RGS680のTOPへ
なつかしのアイドルラブラブレビュー
あのころアイドルといえばアイドル歌手だった。
彼女たちの歌は、上手くはなくても味があった。
華やかさやきらめき、トキメキがあった。
主に80年代のアイドルからオススメシングル曲を
思い入れ込めて紹介しちゃいます。(あし)

■■リスト■■
■情熱のささやき(小高恵美)
■禁断のテレパシー(工藤静香)
■かしこ(うしろゆびさされ組)
■星屑のイノセンス(伊藤かずえ)
■少女・熱風・天然色(石田ひかり)
■天気予報はI Luv U(森尾由美)
■Follow me(沢口靖子)
■雨のチャペル通り(石野陽子)
■サクラが咲いた(西村知美)
■いちごがポロリ(本田理沙)
■ロコモーション・ドリーム(田村英里子)
■眠れぬ森の美女(高岡早紀)
■スウィート・チェリーパイ(北原佐和子)
■風のプリマドンナ(宇沙美ゆかり)
■プロフィール(倉沢淳美)
■涙をたばねて(小川範子)
■青い制服(国実百合)
■異性(速水昌未)
■妖精ポピンズ(ポピンズ)
■Get a Chance!(BaBe)
■男のコになりたい(酒井法子)
■とまどい(吉田真里子)
■曇り、のち晴れ(志村香)
■SAYONARA(八木さおり)
■恋のピー・カー・ブー(島崎和歌子)
■秋のindication(南野陽子)
■初恋進化論(藤井一子)
■時代よ変われ(つみきみほ)
■飛んで火にいる恋の虫(松本友里)
■アドベンチャー・ドリーム(アイドル夢工場)
■麦わらでダンス(生稲晃子)
■応援してるからね(藤谷美紀)
■ドリーム ラッシュ(宮沢りえ)
■硝子のキッス(姫乃樹リカ)
■風のInvitation(福永恵規)
■好きと言いなさい(本田美奈子)
■あいつ(白田あゆみ)
■失恋ライブラリー(紘川 淳)
■愛を今信じていたい(堀ちえみ)
■やったね!春だね!!(ソフトクリーム)
■卒業 GRADUATION(菊池桃子)
■卒業(斉藤由貴)
■レースのカーディガン(坂上香織)
■エスケイプ!(五十嵐いづみ)
■NEW SEASON(森高千里)
■好きさ!(仲村知夏)
■水の星へ愛をこめて(森口博子)
■ヤッパシ…H!(浅香唯)
■冬のオペラグラス(新田恵利)
■クリスマスには間に合わせたい(小沢なつき)
■BRAND-NEW TOMORROW(千葉美加)
■小娘ハートブレイク(伊藤美紀)
■キミはどんとくらい(立花理佐)
■愛って林檎ですか(岡本舞子)
■春休み(水谷麻里)
■トキメキがいたくて(伊藤智恵理)
■太陽を抱きしめろ(セイントフォー)
■好き・嫌い(麻田華子)
■ほんとのキスをお返しに(藤原理恵)

●アイドルミラクルバイブルシリーズ発売記念
■アイドルミラクルバイブルシリーズ発売記念イベントレポート
■アイドルミラクル対談

●アイドル関連特別企画
■原点回帰のアイドルたち
■聖子の娘に人生を教わる
■680(ロバヲ)登場

●第五十九回「情熱のささやき」(小高恵美)

「情熱のささやき」ジャケット 情熱のささやき
小高恵美
1989.03.21 PONY/CANYON
作詞:許瑛子 作曲:後藤次利 編曲:後藤次利

 ラブラブラブレビュー

アイドルが曲の中で「好き」と歌ったら、それは自分に対して言っていると思ってよい。広末涼子が「とってもとってもとってもとってもとってもとっても大スキよ」と歌ったのは私に対してであり、この曲で小高恵美(おだか・めぐみ)が「好き好き大好きよ」と歌う相手も私である。

