RGS680のTOPへ
なつかしのアイドルラブラブレビュー
あのころアイドルといえばアイドル歌手だった。
彼女たちの歌は、上手くはなくても味があった。
華やかさやきらめき、トキメキがあった。
主に80年代のアイドルからオススメシングル曲を
思い入れ込めて紹介しちゃいます。(あし)

■■リスト■■
■情熱のささやき(小高恵美)
■禁断のテレパシー(工藤静香)
■かしこ(うしろゆびさされ組)
■星屑のイノセンス(伊藤かずえ)
■少女・熱風・天然色(石田ひかり)
■天気予報はI Luv U(森尾由美)
■Follow me(沢口靖子)
■雨のチャペル通り(石野陽子)
■サクラが咲いた(西村知美)
■いちごがポロリ(本田理沙)
■ロコモーション・ドリーム(田村英里子)
■眠れぬ森の美女(高岡早紀)
■スウィート・チェリーパイ(北原佐和子)
■風のプリマドンナ(宇沙美ゆかり)
■プロフィール(倉沢淳美)
■涙をたばねて(小川範子)
■青い制服(国実百合)
■異性(速水昌未)
■妖精ポピンズ(ポピンズ)
■Get a Chance!(BaBe)
■男のコになりたい(酒井法子)
■とまどい(吉田真里子)
■曇り、のち晴れ(志村香)
■SAYONARA(八木さおり)
■恋のピー・カー・ブー(島崎和歌子)
■秋のindication(南野陽子)
■初恋進化論(藤井一子)
■時代よ変われ(つみきみほ)
■飛んで火にいる恋の虫(松本友里)
■アドベンチャー・ドリーム(アイドル夢工場)
■麦わらでダンス(生稲晃子)
■応援してるからね(藤谷美紀)
■ドリーム ラッシュ(宮沢りえ)
■硝子のキッス(姫乃樹リカ)
■風のInvitation(福永恵規)
■好きと言いなさい(本田美奈子)
■あいつ(白田あゆみ)
■失恋ライブラリー(紘川 淳)
■愛を今信じていたい(堀ちえみ)
■やったね!春だね!!(ソフトクリーム)
■卒業 GRADUATION(菊池桃子)
■卒業(斉藤由貴)
■レースのカーディガン(坂上香織)
■エスケイプ!(五十嵐いづみ)
■NEW SEASON(森高千里)
■好きさ!(仲村知夏)
■水の星へ愛をこめて(森口博子)
■ヤッパシ…H!(浅香唯)
■冬のオペラグラス(新田恵利)
■クリスマスには間に合わせたい(小沢なつき)
■BRAND-NEW TOMORROW(千葉美加)
■小娘ハートブレイク(伊藤美紀)
■キミはどんとくらい(立花理佐)
■愛って林檎ですか(岡本舞子)
■春休み(水谷麻里)
■トキメキがいたくて(伊藤智恵理)
■太陽を抱きしめろ(セイントフォー)
■好き・嫌い(麻田華子)
■ほんとのキスをお返しに(藤原理恵)

●アイドルミラクルバイブルシリーズ発売記念
■アイドルミラクルバイブルシリーズ発売記念イベントレポート
■アイドルミラクル対談

●アイドル関連特別企画
■原点回帰のアイドルたち
■聖子の娘に人生を教わる
■680(ロバヲ)登場


●第二十三回「あいつ」(白田あゆみ)

「あいつ」ジャケット あいつ
白田あゆみ
1988.4.21 コロムビア
作詞:CHI-BOU・白田あゆみ 作曲:CHI-BOU 編曲:小林信吾

※今回も前回に続き、私(あし)の配偶者でもある・えパ(仮称)にピンチヒッターとしてレビューを書いて貰いました。コーナー乗っ取られないように気を付けよう…。

 ラブラブレビュー

モモコクラブ2番、今でも多くの人の記憶に残る白田あゆみ。
「あいつ」は彼女にとっては3枚目、そしてラストシングル。
共作ではありますが、シングルとしては最初で最後、彼女自身による作詞。
3枚のシングル、2枚のアルバム、企画アルバム(キューティーズ)2枚に参加、というのが彼女の残したレコードの全て。今でも彼女の曲を愛する人は多く、私もその一人です。

