RGS680のTOPへ
なつかしのアイドルラブラブレビュー
あのころアイドルといえばアイドル歌手だった。
彼女たちの歌は、上手くはなくても味があった。
華やかさやきらめき、トキメキがあった。
主に80年代のアイドルからオススメシングル曲を
思い入れ込めて紹介しちゃいます。(あし)

■■リスト■■
■情熱のささやき(小高恵美)
■禁断のテレパシー(工藤静香)
■かしこ(うしろゆびさされ組)
■星屑のイノセンス(伊藤かずえ)
■少女・熱風・天然色(石田ひかり)
■天気予報はI Luv U(森尾由美)
■Follow me(沢口靖子)
■雨のチャペル通り(石野陽子)
■サクラが咲いた(西村知美)
■いちごがポロリ(本田理沙)
■ロコモーション・ドリーム(田村英里子)
■眠れぬ森の美女(高岡早紀)
■スウィート・チェリーパイ(北原佐和子)
■風のプリマドンナ(宇沙美ゆかり)
■プロフィール(倉沢淳美)
■涙をたばねて(小川範子)
■青い制服(国実百合)
■異性(速水昌未)
■妖精ポピンズ(ポピンズ)
■Get a Chance!(BaBe)
■男のコになりたい(酒井法子)
■とまどい(吉田真里子)
■曇り、のち晴れ(志村香)
■SAYONARA(八木さおり)
■恋のピー・カー・ブー(島崎和歌子)
■秋のindication(南野陽子)
■初恋進化論(藤井一子)
■時代よ変われ(つみきみほ)
■飛んで火にいる恋の虫(松本友里)
■アドベンチャー・ドリーム(アイドル夢工場)
■麦わらでダンス(生稲晃子)
■応援してるからね(藤谷美紀)
■ドリーム ラッシュ(宮沢りえ)
■硝子のキッス(姫乃樹リカ)
■風のInvitation(福永恵規)
■好きと言いなさい(本田美奈子)
■あいつ(白田あゆみ)
■失恋ライブラリー(紘川 淳)
■愛を今信じていたい(堀ちえみ)
■やったね!春だね!!(ソフトクリーム)
■卒業 GRADUATION(菊池桃子)
■卒業(斉藤由貴)
■レースのカーディガン(坂上香織)
■エスケイプ!(五十嵐いづみ)
■NEW SEASON(森高千里)
■好きさ!(仲村知夏)
■水の星へ愛をこめて(森口博子)
■ヤッパシ…H!(浅香唯)
■冬のオペラグラス(新田恵利)
■クリスマスには間に合わせたい(小沢なつき)
■BRAND-NEW TOMORROW(千葉美加)
■小娘ハートブレイク(伊藤美紀)
■キミはどんとくらい(立花理佐)
■愛って林檎ですか(岡本舞子)
■春休み(水谷麻里)
■トキメキがいたくて(伊藤智恵理)
■太陽を抱きしめろ(セイントフォー)
■好き・嫌い(麻田華子)
■ほんとのキスをお返しに(藤原理恵)

●アイドルミラクルバイブルシリーズ発売記念
■アイドルミラクルバイブルシリーズ発売記念イベントレポート
■アイドルミラクル対談

●アイドル関連特別企画
■原点回帰のアイドルたち
■聖子の娘に人生を教わる
■680(ロバヲ)登場


●第二十二回「失恋ライブラリー」(紘川 淳)

「失恋ライブラリー」ジャケット 失恋ライブラリー
紘川 淳
1986.4.25 ポリドール
作詞:安井かずみ 作曲:木森敏之 編曲:戸塚修

※今回は趣向を変えて、私(あし)の妻・カラー(仮称)にピンチヒッターとしてレビューを書いて貰いました。

 ラブラブレビュー

TBSドラマ「セーラー服通り」って知ってますか?
「ラッキーチャチャチャッ、ウーッ!」と言えば思い出す人もいるだろうし、主題歌が渡辺美里の「My Revolution」だったので覚えている人も多いのでは?
白弓女子学園を舞台に「漫画大好き少女」3人組が活躍するドラマ。少女漫画雑誌「ちゃお」との同時展開も当時話題に。
その3人組を演じたのは、藤原理恵・石野陽子(現いしのようこ)・紘川 淳。
その中で三つ編みの似合う、夏樹役として出演していたのが紘川淳。ドラマOA当時彼女は高1。

