RGS680のTOPへ
なつかしのアイドルラブラブレビュー
あのころアイドルといえばアイドル歌手だった。
彼女たちの歌は、上手くはなくても味があった。
華やかさやきらめき、トキメキがあった。
主に80年代のアイドルからオススメシングル曲を
思い入れ込めて紹介しちゃいます。(あし)

■■リスト■■
■情熱のささやき(小高恵美)
■禁断のテレパシー(工藤静香)
■かしこ(うしろゆびさされ組)
■星屑のイノセンス(伊藤かずえ)
■少女・熱風・天然色(石田ひかり)
■天気予報はI Luv U(森尾由美)
■Follow me(沢口靖子)
■雨のチャペル通り(石野陽子)
■サクラが咲いた(西村知美)
■いちごがポロリ(本田理沙)
■ロコモーション・ドリーム(田村英里子)
■眠れぬ森の美女(高岡早紀)
■スウィート・チェリーパイ(北原佐和子)
■風のプリマドンナ(宇沙美ゆかり)
■プロフィール(倉沢淳美)
■涙をたばねて(小川範子)
■青い制服(国実百合)
■異性(速水昌未)
■妖精ポピンズ(ポピンズ)
■Get a Chance!(BaBe)
■男のコになりたい(酒井法子)
■とまどい(吉田真里子)
■曇り、のち晴れ(志村香)
■SAYONARA(八木さおり)
■恋のピー・カー・ブー(島崎和歌子)
■秋のindication(南野陽子)
■初恋進化論(藤井一子)
■時代よ変われ(つみきみほ)
■飛んで火にいる恋の虫(松本友里)
■アドベンチャー・ドリーム(アイドル夢工場)
■麦わらでダンス(生稲晃子)
■応援してるからね(藤谷美紀)
■ドリーム ラッシュ(宮沢りえ)
■硝子のキッス(姫乃樹リカ)
■風のInvitation(福永恵規)
■好きと言いなさい(本田美奈子)
■あいつ(白田あゆみ)
■失恋ライブラリー(紘川 淳)
■愛を今信じていたい(堀ちえみ)
■やったね!春だね!!(ソフトクリーム)
■卒業 GRADUATION(菊池桃子)
■卒業(斉藤由貴)
■レースのカーディガン(坂上香織)
■エスケイプ!(五十嵐いづみ)
■NEW SEASON(森高千里)
■好きさ!(仲村知夏)
■水の星へ愛をこめて(森口博子)
■ヤッパシ…H!(浅香唯)
■冬のオペラグラス(新田恵利)
■クリスマスには間に合わせたい(小沢なつき)
■BRAND-NEW TOMORROW(千葉美加)
■小娘ハートブレイク(伊藤美紀)
■キミはどんとくらい(立花理佐)
■愛って林檎ですか(岡本舞子)
■春休み(水谷麻里)
■トキメキがいたくて(伊藤智恵理)
■太陽を抱きしめろ(セイントフォー)
■好き・嫌い(麻田華子)
■ほんとのキスをお返しに(藤原理恵)

●アイドルミラクルバイブルシリーズ発売記念
■アイドルミラクルバイブルシリーズ発売記念イベントレポート
■アイドルミラクル対談

●アイドル関連特別企画
■原点回帰のアイドルたち
■聖子の娘に人生を教わる
■680(ロバヲ)登場


●第三十五回「恋のピー・カー・ブー」(島崎和歌子)

「恋のピー・カ・ブー」ジャケット 恋のピー・カー・ブー
島崎和歌子
1989.10.10 POLYDOR
作詞:売野雅勇 作曲:都志見隆 編曲:西平彰

 ラブラブレビュー

わっこ、である。今回は。
実はさっき初めて島崎和歌子が「わっこ」と呼ばれていることを知った。
彼女がアイドルとして歌を出していたころ、わたしたちは彼女を「わかピー」と呼んでいた。もちろんこれは公式なニックネームではなかったのだが、われわれで広めようとしていた呼び名なのだ。彼女の和歌子という名前は、親が酒井和歌子のファンとかで付けられたという情報を知ったわれわれは、「酒井法子が『のりピー』なら、酒井和歌子は『わかピー』だ」というよく分からない論理により、じゃあ島崎和歌子もわかピーと呼ぼうという運動をしていたのだ。