モモコクラブの中心的な存在だった彼女。かなりのモモコクラブ派だった私は、おニャン子に負けるなと必死に応援していました。
TV番組「モモコクラブ」(TBS)は標準で録画、私の地元で放送されないモモコクラブ関係の特番は、東京の知人に頼んで録画してもらってました。

デビュー曲「恋しくて」を初めて聴いた時には、イメージとは違うマイナー路線でやられた〜と思いました。
当時の私はB面の「愛にしたい」にして欲しくてたまらなかった。ミディアムテンポで可愛らしい「愛にしたい」の方が彼女らしいと私は思っていました。
スタッフもそう感じていたんだけど、本人の希望を通す形で「恋しくて」に決定、といういきさつがあったらしい。

白田あゆみについて思う事

2ndシングル「Remember Me」もマイナー調だったが、3曲目にしてついにミディアムテンポの「あいつ」がリリース。
「あいつ」を生で聴いた時には、あまりにも感情移入してしまって感極まった記憶があります。本人作詞(共作)の歌詞のフレーズが、当時の私の心情と重なる部分があったからでしょう。

この後すぐ引退してしまう彼女。そういう事も知らずに彼女の歌の世界に浸っていた私。
揺れるリボン、柔らかそうな衣装、優しい笑顔、楽しいトーク。そう、彼女はその時も、私たちの前ではイメージ通りのあの「白田あゆみ」でした。
当時、雑誌「近代映画」で「ファンの人が一人でもいる限りずっと歌っていきます」って太文字で書かれてて、それを素直に信じていた15才だった私。純粋だったんだなぁ…。

でも、本人は悩んでいたんだね。アイドルは悩んでいる姿なんてファンに見せてはいけないから、辛かっただろうなあ。
彼女が最後に残してくれたシングル「あいつ」は私の大切な思い出の曲なのです。

 気になるフレーズ

♪少女から さよならするの わたし
 いつもの夏 こわしたい

当時の私は秋には海外留学する事が決まっていて、今までの夏を壊さなきゃいけなかった。
でも、壊すのがすごく辛かった。一人で親元を離れる事は、少し大人に近付く事?
当時、早く大人になりたかった。年上に見られたら嬉しかった。めいっぱい背伸びしていた。
そんな私には、このフレーズが頭から離れなかった。
そして、白田あゆみ自身もきっと、その夏を変えたかったはず。

 豆知識

「キューティーズ・クリスマス」に収録の彼女の曲「2度目のラブソング」は、引退した後にレコーディングしたそうだ。引退後も93年には札幌もいわ山キャンペーンガールを務めている。この辺の話は書籍「まぼろしのアイドル あの人に逢いたい」(白夜書房刊 2000年)での本人のインタビュー記事より。

1stアルバム「あなたの瞳に映りたい」に掲載のあゆみプロジェクトの名簿には(あし)のクレジットあり。「白田あゆみ太鼓判コンテスト」でグランプリを穫ったのも(あし)の絵だったりする。
副賞のミニコンポのスピーカーだけが、15年経った今も我が家のテレビに繋がれ、日々活躍中。

 関連URL

・プレミア価格だった彼女のアルバムが二枚ともあ〜る盤で購入可能。
 http://www.r-ban.com/r-ban.asp
・引退後12年してのインタビュー記事は必見!「まぼろしのアイドル あの人に逢いたい」
 http://www.rgs680.com/amazon.php?4893676342
・もいわ山
 http://www.sapporo-dc.co.jp/mo/moitop.html

(2003/4/29公開 文:カラー、構成/イラスト:(あし)


このレビューに関する感想、ご意見などをお寄せ下さい。

※送っていただいたメッセージはホームページ上に掲載させていただく場合がありますので、おなまえは掲載されてもいい名前(ペンネームなど)でお願いします。e-mailは公開しません。

みなさんのレスポンスがRGS680サイトを作る原動力になります。
是非ともよろしくお願いしマンモス。

おなまえ:
e-mail:
メッセージ:
 

▲このページの先頭へ
[→RGS680 TOP]

(c) RGS680 Mail mailto:info@rgs680.com RGS680のTOPへ