「セーラー服通り」に出ていた紘川淳

というわけで、今回は紘川 淳のデビュー曲「失恋ライブラリー」を取り上げます。
ドラマでの彼女のイメージと才女であるという現実の彼女の姿をイメージして、安井かずみは詩を書いたんじゃないのかな。
とにかく彼女の切ない歌い方に特徴のある、キュンと来るものがある名曲でした。

もともとモデル系で活躍していた彼女。この他にもう一枚シングルと、写真集を残しています。すっきりとした上品なルックスでした。
その後NHK朝の連続テレビ小説「チョッちゃん」(最近までBS2で再放送されてましたね)にも出演。それから、芸能界では殆ど見なくなりました。もしかしたらモデル活動を地味にやっていたのかもしれませんが。

今でも彼女の事は、インターネットや昔を振り返るアイドル関連書籍で取り上げられているのを目にする事も少なくないですが、大体が「小さな事務所だったのでブレイクできなかった」と書かれていたりします。
でも私は必ずしもそうではなかったと思っています。彼女に関していえば、いいスタッフがいたから小さな事務所とはいえあそこまで活動できたのでは、とも言えるのかもしれません。
そして、彼女が芸能活動をフェイドアウトしていく最大の理由は、学業を優先した結果だと私は推測しています。

学問の方面でも優秀だった彼女(豆知識参照)はきっと進学問題等で悩んでいたのでは? と思います。大学助教授という彼女の現在から言っても、彼女の選んだ生き方は正解だったのでしょう、きっと。
でも、こうしてリリースから16年経過しても、人々の心に強く残っているのだから、芸能活動としても成功だったのではないでしょうか? ジャケット写真、超可愛かったですね。

デビュー当時の企画で彼女と電話で話そう! というのがあり、その日の指定時間ずーーっと電話をかけ続けた私。でもずーーっと話し中。次の日、人さし指第一関節が痛かった。

 気になるフレーズ

♪わたし今 ノートを丸めて ひとり静かなライブラリー
 そこなら泣けちゃう 思い切り

図書館で泣けるのかなあ、現実問題として。学生までかな?
ヘミングウェイ、真っ赤なモーター・バイク、ステンドグラスといった言葉がちりばめられた安井かずみらしい詞の世界のこの曲。当時の安井かずみ提供のアイドルソングはカタカナ言葉が四文字以上は必ず入っていたといっても過言ではない…。

 豆知識

本名:高岡美佳さん。知る人ぞ知る才女。最終学歴は東京大学大学院経済学研究科経済史専攻(1999年3月学位取得)。大阪市立大学助教授〜現在は立教大学経済学部経済学科経済学研究科助教授だそうです。

 関連URL

・高岡美佳さんの詳しい経歴や論文タイトル
 http://www.rikkyo.ne.jp/grp/jyoseika/ken/vin/takaoka_m.html
・土地制度史学会・経済史学会
 http://www.e.u-tokyo.ac.jp/~takeda/tochiseido/homepage/index.htm
・祝!「失恋ライブラリー」CD化!
 「お・し・え・てアイドルRespect ポリドール・リクエスト編」
 http://www.rgs680.com/amazon.php?B00005NRT6

 追記(2007/4/3)

CS放送「TBSチャンネル」で「セーラー服通り」が再放送されます。2007/4/10(火)〜4/15(日)23:00〜24:40(2話ずつ)

(2003/4/18公開 文:カラー、構成/イラスト:(あし)


このレビューに関する感想、ご意見などをお寄せ下さい。

※送っていただいたメッセージはホームページ上に掲載させていただく場合がありますので、おなまえは掲載されてもいい名前(ペンネームなど)でお願いします。e-mailは公開しません。

みなさんのレスポンスがRGS680サイトを作る原動力になります。
是非ともよろしくお願いしマンモス。

おなまえ:
e-mail:
メッセージ:
 

▲このページの先頭へ
[→RGS680 TOP]

(c) RGS680 Mail mailto:info@rgs680.com RGS680のTOPへ