RGS680のTOPへ
なつかしのアイドルラブラブレビュー
あのころアイドルといえばアイドル歌手だった。
彼女たちの歌は、上手くはなくても味があった。
華やかさやきらめき、トキメキがあった。
主に80年代のアイドルからオススメシングル曲を
思い入れ込めて紹介しちゃいます。(あし)

■■リスト■■
■情熱のささやき(小高恵美)
■禁断のテレパシー(工藤静香)
■かしこ(うしろゆびさされ組)
■星屑のイノセンス(伊藤かずえ)
■少女・熱風・天然色(石田ひかり)
■天気予報はI Luv U(森尾由美)
■Follow me(沢口靖子)
■雨のチャペル通り(石野陽子)
■サクラが咲いた(西村知美)
■いちごがポロリ(本田理沙)
■ロコモーション・ドリーム(田村英里子)
■眠れぬ森の美女(高岡早紀)
■スウィート・チェリーパイ(北原佐和子)
■風のプリマドンナ(宇沙美ゆかり)
■プロフィール(倉沢淳美)
■涙をたばねて(小川範子)
■青い制服(国実百合)
■異性(速水昌未)
■妖精ポピンズ(ポピンズ)
■Get a Chance!(BaBe)
■男のコになりたい(酒井法子)
■とまどい(吉田真里子)
■曇り、のち晴れ(志村香)
■SAYONARA(八木さおり)
■恋のピー・カー・ブー(島崎和歌子)
■秋のindication(南野陽子)
■初恋進化論(藤井一子)
■時代よ変われ(つみきみほ)
■飛んで火にいる恋の虫(松本友里)
■アドベンチャー・ドリーム(アイドル夢工場)
■麦わらでダンス(生稲晃子)
■応援してるからね(藤谷美紀)
■ドリーム ラッシュ(宮沢りえ)
■硝子のキッス(姫乃樹リカ)
■風のInvitation(福永恵規)
■好きと言いなさい(本田美奈子)
■あいつ(白田あゆみ)
■失恋ライブラリー(紘川 淳)
■愛を今信じていたい(堀ちえみ)
■やったね!春だね!!(ソフトクリーム)
■卒業 GRADUATION(菊池桃子)
■卒業(斉藤由貴)
■レースのカーディガン(坂上香織)
■エスケイプ!(五十嵐いづみ)
■NEW SEASON(森高千里)
■好きさ!(仲村知夏)
■水の星へ愛をこめて(森口博子)
■ヤッパシ…H!(浅香唯)
■冬のオペラグラス(新田恵利)
■クリスマスには間に合わせたい(小沢なつき)
■BRAND-NEW TOMORROW(千葉美加)
■小娘ハートブレイク(伊藤美紀)
■キミはどんとくらい(立花理佐)
■愛って林檎ですか(岡本舞子)
■春休み(水谷麻里)
■トキメキがいたくて(伊藤智恵理)
■太陽を抱きしめろ(セイントフォー)
■好き・嫌い(麻田華子)
■ほんとのキスをお返しに(藤原理恵)

●アイドルミラクルバイブルシリーズ発売記念
■アイドルミラクルバイブルシリーズ発売記念イベントレポート
■アイドルミラクル対談

●アイドル関連特別企画
■原点回帰のアイドルたち
■聖子の娘に人生を教わる
■680(ロバヲ)登場

●五十四回「天気予報はI Luv U」(森尾由美)

天気予報はI Luv Uジャケット 「天気予報はI Luv U」
1983.10.05 PONY/CANYON
作詞:槇村侑・直木礼亜 作曲:佐久間正英 編曲:佐久間正英

 ラブラブレビュー

スウィート・チェリーパイ」(北原佐和子)の回で「脱輪ソング」の概念を提唱したこのコーナーだが、今回取り上げる「天気予報はI Luv U」も立派な、立派すぎる脱輪ソングだ。

