RGS680のTOPへ
なつかしのアイドルラブラブレビュー
あのころアイドルといえばアイドル歌手だった。
彼女たちの歌は、上手くはなくても味があった。
華やかさやきらめき、トキメキがあった。
主に80年代のアイドルからオススメシングル曲を
思い入れ込めて紹介しちゃいます。(あし)

■■リスト■■
■情熱のささやき(小高恵美)
■禁断のテレパシー(工藤静香)
■かしこ(うしろゆびさされ組)
■星屑のイノセンス(伊藤かずえ)
■少女・熱風・天然色(石田ひかり)
■天気予報はI Luv U(森尾由美)
■Follow me(沢口靖子)
■雨のチャペル通り(石野陽子)
■サクラが咲いた(西村知美)
■いちごがポロリ(本田理沙)
■ロコモーション・ドリーム(田村英里子)
■眠れぬ森の美女(高岡早紀)
■スウィート・チェリーパイ(北原佐和子)
■風のプリマドンナ(宇沙美ゆかり)
■プロフィール(倉沢淳美)
■涙をたばねて(小川範子)
■青い制服(国実百合)
■異性(速水昌未)
■妖精ポピンズ(ポピンズ)
■Get a Chance!(BaBe)
■男のコになりたい(酒井法子)
■とまどい(吉田真里子)
■曇り、のち晴れ(志村香)
■SAYONARA(八木さおり)
■恋のピー・カー・ブー(島崎和歌子)
■秋のindication(南野陽子)
■初恋進化論(藤井一子)
■時代よ変われ(つみきみほ)
■飛んで火にいる恋の虫(松本友里)
■アドベンチャー・ドリーム(アイドル夢工場)
■麦わらでダンス(生稲晃子)
■応援してるからね(藤谷美紀)
■ドリーム ラッシュ(宮沢りえ)
■硝子のキッス(姫乃樹リカ)
■風のInvitation(福永恵規)
■好きと言いなさい(本田美奈子)
■あいつ(白田あゆみ)
■失恋ライブラリー(紘川 淳)
■愛を今信じていたい(堀ちえみ)
■やったね!春だね!!(ソフトクリーム)
■卒業 GRADUATION(菊池桃子)
■卒業(斉藤由貴)
■レースのカーディガン(坂上香織)
■エスケイプ!(五十嵐いづみ)
■NEW SEASON(森高千里)
■好きさ!(仲村知夏)
■水の星へ愛をこめて(森口博子)
■ヤッパシ…H!(浅香唯)
■冬のオペラグラス(新田恵利)
■クリスマスには間に合わせたい(小沢なつき)
■BRAND-NEW TOMORROW(千葉美加)
■小娘ハートブレイク(伊藤美紀)
■キミはどんとくらい(立花理佐)
■愛って林檎ですか(岡本舞子)
■春休み(水谷麻里)
■トキメキがいたくて(伊藤智恵理)
■太陽を抱きしめろ(セイントフォー)
■好き・嫌い(麻田華子)
■ほんとのキスをお返しに(藤原理恵)

●アイドルミラクルバイブルシリーズ発売記念
■アイドルミラクルバイブルシリーズ発売記念イベントレポート
■アイドルミラクル対談

●アイドル関連特別企画
■原点回帰のアイドルたち
■聖子の娘に人生を教わる
■680(ロバヲ)登場

●第四十五回「プロフィール」(倉沢淳美)

「プロフィール」ジャケット プロフィール
倉沢淳美
1984.03.21 WARNER/PIONEER
作詞:売野雅勇 作曲:井上大輔 編曲:井上大輔

 ラブラブレビュー

1967年4月生まれ いま16歳♪

こんなフレーズで始まるのが、倉沢淳美(くらさわあつみ)のデビュー曲「プロフィール」。タイトル通りの自己紹介ソングなのだ。
2番の歌詞には「1メートル56です あなたとなら釣り合いそうよ」とサイズまで出てくる。そして、サビは「A・TSU・MI A・TSU・MI」と名前の連呼。「渥美二郎かよ!」とそのころ売れていた演歌歌手の名前で突っ込んだものよ(回想)。

ポピンズの「妖精ポピンズ」の回でえパが書いたように、松本伊代、江戸真樹、ポピンズ、そして倉沢淳美は、デビュー曲に名前が登場したアイドルとして同列に語られることが多い。
しかし、倉沢淳美の場合は他の人たちとはちょっと違う。彼女はデビュー時から飛び抜けた知名度を持っていたのだ。

