RGS680のTOPへ
なつかしのアイドルラブラブレビュー
あのころアイドルといえばアイドル歌手だった。
彼女たちの歌は、上手くはなくても味があった。
華やかさやきらめき、トキメキがあった。
主に80年代のアイドルからオススメシングル曲を
思い入れ込めて紹介しちゃいます。(あし)

■■リスト■■
■情熱のささやき(小高恵美)
■禁断のテレパシー(工藤静香)
■かしこ(うしろゆびさされ組)
■星屑のイノセンス(伊藤かずえ)
■少女・熱風・天然色(石田ひかり)
■天気予報はI Luv U(森尾由美)
■Follow me(沢口靖子)
■雨のチャペル通り(石野陽子)
■サクラが咲いた(西村知美)
■いちごがポロリ(本田理沙)
■ロコモーション・ドリーム(田村英里子)
■眠れぬ森の美女(高岡早紀)
■スウィート・チェリーパイ(北原佐和子)
■風のプリマドンナ(宇沙美ゆかり)
■プロフィール(倉沢淳美)
■涙をたばねて(小川範子)
■青い制服(国実百合)
■異性(速水昌未)
■妖精ポピンズ(ポピンズ)
■Get a Chance!(BaBe)
■男のコになりたい(酒井法子)
■とまどい(吉田真里子)
■曇り、のち晴れ(志村香)
■SAYONARA(八木さおり)
■恋のピー・カー・ブー(島崎和歌子)
■秋のindication(南野陽子)
■初恋進化論(藤井一子)
■時代よ変われ(つみきみほ)
■飛んで火にいる恋の虫(松本友里)
■アドベンチャー・ドリーム(アイドル夢工場)
■麦わらでダンス(生稲晃子)
■応援してるからね(藤谷美紀)
■ドリーム ラッシュ(宮沢りえ)
■硝子のキッス(姫乃樹リカ)
■風のInvitation(福永恵規)
■好きと言いなさい(本田美奈子)
■あいつ(白田あゆみ)
■失恋ライブラリー(紘川 淳)
■愛を今信じていたい(堀ちえみ)
■やったね!春だね!!(ソフトクリーム)
■卒業 GRADUATION(菊池桃子)
■卒業(斉藤由貴)
■レースのカーディガン(坂上香織)
■エスケイプ!(五十嵐いづみ)
■NEW SEASON(森高千里)
■好きさ!(仲村知夏)
■水の星へ愛をこめて(森口博子)
■ヤッパシ…H!(浅香唯)
■冬のオペラグラス(新田恵利)
■クリスマスには間に合わせたい(小沢なつき)
■BRAND-NEW TOMORROW(千葉美加)
■小娘ハートブレイク(伊藤美紀)
■キミはどんとくらい(立花理佐)
■愛って林檎ですか(岡本舞子)
■春休み(水谷麻里)
■トキメキがいたくて(伊藤智恵理)
■太陽を抱きしめろ(セイントフォー)
■好き・嫌い(麻田華子)
■ほんとのキスをお返しに(藤原理恵)

●アイドルミラクルバイブルシリーズ発売記念
■アイドルミラクルバイブルシリーズ発売記念イベントレポート
■アイドルミラクル対談

●アイドル関連特別企画
■原点回帰のアイドルたち
■聖子の娘に人生を教わる
■680(ロバヲ)登場


●第十六回「エスケイプ!」(五十嵐いづみ)

「エスケイプ!」ジャケット エスケイプ!
五十嵐いづみ
1987.11.25発売 TEICHIKU
作詞:石川あゆ子 作曲:朝倉紀幸 編曲:芳野藤丸

 ラブラブレビュー

ジャケットが、セーラー服にバズーカ砲、である。

アイドルのジャケ写としてはどうなの? という代物だが、これはこの曲が挿入歌だったドラマ「少女コマンドーIZUMI」の主人公の決めポーズなのだ。

五十嵐いづみの名前を冠した、この「少女コマンドーIZUMI」は「スケバン刑事」シリーズの後番組。とはいえスケバン刑事ほど荒唐無稽ではなく、シリアスにハードボイルドに作り込まれたドラマだったのだが、地味すぎたのかあまりヒットしなかった。私を含め、一部の人には好評だったみたいなんだけど。

あなたがターゲット バーン!


そして曲自体も、ドラマの主人公・五条いづみのイメージで作られている。
「ナイフ」「殺す」「罪」といった言葉がちりばめられ、ハードボイルドな感じ。
そこに五十嵐いづみの硬質ながら表現力のある歌声が乗り、シリアスかつせつない曲に仕上がっている。

五十嵐いづみは、曲にあわせてシリアスな感じに歌っているのかと思いきや、デビュー曲「スカイバレー」でも同じようなボーカルだった。このせつない感じの歌声がいいんだよね〜。ちなみに「スカイバレー」は作詞・川村真澄、作曲・関口誠人、編曲・井上ヨシマサと私好みの顔ぶれで、なかなかの名曲なので、こちらも要チェック。

 気になるフレーズ

 ♪あなたを殺す夢をみたから
  もうこの街にもいられないわ


「殺す」という言葉を歌詞で使うってのは、あまりないんじゃないでしょうか。
「少女コマンドーIZUMI」の設定をそのまま歌詞にもってくるわけにもいかないし、「エスケイプ!」する理由として考え抜いた結果、「あなたを殺す夢をみたから」になったのだろうね。強引だけど心に残る(ひっかかる)フレーズ。

軍用リュックにあこがれたあのころ

 豆知識

五十嵐いづみの本名は清水由紀子。自分が「しみずゆきこ」な事が嫌で、本名を隠していたことは何故か有名。ちなみに彼女のデビュー作は「少女コマンドーIZUMI」ではなく映画「ビー・バップ・ハイスクール・高校与太郎行進曲」

 関連URL

・少女コマンドーいづみのあしあと
 http://www3.justnet.ne.jp/~a_matsu/izumi.HTM

(2003/2/21公開 (あし)


このレビューに関する感想、ご意見などをお寄せ下さい。

※送っていただいたメッセージはホームページ上に掲載させていただく場合がありますので、おなまえは掲載されてもいい名前(ペンネームなど)でお願いします。e-mailは公開しません。

みなさんのレスポンスがRGS680サイトを作る原動力になります。
是非ともよろしくお願いしマンモス。

おなまえ:
e-mail:
メッセージ:
 

▲このページの先頭へ
[→RGS680 TOP]

(c) RGS680 Mail mailto:info@rgs680.com RGS680のTOPへ