RGS680のTOPへ
なつかしのアイドルラブラブレビュー
あのころアイドルといえばアイドル歌手だった。
彼女たちの歌は、上手くはなくても味があった。
華やかさやきらめき、トキメキがあった。
主に80年代のアイドルからオススメシングル曲を
思い入れ込めて紹介しちゃいます。(あし)

■■リスト■■
■情熱のささやき(小高恵美)
■禁断のテレパシー(工藤静香)
■かしこ(うしろゆびさされ組)
■星屑のイノセンス(伊藤かずえ)
■少女・熱風・天然色(石田ひかり)
■天気予報はI Luv U(森尾由美)
■Follow me(沢口靖子)
■雨のチャペル通り(石野陽子)
■サクラが咲いた(西村知美)
■いちごがポロリ(本田理沙)
■ロコモーション・ドリーム(田村英里子)
■眠れぬ森の美女(高岡早紀)
■スウィート・チェリーパイ(北原佐和子)
■風のプリマドンナ(宇沙美ゆかり)
■プロフィール(倉沢淳美)
■涙をたばねて(小川範子)
■青い制服(国実百合)
■異性(速水昌未)
■妖精ポピンズ(ポピンズ)
■Get a Chance!(BaBe)
■男のコになりたい(酒井法子)
■とまどい(吉田真里子)
■曇り、のち晴れ(志村香)
■SAYONARA(八木さおり)
■恋のピー・カー・ブー(島崎和歌子)
■秋のindication(南野陽子)
■初恋進化論(藤井一子)
■時代よ変われ(つみきみほ)
■飛んで火にいる恋の虫(松本友里)
■アドベンチャー・ドリーム(アイドル夢工場)
■麦わらでダンス(生稲晃子)
■応援してるからね(藤谷美紀)
■ドリーム ラッシュ(宮沢りえ)
■硝子のキッス(姫乃樹リカ)
■風のInvitation(福永恵規)
■好きと言いなさい(本田美奈子)
■あいつ(白田あゆみ)
■失恋ライブラリー(紘川 淳)
■愛を今信じていたい(堀ちえみ)
■やったね!春だね!!(ソフトクリーム)
■卒業 GRADUATION(菊池桃子)
■卒業(斉藤由貴)
■レースのカーディガン(坂上香織)
■エスケイプ!(五十嵐いづみ)
■NEW SEASON(森高千里)
■好きさ!(仲村知夏)
■水の星へ愛をこめて(森口博子)
■ヤッパシ…H!(浅香唯)
■冬のオペラグラス(新田恵利)
■クリスマスには間に合わせたい(小沢なつき)
■BRAND-NEW TOMORROW(千葉美加)
■小娘ハートブレイク(伊藤美紀)
■キミはどんとくらい(立花理佐)
■愛って林檎ですか(岡本舞子)
■春休み(水谷麻里)
■トキメキがいたくて(伊藤智恵理)
■太陽を抱きしめろ(セイントフォー)
■好き・嫌い(麻田華子)
■ほんとのキスをお返しに(藤原理恵)

●アイドルミラクルバイブルシリーズ発売記念
■アイドルミラクルバイブルシリーズ発売記念イベントレポート
■アイドルミラクル対談

●アイドル関連特別企画
■原点回帰のアイドルたち
■聖子の娘に人生を教わる
■680(ロバヲ)登場

●第五十一回「サクラが咲いた」(西村知美)

「いちごがポロリ」ジャケット サクラが咲いた
1988.2.10 東芝EMI
作詞:松本隆 作曲:筒美京平 編曲:武部聡志
西村知美 - TWIN BEST: 西村知美 - サクラが咲いた