まあ、それはともかく、とにかく当時の彼女は「美少女」という呼び名が似合う人だった。もちろん今でもステキだと私は思うが。今の彼女には「芸人」という呼び名が似合っているが、このレビューは、美少女の方の彼女を思い出しつつ、あるいは想像しつつ、読んで欲しい。

島崎和歌子イラスト

作詞・売野雅勇、作曲・都志見隆のこの曲は、王道のポップなアイドルソングである。妙に軽い感じなのは、当時のアイドルソングには多いシンセサイザーの音そのまま、というオケのせいだろう。しかし、音がスカスカなのでテクノっぽくはなく、古めかしい感じを醸し出している。これはきっと狙いなのだと思う。デビュー曲の「弱っちゃうんだ」も「え?」というほど古めかしい印象の曲だったし。ノスタルジックな青春、が彼女の歌のコンセプトだったのでは、と思う。

この曲の引っ掛かるポイントはやはり「ピー・カ・ブー」の部分になるわけだが、これは英語のpeekabooで、「いないいないばー」の意味。「妖精ポピンズ」(ポピンズ,1986/4/21)では「ピピパピポ」という「合い言葉」をあみだした売野雅勇、この曲では「Peekaboo」を呪文と定義している。歌詞としての深い意味はなく音だけで使っているようだ。パ行の音ってのはポップだしね。

そして、呪文を使うというのは、当時彼女が主役として出演していた「魔法少女ちゅうかないぱねま!」をイメージさせるというわけだな。さすが売野雅勇、ぬかりはないです。

 気になるフレーズ

♪呪文を知ったら
どんな女の子も
毎日バレンタインデー

この曲、「秋風に吹かれて」ってフレーズもあり、10月に発売されているのだが、バレンタインデーという単語が使われている。まあそれだけ「バレンタインデー」という言葉が「女の子が男の子に告白する日」という意味として一般化したということなのかもね。
呪文があれば女の子から告白できるよ、告白してもいいんだよ、といった女の子の背中を押すような意味合いもこの曲にはあったのだろう。要は「ピー・カ・ブー」はおまじないみたいなもの。
とはいえ現在では、男の子の方がうじうじしていて、女の子の方が「気持ちは口に出さなきゃ伝わらないしぃ」といった正論を持っているような気がする。
今は男の子の方にこそ、呪文が必要な時代なのかもね。

 豆知識

彼女のデビュー曲は5/5発売。セカンドは7/7、3枚目のこの曲は10/10とぞろ目で発売日を揃えていたようだ。TBS「オールスター感謝祭」で島田紳助と司会していることは有名だが、この番組の企画で、Riskyというアーティスト名で「My life is...」という曲をエイベックスからリリースした事実は、人々の記憶から忘れ去られているのかもしれない。

 関連URL

・TBSオールスター感謝祭
 http://www.tbs.co.jp/kanshasai/
・Riskey Web Site(エイベックス内のページにしては、作りが随分シンプル)
 http://www.avexnet.or.jp/risky/
・所属事務所、ゴールデンミュージック公式サイト(工事中)
 http://www.goldenmusic.co.jp/
・魔法少女ちゅうかないぱねま! DVD(amazon商品ページ)
 Vol.1 http://www.rgs680.com/amazon.php?B0000AOD67
 Vol.2 http://www.rgs680.com/amazon.php?B0000D8RNS

(2003/10/4公開 (あし)


おまけの情報
明日、2003/10/5にスペシャルライブショーがあるようです。
http://www.ceremony.jp/siten06.html


このレビューに関する感想、ご意見などをお寄せ下さい。

※送っていただいたメッセージはホームページ上に掲載させていただく場合がありますので、おなまえは掲載されてもいい名前(ペンネームなど)でお願いします。e-mailは公開しません。

みなさんのレスポンスがRGS680サイトを作る原動力になります。
是非ともよろしくお願いしマンモス。

おなまえ:
e-mail:
メッセージ:
 

▲このページの先頭へ
[→RGS680 TOP]

(c) RGS680 Mail mailto:info@rgs680.com RGS680のTOPへ