しかし、彼女は「A・TSU・MI A・TSU・MI」と自分のプロフィールを語らなくてはならなかった。それは彼女が倉沢淳美としてではなく、「わらべ」の「かなえちゃん」として世間の人々に認識されていたからだ。

倉沢淳美イラスト

当時、国民的番組とまで言われていた「欽どこ」こと「欽ちゃんのどこまでやるの」。その番組の企画から生まれたグループが「わらべ」だった。わらべの三人は萩本欽一・真屋順子夫婦の娘で3つ子という設定。演じたのが高部知子(のぞみ)、倉沢淳美(かなえ)、高橋真美(たまえ)の三人だ。

ゆえに全国のお茶の間(お茶の間という言葉が似つかわしい時代だったよなぁ)には、彼女は「かなえちゃん」として親しまれていた。しかし、いつまでも「かなえちゃん」ではいられない。アイドルとして一本立ちするには「倉沢淳美」を覚えてもらい、受け入れてもらう必要があったのだ。
ということで、コピーライター出身の作詞家・売野雅勇が考えた倉沢淳美のPR広告が「プロフィール」だったのだと思う。
なので、無名な新人が「私のなまえ・え・え・えは…」なーんて歌ってるのとは訳が違うのだ(江戸真樹のあの曲はあれはあれで名曲なんだけどね)。

結局この曲、オリコン最高位4位、23万枚の売上げ、とヒットはしたものの、今では「自己紹介してるだけの変な曲」という認識で「ネタ」として扱われる程度となってしまっている。2ndシングルの「ある愛の詩」も「映画のタイトルを羅列してるだけの変な曲」と認識されているしで、アイドル歌手としての倉沢淳美の評価は不当に低い気がするのは私だけではないはずだ。

この「プロフィール」にしろ「ある愛の詩」にしろ、アイドルソングとしてのツボを押さえた名曲である。わらべとしてではなく、いちアイドル歌手としての彼女をもっと評価してもいいと思うけどなぁ。

「あの人は今」系のTV番組が最近はやりだが、わらべとしてではなく、ソロ歌手としての倉沢淳美にスポットを当てるというのはどうでしょう。

レポーターの高橋真美が、偶然っぽく彼女を発見。わらべの曲の一節を二人で歌ったりして盛り上がりつつVTRは終了。そして場面はスタジオに変わり、本人登場。今でもかわいい彼女にスタジオにはどよめきが。さあ、歌ってもらいましょう、倉沢淳美で「プロフィール」!

1967年4月生まれ いま36歳っ♪

うーん、妄想は広がる…。あれから20年というのも丁度区切りがいいし、今年あたりどうでしょう?

 気になるフレーズ

♪プロポーション B・W mm H!
また秘密 着やせするほうよ

いくらプロフィールの歌でも、スリーサイズは秘密です。まあ変動するしね。
「プロポーション、バストウエストうーんエッチ!」と歌います。
B・W・HのヒップのHと「エッチ!」のHを掛けてるところに工夫が感じられます。

そういえば最近あまりスリーサイズがどうのっていわないよね。グラビアアイドルは、もっぱら「何カップ」というのが話題になってるし。

 豆知識

「1967年4月生まれ…」で始まる、と書いたが本当はその前に「平凡すぎる女の子 あなた嫌いですか あなた退屈ですか…」という語りが入る。

彼女は1985年に「卒業」という曲をリリースしている。斉藤由貴、菊池桃子、尾崎豊の3つの「卒業」がヒットした、といったことを菊池桃子の「卒業」を取り上げたときに書いたが、実はその影には倉沢淳美の「卒業」もあったのだ。実はあれ書いたときには私そのことを失念してました。

 関連URL

(2004/1/10公開 文&イラスト:(あし)


このレビューに関する感想、ご意見などをお寄せ下さい。

※送っていただいたメッセージはホームページ上に掲載させていただく場合がありますので、おなまえは掲載されてもいい名前(ペンネームなど)でお願いします。e-mailは公開しません。

みなさんのレスポンスがRGS680サイトを作る原動力になります。
是非ともよろしくお願いしマンモス。

おなまえ:
e-mail:
メッセージ:

お手数ですが機械によって自動送信される迷惑メール対策のため、上の欄に「岡江」の2文字を入れてください。
 

▲このページの先頭へ
[→RGS680 TOP]

(c) RGS680 Mail mailto:info@rgs680.com RGS680のTOPへ