RGS680のTOPへ
なつかしのアイドルラブラブレビュー
あのころアイドルといえばアイドル歌手だった。
彼女たちの歌は、上手くはなくても味があった。
華やかさやきらめき、トキメキがあった。
主に80年代のアイドルからオススメシングル曲を
思い入れ込めて紹介しちゃいます。(あし)

■■リスト■■
■情熱のささやき(小高恵美)
■禁断のテレパシー(工藤静香)
■かしこ(うしろゆびさされ組)
■星屑のイノセンス(伊藤かずえ)
■少女・熱風・天然色(石田ひかり)
■天気予報はI Luv U(森尾由美)
■Follow me(沢口靖子)
■雨のチャペル通り(石野陽子)
■サクラが咲いた(西村知美)
■いちごがポロリ(本田理沙)
■ロコモーション・ドリーム(田村英里子)
■眠れぬ森の美女(高岡早紀)
■スウィート・チェリーパイ(北原佐和子)
■風のプリマドンナ(宇沙美ゆかり)
■プロフィール(倉沢淳美)
■涙をたばねて(小川範子)
■青い制服(国実百合)
■異性(速水昌未)
■妖精ポピンズ(ポピンズ)
■Get a Chance!(BaBe)
■男のコになりたい(酒井法子)
■とまどい(吉田真里子)
■曇り、のち晴れ(志村香)
■SAYONARA(八木さおり)
■恋のピー・カー・ブー(島崎和歌子)
■秋のindication(南野陽子)
■初恋進化論(藤井一子)
■時代よ変われ(つみきみほ)
■飛んで火にいる恋の虫(松本友里)
■アドベンチャー・ドリーム(アイドル夢工場)
■麦わらでダンス(生稲晃子)
■応援してるからね(藤谷美紀)
■ドリーム ラッシュ(宮沢りえ)
■硝子のキッス(姫乃樹リカ)
■風のInvitation(福永恵規)
■好きと言いなさい(本田美奈子)
■あいつ(白田あゆみ)
■失恋ライブラリー(紘川 淳)
■愛を今信じていたい(堀ちえみ)
■やったね!春だね!!(ソフトクリーム)
■卒業 GRADUATION(菊池桃子)
■卒業(斉藤由貴)
■レースのカーディガン(坂上香織)
■エスケイプ!(五十嵐いづみ)
■NEW SEASON(森高千里)
■好きさ!(仲村知夏)
■水の星へ愛をこめて(森口博子)
■ヤッパシ…H!(浅香唯)
■冬のオペラグラス(新田恵利)
■クリスマスには間に合わせたい(小沢なつき)
■BRAND-NEW TOMORROW(千葉美加)
■小娘ハートブレイク(伊藤美紀)
■キミはどんとくらい(立花理佐)
■愛って林檎ですか(岡本舞子)
■春休み(水谷麻里)
■トキメキがいたくて(伊藤智恵理)
■太陽を抱きしめろ(セイントフォー)
■好き・嫌い(麻田華子)
■ほんとのキスをお返しに(藤原理恵)

●アイドルミラクルバイブルシリーズ発売記念
■アイドルミラクルバイブルシリーズ発売記念イベントレポート
■アイドルミラクル対談

●アイドル関連特別企画
■原点回帰のアイドルたち
■聖子の娘に人生を教わる
■680(ロバヲ)登場

●第四十一回「妖精ポピンズ」(ポピンズ)

今回は(えパ)によるレビューです。

「妖精ポピンズ」ジャケット
妖精ポピンズ
ポピンズ
1986.4.21 CBS SONY
作詞:売野雅勇 作曲:井上大輔 編曲:清水信之

 ラブラブレビュー

合言葉はパピプペポピンズ
まさしくそのコピーから、ある意味伝説が始まった。季節的には、「ホワイト・ランデブー」(城戸真亜子作詞!)を取り上げるべきだろうけど、ポピンズと言えばこの曲抜きには語れません。と言う訳で、ポピンズのデビュー曲「妖精ポピンズ」です。