 ラブラブレビュー

妊娠・出産で休業していたとろりんこと西村知美が、仕事に復帰するらしい。それはめでたいってことで、今回は西村知美の曲を取り上げようと思う。
彼女が歌が下手だというのは自他共に認めるところである。しかし、そこに味があることも確かで、しかも楽曲として優れている曲も多いため、多数の名曲を世に残している。
ということで、取り上げたい曲はいろいろあったのだが、復帰してめでたいってことにもちょっと掛けて、「サクラが咲いた」を選曲した。彼女の娘の名前も咲々(ささ)ちゃんだしね。季節的にはちょっと早いけど。

西村知美イラスト

「サクラが咲いた」でピンとこなくても、「♪とりあえずとりあえず〜」で始まる曲と言えば、覚えている人も多いだろう。我が家では「とりあえず」という言葉を使うときには、「♪とりあえずとりあえず〜」と歌うことが決まりとなっている(ちょっと誇張)。たぶん日本中で、今日も明日も「♪とりあえずとりあえず〜」と口ずさんでいる人がたくさんいるはずだ。わたしなんか、「とりあえず」で仕事をこなしてしまって、後で後悔することも多いのだが、それはここではどうでもいい話。

作家陣は松本隆、筒美京平、武部聡志と、このコーナーでもよく出てくる三人の豪華な布陣。アイドルポップスとして完成度の高い曲に仕上がっているのだが、この曲ちょっと変わっている個所がふたつある。

ひとつ目は、Aメロの後いきなりサビになっているところ。音の流れとしても、当然Bメロに続きそうな雰囲気のままサビに入っているので、ちょっと違和感があるところ。
ふたつ目は、サビ後「サクラ、サクラ、サクラが咲いた」の部分がコーラスだけで入っているところだ。とろりんの不安定で声量のないボーカルが続いた後、しっかりしたコーラスのお姉さんの声が入るので、そこでぐっと締まる効果は出ているが、本人も歌ってもいいと思うのだが。

まあ、ともあれ、「とりあえずとりあえず 今日から春になりそうで」と歌うこの曲、春の予感を感じさせる爽やかでかわいい曲で、とろりんの代表曲のひとつにもなっている名曲なのだ。
違和感のあるところや、不安定なボーカル、素朴なアレンジが良い方向に作用して、エンドレスで聴いていたい感じの曲だね。癒し系?

「桜」って曲が最近立て続けにヒットしたりしたが、私にはこっちのサクラソングの方がいいなぁ。

●あしの独断評価

声量… (無星)
Bメロはどこ?度… ★★★
清純・さわやか度… ★★★★★

(最高で★5つ)

 気になるフレーズ

♪洗いざらしのシャツの匂いに
はにかみながらくしゃみをクシュン

西村知美の口から「くしゃみをクシュン」なんてフレーズが発せられたらかわいいだろうなぁ、という狙いが感じられる個所。
これから春です、という季節を歌ったこの曲、春→花粉症→くしゃみをクシュンとも今となっては連想できるね。

 豆知識

西村知美が昔からのアイドルで、天然キャラで、アニメ・漫画好きで、ってのはみんな知っていると思うし、結婚、出産のことや24時間テレビでのマラソンのことなどもここで書くまでもないだろう。
ということで、ちょっと古いけど、一つだけ私の好きな豆知識を。西村知美は漫画「セクシーコマンドー外伝 すごいよ!! マサルさん」が好きで、どの部屋でも好きなときに読めるように、各部屋ごとに全巻セットを揃えていたとのこと。今は知らないけど。私もこの漫画大好きだったなぁ。

 関連URL

(2004/02/21公開 文&イラスト:(あし)


このレビューに関する感想、ご意見などをお寄せ下さい。

※送っていただいたメッセージはホームページ上に掲載させていただく場合がありますので、おなまえは掲載されてもいい名前(ペンネームなど)でお願いします。e-mailは公開しません。

みなさんのレスポンスがRGS680サイトを作る原動力になります。
是非ともよろしくお願いしマンモス。

おなまえ:
e-mail:
メッセージ:
 

▲このページの先頭へ
[→RGS680 TOP]

(c) RGS680 Mail mailto:info@rgs680.com RGS680のTOPへ