RGS680のTOPへ
なつかしのアイドルラブラブレビュー
あのころアイドルといえばアイドル歌手だった。
彼女たちの歌は、上手くはなくても味があった。
華やかさやきらめき、トキメキがあった。
主に80年代のアイドルからオススメシングル曲を
思い入れ込めて紹介しちゃいます。(あし)

■■リスト■■
■情熱のささやき(小高恵美)
■禁断のテレパシー(工藤静香)
■かしこ(うしろゆびさされ組)
■星屑のイノセンス(伊藤かずえ)
■少女・熱風・天然色(石田ひかり)
■天気予報はI Luv U(森尾由美)
■Follow me(沢口靖子)
■雨のチャペル通り(石野陽子)
■サクラが咲いた(西村知美)
■いちごがポロリ(本田理沙)
■ロコモーション・ドリーム(田村英里子)
■眠れぬ森の美女(高岡早紀)
■スウィート・チェリーパイ(北原佐和子)
■風のプリマドンナ(宇沙美ゆかり)
■プロフィール(倉沢淳美)
■涙をたばねて(小川範子)
■青い制服(国実百合)
■異性(速水昌未)
■妖精ポピンズ(ポピンズ)
■Get a Chance!(BaBe)
■男のコになりたい(酒井法子)
■とまどい(吉田真里子)
■曇り、のち晴れ(志村香)
■SAYONARA(八木さおり)
■恋のピー・カー・ブー(島崎和歌子)
■秋のindication(南野陽子)
■初恋進化論(藤井一子)
■時代よ変われ(つみきみほ)
■飛んで火にいる恋の虫(松本友里)
■アドベンチャー・ドリーム(アイドル夢工場)
■麦わらでダンス(生稲晃子)
■応援してるからね(藤谷美紀)
■ドリーム ラッシュ(宮沢りえ)
■硝子のキッス(姫乃樹リカ)
■風のInvitation(福永恵規)
■好きと言いなさい(本田美奈子)
■あいつ(白田あゆみ)
■失恋ライブラリー(紘川 淳)
■愛を今信じていたい(堀ちえみ)
■やったね!春だね!!(ソフトクリーム)
■卒業 GRADUATION(菊池桃子)
■卒業(斉藤由貴)
■レースのカーディガン(坂上香織)
■エスケイプ!(五十嵐いづみ)
■NEW SEASON(森高千里)
■好きさ!(仲村知夏)
■水の星へ愛をこめて(森口博子)
■ヤッパシ…H!(浅香唯)
■冬のオペラグラス(新田恵利)
■クリスマスには間に合わせたい(小沢なつき)
■BRAND-NEW TOMORROW(千葉美加)
■小娘ハートブレイク(伊藤美紀)
■キミはどんとくらい(立花理佐)
■愛って林檎ですか(岡本舞子)
■春休み(水谷麻里)
■トキメキがいたくて(伊藤智恵理)
■太陽を抱きしめろ(セイントフォー)
■好き・嫌い(麻田華子)
■ほんとのキスをお返しに(藤原理恵)

●アイドルミラクルバイブルシリーズ発売記念
■アイドルミラクルバイブルシリーズ発売記念イベントレポート
■アイドルミラクル対談

●アイドル関連特別企画
■原点回帰のアイドルたち
■聖子の娘に人生を教わる
■680(ロバヲ)登場


●第二十九回「麦わらでダンス」(生稲晃子)

「麦わらでダンス」ジャケット 麦わらでダンス
生稲晃子
1988.5.21
作詞:秋元康 作曲:後藤次利 編曲:後藤次利

 ラブラブレビュー

「何もころす事は…」
最近始まった「キッズ・ウォー5」を観て、思った人は多かったのではないか。
昼ドラの視聴率記録を次々と塗り替えたTBSの人気番組「キッズ・ウォー」。この番組で元ヤンキーの主婦という新境地を開拓した生稲晃子。もともと主役であった彼女演ずる春子さんは、なんと今回のシリーズでは夫と末娘とともに交通事故で死んだ事になっているのだ。うーん、大人の事情ってのを感じるなぁ…。

それはそれとして、おっとりして舌っ足らずでカワイイ、というタイプの生稲晃子が、「ざけんなよ!」と叫ぶ元ヤン主婦としてブレイクするとは、誰が想像しえただろうか? そのミスマッチさが逆に新鮮だったのかな?

考えてみれば、彼女のデビュー曲「麦わらでダンス」もミスマッチ感がウリだった。

この曲のジャケット写真、困ったような笑顔が超キュート

生稲晃子のソロデビュー、とくれば彼女のイメージからいって、カワイイタイプの曲でくるだろうと思った人は多かったはずだ。ダーリンチュッチュッチュ♪でおなじみのローソンからあげくんCMソングの「ハートに募金を」(おニャン子クラブアルバム『SIDE LINE』収録)のような。しかしフタを開けてみればテクノ歌謡のダンスミュージック。最初聴いたときには彼女には合ってない、と思ったものだ。

しかし、テクノ系ダンスミュージックに声量のないカワイイボーカルを乗せるミスマッチ感は、ハマるととてもいいのだ。
この「麦わらでダンス」も、聴けば聴くほど良く思えてきて、今でもたまに聴きたくなるくらいの定番ソングとなってしまった。私の中では。

特にイントロがカッコイイこの曲、今でもそんなに古さを感じさせない。クラブでかかってても違和感ないかも。「麦わらでダンス」でダンス〜ってのもいいかもよ。私はクラブなんか行かないが。
大音量で聴きたい曲だね。

昔こんなネタを書きました

 気になるフレーズ

♪(もうすぐ)瞳を(腕の中)
 閉じて(抱かれて)
 このまま 夢のバカンス

()内はコーラス。こういうかけあいって、グループものだとたまにあるんだけど、ソロの曲では珍しいかも。

 豆知識

当時広島カープにいた外人選手・ランスの応援テーマとして使われていたことは有名。「ダンス、ダンス〜♪」の部分を「ランス、ランス〜♪」ってね。

 関連URL

・ぼくらのベスト 生稲晃子★BEST [→amazonで購入]
 http://www.bokura-best.jp/list/85s/85_ikuina.html

・キッズ・ウォーPARK
 (ページ下のリンクより過去のシリーズのページも見れます)
 http://hicbc.com/tv/kids/

・80年代広島外国人(ランス選手の写真が見れます)
 http://www.nagoyanet.ne.jp/dra/gaikoku2/carp.htm

(2003/8/1公開(あし)


このレビューに関する感想、ご意見などをお寄せ下さい。

※送っていただいたメッセージはホームページ上に掲載させていただく場合がありますので、おなまえは掲載されてもいい名前(ペンネームなど)でお願いします。e-mailは公開しません。

みなさんのレスポンスがRGS680サイトを作る原動力になります。
是非ともよろしくお願いしマンモス。

おなまえ:
e-mail:
メッセージ:
 

▲このページの先頭へ
[→RGS680 TOP]

(c) RGS680 Mail mailto:info@rgs680.com RGS680のTOPへ