そんな妄想を聴き手に抱かせるだけで、アイドルソングとしては成功ともいえる。アイドルソングとは、アイドルとの「疑似恋愛」のアイテムでもあるのだ。

♪日曜日のデート 電車にふたり
久しぶりに海をながめに行くとこ

世にアイドルソングは数あれど、こんな完璧な出だしのフレーズはなかなかない。
この曲の作詞・許瑛子は自身のサイトに、
「最初の一行でこの歌は何の歌かわかる歌詞。
場所、時間、主人公の心裏。相手との関係。風景が見えるか。
できるだけ多くをたったの二行で伝えなければならない」
と作詞における最初の二行の大切さが書いてあるが、まさにこれを実践した見事なフレーズである。

と、やけに許瑛子を褒める私であるが、別に彼女の知り合いでも関係者でもない。
ただ、小高恵美の大ファンだった私には、思い入れが強すぎて彼女については客観的に書けないので、許瑛子さんの詞に着目しつつ、この曲のすばらしさをアピールしたいわけなのである。

小高恵美イラスト

ちなみに小高恵美のリリースしたシングル6曲のうち、アップテンポの明るい曲はこの曲のみ。しっとりした叙情のある曲か、テンポは速くてもマイナー調の曲ばかりの中、この「情熱のささやき」だけが異質である。赤のヒラヒラの金魚みたいなアイドルアイドルした衣装で歌ってたし。

彼女・小高恵美はアイドルというより女優という呼び名が似合うはずの人だった。いわゆる「頭のいい」人でもあった。ドラマ「花のあすか組!」でのブレイクからアイドル路線で売り出されるのが、本意であったかどうかは分からない。しかしそんな中、「情熱のささやき」では自らアイドルを演じることを認め、チャレンジしていたのではないかと今になって考えたりする。頭のいい人だったからさ。

そんな、アイドルを演じる彼女が「好き好き大好きよ」と歌ったなら、思考停止して受け入れるのが聴き手のありかたというものに違いない。
そんなわけで今回は、私に対して「好き好き大好きよ」と歌っている曲の紹介でした(まだ言ってる)。

●あしの独断評価
あの衣装は必見度… ★★★★★
ジャケットの顔がちょっとにらんでる度… ★★★☆☆
とにかくかわいい度… ★★★★★

(最高で★5つ)

 気になるフレーズ

♪よりそう影あなたの影 近づくの
窓の陽射し そんなふうになぜか見えるの

レビュー中取り上げた「日曜日のデート…」に続くフレーズ。二人の関係性、距離感を感じさせますね。青春だなぁ。

 豆知識

小高恵美の恵美は「えみ」ではなく「めぐみ」。第2回東宝シンデレラグランプリ(そのときの審査員特別賞は水野真紀)。叔父は俳優小高雄二、叔母は女優清水まゆみ。
フジテレビドラマ「花のあすか組!」では主人公・九楽あすかを演じブレイク(私の中で)。
彼女のアルバムは2枚出ているのだが、シングル曲はあまり収録されていない。しかしぼくらのベスト・Myこれ!クションシリーズで「小高恵美・BEST」というシングルAB面全収録のCDが出たのでもう安心、これであなたもメグだち(めぐみ友達=小高恵美ファン)だ!

 関連URL

(2004/04/24公開 文&イラスト:(あし)


このレビューに関する感想、ご意見などをお寄せ下さい。

※送っていただいたメッセージはホームページ上に掲載させていただく場合がありますので、おなまえは掲載されてもいい名前(ペンネームなど)でお願いします。e-mailは公開しません。

みなさんのレスポンスがRGS680サイトを作る原動力になります。
是非ともよろしくお願いしマンモス。

おなまえ:
e-mail:
メッセージ:
 

▲このページの先頭へ
[→RGS680 TOP]

(c) RGS680 Mail mailto:info@rgs680.com RGS680のTOPへ