に改名した国実百合、本名は國實百合だそうです。ややこしいけど、ひらがなで書けばみんな同じ。

 関連URL

(2003/12/13公開 文&イラスト:(あし)


このレビューに関する感想、ご意見などをお寄せ下さい。

※送っていただいたメッセージはホームページ上に掲載させていただく場合がありますので、おなまえは掲載されてもいい名前(ペンネームなど)でお願いします。e-mailは公開しません。

みなさんのレスポンスがRGS680サイトを作る原動力になります。
是非ともよろしくお願いしマンモス。

おなまえ:
e-mail:
メッセージ:
 

▲このページの先頭へ
[→RGS680 TOP]

(c) RGS680 Mail mailto:info@rgs680.com RGS680のTOPへ