歌手・森尾由美も、北原佐和子同様、かわいい娘だからアイドルとして歌も歌わせてみました、でも下手でした、といったパターン。歌ってる内容が、聴いてる方が恥ずかしくなるようなアイドルアイドルしたものというのも同様。いわばアイドル脱輪ソング界の王道を行っていたといえる森尾由美、その中から今回は「天気予報はI Luv U」を取り上げたい。

とにかくかわいく、初々しかった彼女。その彼女のキラキラした感じに、POPでキュートなこの曲はよく似合っていた。なんか地に足が着いてない感じの歌詞世界に、本当に地に足が着いてない場所(オールスター水泳大会の水上の発泡スチロールの上とか)で歌ってるんじゃないのと思わせるようなボーカルが、マッチしているのだ。ある意味。

森尾由美イラスト

そしてこの曲のキモは最後の「I Luv U I Luv U とても コラ! ス・キ・ヨ」の部分。なぜいきなり「コラ!」なのか? たぶんふざけて言ってるようなニュアンスなのだろう。この「コラ!」の部分はセリフのように入っているので、インパクトも大。
で、この「コラ!」のようなブリっ子風の言葉を発しても、なぜか森尾由美なら同性からも嫌われなかったように思える。現在の彼女を見ていると、すごくサバサバした人に見えるが、そんな本質の部分が当時からどことなく感じられていたからかもしれない。

サビでちょっとマイナー調になった後、またメジャー調に戻るところなんかもいい感じで、この曲にはいろんな要素がつまっているといえる。一曲の中で、明るい歌声、ちょっとアンニュイな歌声、セリフ調の部分、が全て味わえるのだ。さすが佐久間正英(GLAY、ジュディマリなどを手がけた名プロデューサー)、といえるのかも。

ところで、この曲を含め、森尾由美の名曲の数々は、なんとオンラインでデータ販売されている。そして、うれしいことに試聴もできるのだ。
これはもう聴かなきゃ損です。聴いて、照れくさいような恥ずかしいような「うれしはずかし」な感じに浸って下さい。

ポニーキャニオンの音楽配信サイトcan-d.comの森尾由美ページ

あれ、北原佐和子の曲もテイチクのサイトで試聴できたんだったな。脱輪ソングこそ時代を越えて残るものなのかもしれない。

●あしの独断評価
王道の脱輪度… ★★★★★
キャピキャピ度… ★★★★
あ、佐久間正英なんだ度… ★★★

(最高で★5つ)

 気になるフレーズ

♪キリン気分で待ちわびた
 ベルが鳴りだすあなたの love call

キリン気分ってのは、お察しの通り「首を長くして」ということだろう。いくら80年代でも、こんな表現は新しくはなかったはず。その辺のずれた感じが逆にアイドルソングとしてはいいのであるが。
ベルが鳴りだすといっても、もちろん当時は固定電話だ。ナンバーディスプレイなんかもないので、電話に出るまで誰からかかってきたのか分からなかったわけだが、そんなところもドキドキ感を楽しむにはよかったのかもね。

 豆知識

今や「はなまるマーケット」や「おそく起きた昼は」でママさんタレントとして活躍中の森尾由美、アイドル当時より今の方が知名度は上がっているんじゃないかな。
ディズニーの名曲をアイドルママたち(早見優、堀ちえみ、松本伊代、斉藤由貴、香坂みゆき、芳本美代子)が歌う「Disney Kids Club Presents from Mom to Children」というCDには、ライナーノーツで参加。子供の情操教育を考えても、歌わなかったのは賢明な選択と言えよう。

 関連URL

(2004/03/13公開 文&イラスト:(あし)


このレビューに関する感想、ご意見などをお寄せ下さい。

※送っていただいたメッセージはホームページ上に掲載させていただく場合がありますので、おなまえは掲載されてもいい名前(ペンネームなど)でお願いします。e-mailは公開しません。

みなさんのレスポンスがRGS680サイトを作る原動力になります。
是非ともよろしくお願いしマンモス。

おなまえ:
e-mail:
メッセージ:
 

▲このページの先頭へ
[→RGS680 TOP]

(c) RGS680 Mail mailto:info@rgs680.com RGS680のTOPへ