自分たちの名前をデビュー曲に登場させるのは有名なところでは松本伊代、倉沢淳美に江戸真樹あたり。どれもインパクトが強力なぶん、受け入れられるかどうかが鍵になってきます。しかもポピンズは妖精です(笑)。歌詞には随所に出てくる妖精をイメージさせるフレーズ。それが全てに受け入れられるかと言えば難しい訳で。あんなに可愛いのに、まるで色物扱い。ポピンズが好きと言いにくい環境もあったのかも。色んな偶然が重なってヒットしたWinkみたいに上手くいくと良かったんだけどなあ。

でも、本当にポピンズに関してはデビュー時はとにかく、可愛かったの一言に尽きます。歌も決して下手ではなく、その甘い声にメロメロになる人も多かったでしょう。衣装も分かりやすく言えばピンクハウス系のブリブリです。かと思いきや白を基本に色んな色やスタイルを採用していましたね。結構頑張った展開をしていてメディアで見る機会はありました。でも、色物扱いされていたり第一印象が受け入れられなかったり、おニャン子全盛の時代でちょっと時代が違ったのかもしれません。少しずつイメージを変えたり、工夫はしていたのでしょう。しかし、大方の人の予想通り、“そうよウワサは本当よ”、と気が付けば伝説になってしまいました。

ポピンズイラスト

なお、彼女たちのアルバムに収録されている「妖精ポピンズ」はアルバムバージョンです。彼女たちのうふっ・んふっっと言う笑い声(妖精のささやき?)で曲がスタートし、シュビデュビ言っていた目立ったコーラスもありません。随分とあっさりした仕上がりです。通常のシングル版の方が豪華な感じでよりポピンズの世界に近い感じ。

 気になるフレーズ

♪「・・・PiPiPaPiPo・・・」
私たち妖精のポピンズ

以前、(あし)がパ行はポップと言うような事を過去に書いているが、まさにその通り。ピピパピポ・・・聴いているとトリップしてしまいそうな気になります。この♪妖精のポピンズ♪と言うところで彼女たちは長くて黒いウエーブの髪を少し持ち上げる振り付けをするのです。それ以外にもこの曲の振り付けはかなり考えられています。素晴らしく見所満載。

デビュー時は二人とも変わらない髪型でしたが、恵実ちゃんの方は少しずつ髪を切ったりストパーをかけたりしていました。最後のシングルあたりでもう切れないくらいに髪は短くなってしまいました。その時この歌を歌うときの振りはどうしていたんでしょうか。ずっと確認できずに気になったままです。

 豆知識

ぽぴんず。名古屋出身の金子恵実・芳賀絵巳子の二人組。吉本興業所属のアイドルとしても話題に。全身お揃いでサイズも似ているので双子と思いきや仲良し親友同士。リリースとしては4枚のシングルと一枚のアルバム。アルバム「ランデヴー」は、えパの中ではマイベスト10に入る位大好きな作品。相当レアなものですが、機会があったらぜひ(入手困難なのですが)。藤原カムイの「HOT! 愛Q」表紙がポピンズバージョンとかもぜひチェックを。

後に、金子恵実は移籍してお色気たっぷり衝撃グラビアでソロとして活動。写真集・イメージビデオの他にCDも何枚か出してます。ポピンズとイメージが相当違うので注意。

 関連URL

(2003/11/29公開 文:えパ&イラスト:(あし)


このレビューに関する感想、ご意見などをお寄せ下さい。

※送っていただいたメッセージはホームページ上に掲載させていただく場合がありますので、おなまえは掲載されてもいい名前(ペンネームなど)でお願いします。e-mailは公開しません。

みなさんのレスポンスがRGS680サイトを作る原動力になります。
是非ともよろしくお願いしマンモス。

おなまえ:
e-mail:
メッセージ:
 

▲このページの先頭へ
[→RGS680 TOP]

(c) RGS680 Mail mailto:info@rgs680.com RGS680のTOPへ